So-net無料ブログ作成

建設開始から3年 [レイアウト]

こんばんは。
6月も終わり屋根裏ワンダーランドは建設開始から丸々3年が経ってしまった。
3年かかっても開通しないレイアウトって日本にあるんだろうか?
きっとあると思うけど、建設を諦めたとか、中断してるとかじゃなくて、作り続けているのに3年経っても完成してないとなるとそうそうないのでは?
やっぱり私はとんでもないことを始めてしまったんだなぁ。

効率よく建設するために色々と工夫をしたりするけど、作ってる状態が好きだったりするから非効率的だったとしてもありだったりする。

開通した後はシーナリー製作が待っているからまだまだ完成には程遠くて死ぬまでに完成するかどうか心配になる。

そんな心配をしてても始まらないのでレイアウト製作を進めよう。
1677505C-D114-4896-ACA6-F99885C6ADDB.jpeg
↑前回はここまで作業したけど、画像右端に写ってる梁がやや下がってしまっている。
8205365D-AE62-4337-A3C6-1F8C55724633.jpeg
↑この梁の高さは床面から512mmの予定なんだけど実際は506mmと沈んでいてそのままいこうか何とかしようか悩んだ結果何とかすることにした。
AAE74023-5E0F-4495-BBDA-6FBB25AF68D3.jpeg
↑誤差を矯正するためこんな物を作ってみる。
1枚のベニヤから切り出せばいいんだけど、丁度いいブス、じゃなくて丁度いいベニヤがいなかったから複数パーツを繋ぎ合わせる作戦。
2C7D6B0B-0210-4B33-80F5-BF590D6B78B9.jpeg
↑繋ぎ合わせるとこうなる。
下の部分を梁の下に潜り込ませ、上の部分を別の梁に固定して沈み込んだところを持ち上げる。
3BFFB055-E917-4D3F-8184-8C4BFC58FEFA.jpeg
↑床面から512mmの高さになるよう、梁の下に支柱を入れて調整。
68EC1856-9215-4A6B-BC55-657343DC908D.jpeg
↑調整には今のところレイアウトに出番のないTOMIXのレンガ橋脚が活躍してくれた。
こいつ、組み合わせ方で高さを調整出来るので意外と便利だったりする。
F21A8CAF-5897-49E6-93EF-8917EBDF3F35.jpeg
↑位置が決まったら上部をネジで固定して出来上がり。
8180C5DB-DC92-4B4D-AB81-31A51955289A.jpeg
↑512mmジャストになり、気持ちも晴れやかに。
1B76BC4C-60C2-46D8-89E8-477F9263D219.jpeg
↑今度はこの長い路盤の真ん中に梁を一つ作って強度を確保する。
DF2B4125-3470-484B-81E4-1FFA2B3FD608.jpeg
↑ハイ完成。
毎回いきなりこの手の梁が完成しているけど、ベニヤを切り出すまでは測量につぐ測量をやってまぁだいたいこんなもんだろうと当たりをつけて切り出してみてあらびっくり的なことになってやり直したりするけど今回は微調整で何とかなった。
609A9048-22BE-4FE4-ADFC-EBF2CE25FB1F.jpeg
↑分割した路盤を支えるためにカスタマイズされた梁を固定。
こちらも片側のみの固定なので、手前は上から吊り下げるつもりでいたけどそれほど沈み込みもないのでここはスルー。
07770CAE-6129-489F-9201-895D673EDE71.jpeg
↑路盤を固定したら出来上がり。
77F76CB6-D8AA-449F-9789-E5936ABF6F23.jpeg
↑角度を変えて撮影。
複々線が鉄橋を渡って単線と合流し緩やかに左カーブしながら勾配を登ったり降りたりしてもう最高にレイアウトっぽいけど橋を渡りきったらその先は全部トンネルの中。
単線なんて存在を忘れるほどずっとトンネルの中で1ミリも出てこない。
シーナリーを作る前に動画撮影しまくっておかないとこのルートの活躍は荼毘に付される。
7FF24B92-8048-48C1-BCF7-19AE437DAA2E.jpeg
↑ここでミスを発見。
ウチのレイアウトの路盤は5.5mmのベニヤを使用しているんだけど、間違って4mmのベニヤを使ってしまった。汗
苦労して鉄橋の高さに合わせて梁を設置したのにこれじゃ水の泡だよ。
でも、そんなミスも楽しみながらリペアしていくのが趣味の世界。
正規の5.5mm厚ベニヤを敷きなおすか、嵩上げするか。
E9A455F2-9BCB-43C4-9A54-45813DA0D012.jpeg
↑こうなった。
2.5mm厚のベニヤを貼り付けてみた。
1mm余計だけど何故かうまくいきそう。
FCD5BDD8-2CE7-42CE-8427-75FC20CCAB03.jpeg
↑うん、高さは大丈夫みたい。
結構いい加減。笑

今回はまだまだ作業を続ける。
FE36F459-4818-4DA5-97D3-F6E5D6ACDC7F.jpeg
↑またしても不思議な形の梁を切り出してカスタマイズドした。
めちゃくちゃ測量して計算してこの形になる。
A65FB7E3-D070-4C13-84F9-0C91C8DECFAC.jpeg
↑高さを合わせながら梁を設置したところ。
ここはトンネル内でシーナリーも作らない場所だから梁の強度は線路を支えられればよし。
1番細い梁は16mmだけど12mmのベニヤを使っているから全然問題ない。
05DB8C16-1544-4DFD-8599-36E27A774B30.jpeg
↑1番手前のメインルートの路盤が出来た。
DA553B63-7445-46F0-9907-1EA3B90DDF04.jpeg
↑ここは1番奥のレーティッシュルートの路盤。
3DB631DD-D6B3-49D0-8928-1A2013763568.jpeg
↑レーティッシュルートはまさかのルートを通すことにした。
492181EB-7BDE-4F9B-8865-FC1128CC5223.jpeg
↑元々の屋根裏の構造の隙間を抜けていく。
パンタを上げた状態でも通過可能だけど、コルク道床を設置する余裕はない。
直にフレキを敷くことにしよう。
まだ仮置きだけど、これでいく。

さぁ、ここで時間となりました。
このあと買い物してご飯作ってチビたちをお風呂に入れて寝かしつけて嫁と酒を飲みながらテレビ見ていつのまにか寝るってやつです。

ではまた!

nice!(7)  コメント(11) 

nice! 7

コメント 11

ネレトー

建設ご苦労さまです!

本当に、建設の様子を見てるだけでご飯が進みます笑
3年も愛情持って続けられるということが素晴らしいと思います!
これから暑くなりますし無理し過ぎないように工事を進めてくださいませ

Gutさんのレイアウトはやっぱり夢であり目標なので、応援しております!
by ネレトー (2019-07-01 21:04) 

Nardi(The Nameless City)

大きなレイアウトでミリ単位の丁寧な調整、ほんとすごいです!
オープントップでしかも空間を設けてあとあとのメンテナンスをよく考えてあるのもわかりますね。
ヤードも隠れてしまうけどメンテナンスエリアから灯りを照らして見るのも楽しそうです。
by Nardi(The Nameless City) (2019-07-02 01:10) 

がおう☆

こんにちはです。

沈んだ箇所の修正と延伸おつかれさまです。
6mmというと、その箇所は良くてもその先に影響もあろうかと思うので修正は良かったのではないでしょうか(^-^;
梁はいつもすごい職人魂が感じられるほどですが、やはり非常に丁寧に作られているんですね。
あのレーティッシュルートはすごい隙間を通すんですね。
最初からの目論見?それとも現場での発見でしょうか?(^^)/
by がおう☆ (2019-07-02 12:01) 

Gut

ネレトーさん、コメントありがとうございます。
自分でも3年も作り続けることになるとは思ってもいませんでした。
子供の頃に屋根裏レイアウトに憧れ、大人になって8年かけて構想を具体化して着工しています。
このレイアウトには子供の頃からの夢がぎっしり詰まっているので、本当に愛着があるんです。
どんなに大変でも作り続けて、いつか完成させます。
いつも応援ありがとうございます。
by Gut (2019-07-02 12:44) 

Gut

Nardiさん、コメントありがとうございます。
Nゲージだとこのミリ単位に泣かされたりするんですよ。
特に勾配には気を遣わないと、Nのモーターは本当にパワーないし、うちは長編成が多いので、最悪走れないレイアウトになってしまうんです。
メンテナンス関係は設計の段階から考慮してルート選択をしています。それでも不安な場所はあるですけど、そこはメンテナンス器具を自作してカバーする予定なんです。
地下に隠れてしまう部分が多いので、そこを工夫して面白く見せることができたら最高だと思いますが、まずは地上を作りますね。
by Gut (2019-07-02 12:52) 

Gut

がおう☆さん、コメントありがとうございます。
そう、6mmの誤差はNゲージでは致命傷になり得るのでやってよかったと思います。
梁の製作はいつも本当に大変です。
よく考えて作らないと梁だらけの構造になってメンテナンスに支障が出てしまうし、設置場所や設置方法もスマートな状態にするため頭を悩ませています。
レーティッシュルートは完全に思い付きですね。
あれ、ここ通せるかもしれない。て感じです。

by Gut (2019-07-02 13:00) 

JR浜松

お疲れ様です!

経年による路盤の劣化だけは避けたいですね。梁の固定にL金物などを用いると丈夫になります。全線開通が待ち遠しいです(^^)
by JR浜松 (2019-07-03 10:04) 

Gut

JR浜松さん、nice、コメントありがとうございます。
経年劣化はやっぱり避けられないですよね。
構造的に家屋そのものに依存しているので、例えば大きな地震の揺れとかで歪みや破断なんて起きやしないか心配しています。
L金具は建設当初は使っていましたが思いのほか頑丈なのでほとんど使っていないんです。
今年中には開通させたいです。
そしたらお招きしますね。
by Gut (2019-07-03 19:12) 

トータン

こんなに広大なレイアウト製作を一人でなさっているのはさぞや大変ですね もう訳が分からなくなってしまうほど複雑な路線には驚き、作りだしの図面を見た時も唖然としてしまいましたが現物写真を目の当たりにするとその凄さがとんでもないことと思えちゃいます(^^;
こうしてみると木片の端切れも大事にとっておかないといけなそうですね
大きな地震などで狂いがです心配は付きまといますね 我が家は何もしないでも狂いが至る所に出ていますのでもうなすすべ無って心境です あ、最初の工事が手抜きだったのでこれは致し方ないことでした(^^;
by トータン (2019-07-05 17:57) 

Gut

トータンさん、nice、コメントありがとうございます。
このレイアウトは本当に欲張りすぎすぎなんです。
でも、これぐらいやらないと直ぐに飽きちゃうと思って苦労するのを覚悟で始めました。
開通した後はメンテナスが大変だろうなと思いますが、それも愛着に繋がるというポジティブシンキングです。
by Gut (2019-07-07 20:51) 

ジュンパパ

お晩です。
「オートキャンプ」懐かしいですね。
もう大昔、バブル絶頂期に丁度子供が小学低学年で、その頃から数年間、気候が良い頃は週末になるとキャンプに出掛けた記憶が有ります。
昔はコールマンの2バーナー&ランタンや家形テントなどが主流でしたが今では装備も様変わりなんでしょうね。

現役バリバリで忙しい中、模型とキャンプは中々両立しにくいのではと推察する次第。
模型は爺になっても充分楽しめますので、先ずは今この時しかないお子さん方との触れ合いを大切にされる事が一番かと思います。
お節介爺でした。
by ジュンパパ (2019-07-08 22:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。