So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

架線を張るという狂気 [レイアウト]

鉄道模型に架線を張るというのは誰しも一度は憧れ、悩み、諦めるもの。
どんなに精巧に作られたレイアウトでも架線が張ってあるものはほとんど存在しない。
JAMの出展作品でも架線付は1つか2つという世界なので、もう鉄道模型に架線を張るのはちょっと頭おかしい。

なぜ、そんなに再現率が低いのか。
鉄道模型は線路に電気を流し車輪から給電するため、線路が汚れると模型は走らなくなる。だからマメに線路を磨き上げるというカルマが待っている。線路磨きに架線は邪魔。
さらに、レイアウトをあれこれ弄るうちに架線に手や服が引っかかってぶっ飛んでいき、その修復作業に追われて模型を走らせるどころの話しじゃなくなり、もうやめた!となる。

それを見越して日本の鉄道模型メーカーはこぞって架線を製品化すらしていない。
そのため日本では架線柱はあるけど架線はなく、パンタグラフは上げるけど架線はない。架線は見る者の脳内で高度処理された幻影として張られている。んだと思う。

しかし、鉄道模型本場のドイツでは架線を普通に張るのです。(もちろん張らない人もいます)
架線関係に特化したSommerfeldtという会社もあるぐらいだから凄い。

当然車両に設置されるパンタグラフは日本のようなダミーではなく、バネの力で跳ね上がり集電もできる優れもの。
集電に関して、最近の製品は標準装備しなくなったけど、それはDCCが普及して必要性がなくなったんだと思う。
昔は線路と架線に別系統の電流を流して1線路2列車を実現していたようだけど、それはDCCが解決してくれた。

そんな訳でヨーロッパでももう必要なくなった感のある架線だけど、パンタが架線を捉えて上下しながら走行するのを見るのはやはり楽しい。
すごく悩んだけど、ウチでは架線を張ることにした。鉄道模型界では「買わずに後悔するより買って後悔しろ」という悪魔のささやきがまかり通っている。架線も同じ。「張らずに後悔するより張って後悔する」ことにした。
踏み込んではいけない地獄の始まりとその成果は過去ログを参考。

で、今まではトンネル内に設置してきた真鍮線丸出しの架線だけど、今回は先日塗装したトラス橋に架線を設置してみた。
57E3469D-E14D-40DE-A9E5-A4EC2C589E46.jpeg

まずはサンプルの紹介。
41CE17A2-14B0-4AEF-8133-414DFB164A9C.jpeg
これは先程紹介したSommerfeldtではなく、ストラクチャメーカーVollmerの架線セット。
数年前にオクで拾っておいた。
値札はお店に並んでた頃のもの。オクではもう少し安く仕入れることができた。
97401445-F2C4-4991-BA1B-FF0FFFEEAFC3.jpeg
正規のセット内容ではなく、プラスアルファの架線と架線柱も入っていた。
97B537AA-786E-4961-8274-D41B18108906.jpeg
黄色く変色してベトベトになったセロハンテープを剥がして架線と架線柱をとりだす。
548C4692-61ED-4FCD-9000-A70D7F2C3536.jpeg
9D522FD7-DC9A-4D52-AB7D-F9A490BCE277.jpeg
ディテールは二の次なのがわかる。
なぜなら、実際にパンタが架線を滑っていくし、電気を流すので頑丈であることが最優先。
ここに架線を取り付けてみる。
A5F3E2F2-158C-4948-B8D7-3449F3400561.jpeg
こんな感じ。

これだけでしっかりパンタの跳ね上げる力を支えてくれる。

製品の構造やサイズを見て、ここから全てを自作する。
ウチのレイアウトに既製品を使うと、マジでとんでもない価格になってしまうから。
おそらく架線だけでウン十マン円かかる。

今回は先日塗装したトラス橋への架線設置。
トラス橋のサイズに合わせてブラケット部から作る。
A1616E1A-C629-4596-97A7-C93BA3E6E4AA.jpeg
かまぼこ板的な木材に形を書く。
FF6F9576-77C6-4CF8-BBCE-ADC935EA18DF.jpeg
0.5mm経の洋白線と燐青銅線。
2種類使う理由はこれといってないけど、前にchihiroさんという方が分けていた。
chihiroさんはさらにステンレス線も使って強度を確保していたけど、ステンレスはハンダでくっつきにくいので省略。
こいつをカットしてかまぼこ板に両面テープで固定する。
2EC194DC-E247-467F-9CC3-8F1DC8C45EF0.jpeg
治具を使って吊架線を通す穴を作る。
ここだけ燐青銅線。
54F2A908-8638-4723-A551-9E82BC319A80.jpeg
トロリーはクリップを作ってそこに留める。
これを全てハンダで固定して複線用ブラケットの完成です。
69E492B4-BA61-49A3-A72F-5BCCEFF910BA.jpeg
5つ作ったけど4つでよかった。

次に架線を作る。
C509D9C1-34AE-4A55-B155-80A8FBC2AB4C.jpeg
かまぼこ板に罫書きして、今度は洋白線のみを固定する。
45638745-EE68-4C61-9D37-2D9A500E4538.jpeg
トロリーと吊架線の部分は溝状にしてハンガーが転がらないように工夫してみた。

フラックスは塗布せずフラックス入りハンダで頑張ったけど、なかなか難しい。
ちょっとミスると玉になってしまう。
うまくいくときとそうでないときの違いが全くわからん。
69903932-4404-4849-8B36-5A10BD545C1F.jpeg
ハンダ付けしてトロリー線をヤスリがけして完成。
ハンダも難しいけど、トロリー線を滑らかに仕上げる手間も結構大変で弱気になる。
ちょっとやり方を変えないとダメだな、こりゃ。

まずは架線の高さを揃えるための治具作りから。
4A464123-5158-4FFE-B28D-0FF94C354605.jpeg
ブラケット部は線路面から38mmで設定しているので、これがあると便利。
2DF3BA73-AF23-410B-9D94-896BF1C2889C.jpeg
258B5B0E-8228-434C-8FD1-025FDD20A1FE.jpeg
次はトラスにブラケットを取り付ける作業。
高さを合わせて両面テープでトラスにブラケット部を仮設置。位置を確認しながら0.6mmのピンバイスで穴を開けたところ。
99312D38-F700-4180-BAC4-EA98FFA33750.jpeg
0.6mmの穴に0.5mmの棒を3本まとめて通す。これはこれで狂気。
6DAF49E8-9A06-4107-9607-95F35B90F655.jpeg
最後に架線をブラケットに取り付けて完成です。
9309E85B-48F5-499A-B31A-7157805120DA.jpeg
と思ったら。
取り付けるときにハンガーが1箇所トロリー線から外れてしまいました。
取り付け方やそもそもの構造に改良の余地ありってところでしょう。
ここは後日修正することにします。

ではまた!

nice!(6)  コメント(9) 

tomixトラス橋の塗装 [ストラクチャー]

こんばんは。
tomixの長いトラス橋を塗装しました。

そもそもヨーロッパモデルなのになぜtomixなのか。
深い意味はなく、サイズとコスパがいいからです。
B6483DA2-7F62-4B5E-934C-817030F2F80F.jpeg
トラス橋からレールを外して塗装の準備です。
BB3A9732-842B-4BE0-B50C-EEA73009C0D1.jpeg
塗装完了。
え?どこが?
よ〜く見るとわかります。
トラスはコクピット色に、レール、枕木、歩路はフラットブラウンにちゃんと塗っています。
同じ色でも塗装するのは私のスタイル。
塗装するだけで質感が全然違いますから。

でも、それだけだと物足りない。
FF58971F-7BF3-4A95-8F7F-01EE94579CB8.jpeg
アクリル絵の具を水で薄めてウォッシングします。
これでサビを表現しました。
A705E1BF-7D61-4008-B210-49F186251B9A.jpeg
少しずつサビさせます。
絵の具が多すぎたところは乾く前に指で擦ればウェザリング効果がでます。
D364B74B-C36F-4930-B278-08BDB71412AB.jpeg
やってるうちに加減がわからなくなるので、もうちょっとやろうかな、てあたりでやめるようにしています。

ではまた!

nice!(8)  コメント(9) 

フィーダー線の延長 [レイアウト]

おはようございます。
線路に電力を供給するフィーダー線は通常1線路に1ヶ所あれば十分です。
しかし、わが家の大きなレイアウトに安定した電力を供給するためには1線路に対して複数の供給箇所が必要になります。
聞いた話では線路が長いと電圧降下という現象が発生し、フィーダー線から離れた場所では動力車に十分な電力が行き渡らないらしいのです。

「抵抗」という魔物が電気の通り路に潜んでいて、そいつが電気を食べちゃうらしい。
そして、その魔物がよく潜んでいるのがジョイント部分らしい。
接触不良や接点の劣化が魔物の正体らしい。

この対策として私はジョイント全てをハンダしていますが、電気音痴の私にとって電気は気まぐれなヤツ。
原因不明のトラブルに見舞われることは少なくありません。
はっきり言って乙女心より扱いにくい存在(笑)

諸先輩方の話では5m毎にフィーダーを設けるといいらしいので、私もとりあえず5m前後に1ヶ所フィーダーを設けることにします。

10BE15F7-B548-4D91-BF3C-7B614DA9C838.jpeg
長らく放置してきたフィーダー線。
緑の矢印のところは中央駅へのアプローチ。
ここに設置済のフィーダーがあります。

この線からループ線用フィーダーへ分岐し、もう一方が写真右側にあるコマンドステーションに繋がります。
コマンドステーション手前で再度分岐し、ソリス橋をぐるりと回り込んで、これから設置する線路用のフィーダーとします。
603FAE3D-CE1F-4963-B5BE-DA2511E5C781.jpeg
ここが緑の矢印の下になります。
左に伸びてるのはループ線用フィーダー。
右に伸びるのはこれから作業するフィーダー。

949A537A-46C7-4593-BE25-AC995D56DA14.jpeg
フィーダー線の分岐はこのようにビニールを剥くところから。
この作業はニッパーとナイフでやっていますが、ワンタッチでこれをやる工具が存在するようです。
でも高いので買いません。
4737C5EF-FDAE-48A3-A4F7-A4B9AD9E78BB.jpeg
分岐するビニール線をハンダ。
5DFEABDA-B636-46E5-8E2B-C7897170D871.jpeg
熱収縮ゴムで絶縁して完了です。
2429B33F-6944-4591-9328-CFDA699F554E.jpeg
あとはレイアウトの土台にホットボンドで固定していきます。
6652ADC3-FD7C-4562-B114-1C7C38E83562.jpeg
ところどころで分岐して線路へ給電するポイントを作りながらの作業。
うっかりすると分岐を忘れて固定してしまうので、あらかじめ熱収縮ゴムを必要な箇所に通しておきます。
F7D09F3E-78D6-49A4-8D27-1DF1000A8F3A.jpeg
現在作業中のところまでやってきました。
最初に買った40mのフィーダー用ビニール線を全て使い切りました。
線路は全部で5線あるのでフィーダー線はプラマイで10本あることに。
あっという間にビニール線がなくなります。

レイアウトの土台下に潜り込んでの配線作業は、工作員にでもなった気分。
しかも結構時間がかかるし、どれがどの線か確認しながらなので大変でした。

これで次の線路敷設準備は整いました。

ではまた!

nice!(4)  コメント(7) 

裏舞台の建設 [レイアウト]

こんばんは。
今週末はレイアウトの中でも表に出てこない裏舞台のルートを手掛けました。
F7CE931B-40EB-4F39-9524-731450D12354.jpeg
ここは徐々にカオスな状態になりつつあるので、どこを設置したかわかりませんね。
右奥に見えるソリス橋の延長、そしてもっとも手前にある単線を新たに設置しました。
98AFC44E-E135-43CE-BD0C-7861B8B724A9.jpeg
その2本が複線となってカーブする部分。
1BE5FD7F-42D9-4FC1-BFFE-5AE6AC79129D.jpeg
そして、第2ループへと繋がります。

お次はここ
A109C63F-D291-4341-BBE1-32AC6FF63416.jpeg
右手中央から延びている路盤はアルペンルートの一部です。
ここを設置してから半年以上経ったのかな。
ようやく延長できます。
055987D9-2A10-4C44-A1C7-B052B0E3BF99.jpeg
梁を設置して高さを測りながら慎重に進めていいます。
932952A9-EC3E-4D4F-83D0-751CCBD1980D.jpeg
外側はR400、内側はR365の路盤を設置しました。
ここは裏舞台なので複線間隔は35mmとしています。
876DBD2B-1EC0-4C59-B8D3-DA2DFCBDC113.jpeg
今回は地形の基礎となる梁も設置して路盤を延長していきました。
少しずつ完成形がイメージできるようになってきてモチベーションも上がり気味。
しかし、暑い。
汗を拭くタオルがずっしり重くなるほど(汗)

今日はここまで。

ではまた!

nice!(9)  コメント(10) 

ソリス橋の設置 [レイアウト]

こんばんは。
夏も終わりが近づいていますが、今日も暑い1日でした。
この季節の屋根裏部屋は体力に自信がある私でも疲弊するほどの環境になるため、屋根裏以外でできることを進めていました。
エアコンの効いた部屋で作り続けていたソリス橋が無事に完成すると、やはり屋根裏へ行きたくなります。
幸いなことに先週末は気温が落ち着き、屋根裏作業にはうってつけの状態に。
まずはソリス橋を所定の位置に置いてみました。
B3F96FE3-3A61-46E4-9236-424D5581DE31.jpeg
寸分違わぬ完成度に思わずニンマリ(笑)

さて、今度は線路を敷設したいと思いますが、見てのとおり、右側から伸びる線路から橋へと繋がる部分は急カーブが待っています。
R200ですからレーティッシュ鉄道シリーズか路面電車しか通過できません。
218314B5-77EE-4B90-B5E4-DD40CBF29684.jpeg
ソリス橋はレイアウトメンテナンスのために取り外し可能としたいので、ここに本来直線のレールを繋げて線路を曲げると、ジョイナーを使うとは言え時間経過とともに反作用が働いて接続部がズレてきます。
カーブする線路を強力な接着剤で固定しても、路盤がコルクなので、効果はありません。
最後は必ずカックン接続になります。

それを避けるための工法を採用します。
これは以前、ループ線に脱着式線路を設置した時も採用したやり方です。
BF7EAE8F-085D-4400-BA72-75ABE29457A5.jpeg
カーブする方のレールの下に真鍮皿ネジを2個ずつ設置し、ハンダでガッチリ固定してしまいます。
ネジが1個だと線路を曲げたときにネジが回ってしまって角度が変わるので、2か所で留めます。
4F070273-8101-47A4-83E5-4E60D679C942.jpeg
まずは線路の高さぴったりになるまでネジを回して微調整。
ハンダを盛る分だけ僅かに隙間がある方がやりやすいです。
3677BB70-7EE6-43DC-9FEF-6203F887537F.jpeg
皿ネジにハンダを盛りつけます。
私の持っているハンダごては電子工作用の30Wタイプなので、ネジにこてを当ててもなかなかハンダが溶けるまでの温度になりません。
時間をかけてネジを温め、ハンダを盛りつけます。
ハンダで留める2か所を同時に作業できればいいのですが、1人ではどうしても1か所ずつの作業になるため、ここでハンダを盛りすぎると線路が浮いて上手く高さを合わせられなくなります。
ひとまず線路を留められる程度のハンダが盛れればOKです。
231E6790-B1D7-47E4-94B2-1572079DBD92.jpeg
線路どうしをジョイナーで繋いで固定してから、盛りつけたハンダを溶かして線路を皿ネジに固定します。
位置や高さがピタッとあったら、線路の外側に追いハンダしてガッチリ固定してしまいます。

ここまで出来たら後はいつもどおり線路を曲げて接着して出来上がり。
ED5CC626-6135-4893-9BC0-756D1C794E2C.jpeg
反対側も同様にハンダ固定して取り外し式ソリス橋の完成です。
微調整を経て、氷河特急は滑らかに橋を渡っていきました。
A246897E-6EEB-4091-89B6-420E38A98201.jpeg

ではまた!

nice!(6)  コメント(10) 

トラスの修正 [ストラクチャー]

こんばんは。
ハンブルク中央駅をモデルにした駅を作るべく挑戦していたトラスの製作ですが、JR浜松さんよりトラスの位置を変更した方がより実感的とのご指摘を受けて作り直しました。

以前のトラスはこちら
0CBA1C59-F9FC-44A3-B1A2-DE4DE14BE619.jpeg
内側と側面の水平トラスの位置がずれています。

そこで
ABF6EA16-F5FE-4644-9AF6-668B945D009D.jpeg
バラバラに。
両側のトラスは再利用します。


E3141297-34BD-4DE6-AEC6-771096C5BBFF.jpeg
新たに位置を揃えた側面トラスを切り出しました。
1E527EC4-B74C-4F93-90D7-F8C1B876B743.jpeg
前回同様に強度を保つための梁を入れました。
これがあるとすごくしっかりします。

そして
D44CC6CC-67BA-47A3-B7AB-1BEFBC978727.jpeg
完成。
実感的なトラスになったでしょうか?

ではまた!

nice!(7)  コメント(10) 

JAM2018 [エピソード]

こんばんは。
今日は朝から国際鉄道模型コンベンションに行ってきました。
私は今回で3度目の訪問。

現地ではオフ会仲間のJR浜松さん、JAM出展の木こりご夫妻、リョウさんと再会して、色々な話しをしながらたくさんの刺激を受けてきました。
同じ趣味を持つ仲間と交流できることは長年一人でやっていた私にとって本当に貴重なことだと改めて感じます。

今回の木こり鉄道では新たなモジュールを見せて頂きました。
C838FA53-9B70-4423-BAFB-0C0122EBFD5A.jpeg
青い海に浮かぶ島々と長い鉄橋。
E0AF6405-8B3A-4851-92BC-7C332C1AA8C8.jpeg
ハート型の島には教会があって結婚式の真っ最中。
736EEB4D-9704-4A82-BE38-DC5A1A073600.jpeg
海の中にはイルカ?魚?も泳いでいます。

さらに、
BF57D19B-7ED9-43B2-90CD-974050075266.jpeg
海辺のトラムウェイ。
29E9B968-D8AE-431B-8D3C-2B78FD881AD8.jpeg
HOサイズの温室を使った植物園など私の大好きな木こりワールドを堪能できました。

私がヨーロッパ鉄道模型に魅せられたきっかけとなった木こり鉄道は、いまでも憧れの存在。
見ても見ても飽きることはありません。
私もこんなレイアウトを作りたいと心底思いました。

しかし、長らくヨーロッパ鉄道模型をやってきたこと、JR浜松さんやNardiさんから刺激を受け、DCCの奥深さを目の当たりにして、その魅力にガッツリ取り憑かれてしまったことなどから、日本の鉄道模型事情にほとんど魅力を感じなくなっていることに気付かされた1日でもありました。

デジタルがいいとか、アナログがいいとか、そんな風には思いませんが、日本を代表する鉄道模型の祭典に欧米並みのハイスペックデジタルサウンドを搭載した日本車輌が存在しないというのは本当に残念です。

なんとかしないといけないなぁと改めて感じる今日この頃。

ではまた!

nice!(3)  コメント(8) 

Solis Viaduct(ソリス橋)を作る その3 [ストラクチャー]

おはようございます。
お盆休みですね。
私は仕事です。
電車がすいてます。

DCC  Soundモデルを手に入れてちょっとソリス橋製作記から脇道にそれてしまいましたが、裏ではしっかり作っていました。
そして無事完成です。

今回は塗装から。
04C39AD7-F519-4672-8369-697676D45ECD.jpeg
青いスタイロフォームの色がうまく消せるかどうか、と言ったら、ジュンパパさんからコイツを使えとアドバイスを頂きました。
効果は絶大でした。
スタイロフォームの青どころか石積表現の下書まで簡単に消えます。
1048365B-6B7E-4299-A04F-29AADB332318.jpeg
溝を埋めないように薄塗りでこの白さ。
ジュンパパさん、ありがとうございます。

ここから塗装を始めますが、今回はどうやって色を付けようか。
石膏を使って岩を表現するときは絵の具を水でシャバシャバに溶いて少しずつ色を付けていきます。
これは下地が白いからできる色付け。
ちょっとそれでやってみよう。
4BA1702F-3280-48C1-90A4-567BFE8F49F0.jpeg
アクリル絵の具を使います。
4EC4D00F-B7CE-42E1-9D35-1ADF4FE64C58.jpeg
シャバシャバにして塗るというより染める感じです。
ウォッシングとも言うかもしれません。
F5786B2A-1153-4F1C-BA82-9D3900D07C5D.jpeg
ほんのりと色が付きました。
この後にグレーでさらにウォッシングしたのですが、なんかイメージと違う。
C5C99F17-14D2-4822-8AAA-18CFC1792118.jpeg
右側がグレーウォッシング後、左側は方針転換してからのジャーマングレーベタ塗り後。
色付けは本当に難しいです。
実物写真と見比べるとウォッシングによる塗装の方が近い感じがしますが、水彩画的で儚い感じになってしまいます。
岩ならそれでいいですが、今回はレイアウトの見せ場の一つとなるソリス橋ですから、もっと主張してもらいたい。
そうすると油彩画的な感じで色を重ねることが必要です。
また、見る場所の光の強さや種類によっても印象は変わります。
屋根裏はLED証明を設置する予定なので、その辺も考慮したいと思います。
3FACF587-4F75-4549-AEF0-E4832DEE6A11.jpeg
完全に黒くしてしまいました。
ここからグレーを重ねて質感を出します。
F284AAD3-7AFB-4474-B792-7C5C88000590.jpeg
ニュートラルグレーを少し明るくして溝の黒を残しながらのドライブラシです。

さらにクリーム色を足して石の色を落ち着かせます。
EB3EA82D-7427-4242-8857-31E729C30460.jpeg
ここまできましたが、溝の黒さが目立つ気がします。
これでも十分とは思いますが、実物の溝はほとんど目立たないので気になります。

ウォッシングでコントラストを下げましょう。
DB3D3F6D-09C6-488C-BE4D-BF4FB6985E13.jpeg
写真ではあまり変化なく見えますね。
肉眼ではだいぶ落ち着いて見えます。

最後にウェザリングで仕上げ。
18721BEF-6C38-457E-85F2-8CB5D1C491DC.jpeg
サンドとサビで石の汚れやらなんやら、ススで雨水が流れた痕跡を付けてひとまず完成です。
60EC52D8-5EC0-4EFE-ADFA-FCF0EA503980.jpeg
うん、イメージどおり!
あとはレイアウトに設置して周りの情景に馴染ませれば本完成となります。

ではまた!

nice!(9)  コメント(21) 

DCC Sound [機関車]

こんばんは。

このたび、ついにDCC Soundの機関車を手に入れました。
いつもお世話になっているエルマートレインさんから震災被害品として格安で購入させていただきました。
通常価格は目ん玉飛び出るほどのお値段なので、ずっと躊躇していたので、本当にありがたいです。
被害品といっても、よく見ないとわからないほどのキズがあるだけ。

さっそく動画を撮影したのでご覧ください。
これがDCC Soundです。
もうアナログはプラレールと同じ。
いや、遠隔操作できるプラレールの方がもはや上かもしれませんね。


ではまた。
nice!(8)  コメント(12) 

Solis Viaduct(ソリス橋)を作る その2 [ストラクチャー]

こんばんは。
前回の続きでソリス橋を作っていきます。
B5DAACEF-4D80-4BFF-A5A5-88C3AF5ED42F.jpeg
基礎ができたので、レイアウトに持って行って設置状況を確認しました。
完成した時のイメージを増幅して今後の製作をより充実したものにします。
57707695-91DF-4FA9-A852-4E8916AF0C2E.jpeg
遠景からはこんな感じになります。
トラス橋の奥にはランドヴァサー橋をモデルにしたアーチ橋を製作する予定。

さて、ここから面倒な石積み表現の作業に取りかかります。
6D70C4A2-BD29-4C28-95EB-033413FD9DDD.jpeg
これは橋脚部。
スチレンボードに横線を書きました。
縦の線はフィーリングで書き込むため下書はしません。
696130DA-DD16-4EE0-962C-0AC4823096FC.jpeg
ひと通り下書が終わるとニードルと定規でスチレンボードに溝を掘っていきます。
FBB553EB-7556-4433-95F8-C10AFC33A430.jpeg
こうして光を当てながら溝の間隔を確かめて1本ずつラインを出していきます。
FDCD27A4-68CE-458E-A247-FC0AFE289BFF.jpeg
全てのスチレンボードに溝を掘りました。
これを1日でやるとこうなります。
98C34F48-F1B1-45C0-B192-8E051067366A.jpeg
いわゆる腱鞘炎(笑)
C38DD771-CE37-463D-96BE-432A8B5E6A24.jpeg
スタイロフォームの基礎にスチレンボードを貼り付け路盤を設置したら余分な部分をカットします。
C09A5F66-B6D4-48EB-8EEA-65AD5DCEE77F.jpeg
スチレンボードは路盤と同じ高さに。
EE2FE1B7-AECE-4715-AF86-40C5FB46E19E.jpeg
橋脚部分のスチレンボードを貼り付けて形が出来上がりました。
AA3A5B23-BBA2-4F24-BB1E-715868BFE230.jpeg
アーチの内側もちゃんと溝を掘ってあります。
822D090C-E1DF-4998-A091-E3A598A4ED5F.jpeg
石積み表現の接写。
いい出来栄えに満足です。
F18E1432-82C9-4FEA-A904-78160C00F38F.jpeg
仕上げに橋の上に歩路とそれを支える梁を取り付けました。

ここから表面のコーティング作業。
54C98E5A-434C-4421-98BE-9F16CFA3C913.jpeg
モデリングペーストの登場です。
これは大理石の粉をペーストにしたもので、絵画の盛上げ剤として使われるもの。
こいつを水でシャバシャバに溶いて表面に塗ると、スチレンボードが石のようにざらざらした感じになります。
さらに、コーティングすることで塗料の溶剤でスチレンボードが溶けてしまうのを防ぐ効果もあります。
1AAB2AA8-74F8-41EB-AF37-E99EA05B1CED.jpeg
コーティングが完了したソリス橋に氷河特急を乗せてみました。
本当は路盤にコルク道床と線路を敷くので列車はこれより5mmほど高い位置になります。
85AFECA2-EEC2-42BB-82B0-80C7C7705D23.jpeg
ズームアップ!
353CFBD2-D9A6-4DE7-B528-CAC45D3D8A6E.jpeg
お決まりの下からアングル!

次回は塗装をしていきますが、スチレンボードの青をしっかり消せるでしょうか。

ではまた!

nice!(12)  コメント(13) 
前の10件 | -