So-net無料ブログ作成

今さら、そして、これから [鉄道模型]

こんにちは。
もうすぐKATOからスイスの赤い客車ewⅠが発売されます。
氷河特急やアレグラなどレーティッシュ鉄道の観光列車を次々と発売したKATOですが、ついに?普通列車をリリースというわけです。

そんな中、シリーズ第1弾の氷河特急用ショートカプラーが再生産されたので、私もようやく購入いたしました。
IMG_7902.JPG
IMG_7907.JPG
これで約1300円。
高いのか、普通なのか、わかりませんが、最初からこれを装備して欲しいものです。

この別売りカプラーを付けないと
IMG_7903.JPG
IMG_7904.JPG
IMG_7905.JPG
こんなにダッサイんです。
機関車は、いったい何が飛び出てるの?て感じだし、客車同士の連結部は、この列車のチャームポイントであるスイス国旗が見事に分断されている、というお粗末さ。

かなりの批判があったようで、ショートカプラーが別売りで販売されました。
ヨーロッパ型メインの私は国内メーカーのアナウンスを注意して見ていないので、買い漏らし…。
今回やっと見れる氷河特急が叶った次第です。

IMG_7910.JPG
IMG_7911.JPG
IMG_7912.JPG
これですよ、これ。
実物と比べたらまだ間隔は広いけど、そこはしょうがない。
でも、これならスイス国旗に見えますね。
IMG_7906.JPG
IMG_7913.JPG
編成全体もキリリと引き締まって見えます。

さぁ、こうなったら赤い客車も購入して、レーティッシュ鉄道の専用線をレイアウトに作らなくては!

と、盛り上がったものの。

ずいぶん前からアナウンスされているあいつの再販がついに確定しました。
これはホビーセンターカトーから。
IMG_7921.JPG
しかも今回の食堂車はスターバックス仕様。

我が家のIC2000は7輌編成。
再販されたら1等1輌、2等2輌を増備して10輌編成にしたいと考えていました。
それにスタバ車も欲しいし、Ew4を増結するための制御車も欲しい。

あー、今年はヤバい。

数ヶ月前にCityNightLineを爆買いしたばかりで私の財布は瀕死の状態。
KATOの赤い客車など買ってる余裕はありません。

さぁ、どうする?

nice!(9)  コメント(8) 

Bietschtal Bridge [ストラクチャー]

こんばんは。
JAMに行ってきましたので、JAMネタと思いきや、今夜はストラクチャー紹介です。

IMG_7353.JPG
FALLER 222580 Bietschtal Bridgeです。

この橋はベルンレッチュベルクシンプロン鉄道(bls)というスイス最大の私鉄にある橋をモデル化したもの。
IMG_7354.JPG
箱の裏側には実物の写真も紹介されています。
IMG_7901.JPG
どっかのサイトから拝借してきました(笑)
すごいところに架かってますよね。
これぞスイスです。

本物は緩やかなカーブを描いていますが、モデルは直線です。
サイズも2/3ぐらいにデフォルメされているようです。

ではモデルの実物を
IMG_7895.JPG
真横から。
長さは約600mmあります。
IMG_7896.JPG
トラス橋の両サイドは、このようにアーチ橋になっているんです。
一粒で二度美味しい的な(笑)
IMG_7897.JPG
このトラスぶりがいいですよね。
ちなみに、恐ろしいほどカッチリ組むことができます。
見た目よりかなり堅牢な出来です。
IMG_7898.JPG
橋にはちゃんとメンテナンス用の通路がトラス内とサイドに再現されています。
この面を手前にするか、奥にするか、悩みどころ。
IMG_7899.JPG
斜めからの姿です。
堂々としたたたずまいがいいですね。
IMG_7900.JPG
上からの姿です。
結構幅があります。
実物どおり複線対応となっています。

この橋をどこにもっていくか。

やっぱりループ線を登り420mm標高を上げたところに設置したいと思います。

この堂々とした橋の姿を最大限活かせるように情景を作り込まないといけませんね。

ではまた。

nice!(9)  コメント(12) 

まだループ [レイアウト]

こんにちは。
もう、ずっとループばかりな気がします。
まさに、ループ入りです。
作ってるのはループ。
作業もループ。
ブログもループ。
ループと言う単語に嫌気がさしてきます(笑)

でも負けやしませんよ。
ここがレイアウト最大の山場ですから、ここを越えてしまえば楽になるはず。
IMG_7714.JPG
これは先週の成果。
3周目まで線路を敷設して、4周目の路盤に取りかかったところです。

ここからまずはこうなりました。
IMG_7768.JPG
4周目の線路を敷設して、5周目の路盤へ。

しかし、ここでループ線の建設前にやらなければいけないものが再び現れました…。
チクショー!
この連休でループから脱出できると思ってたのにぃ。

IMG_7789.JPG
緑矢はループ線とシンクロする線路です。
ループ線が往路なら、これは復路。
つまり、登った分だけ降ってくる線、または、降った分だけ登ってくる線。
要するに同じアルペンルートの一部です。

ここに線路と架線を設置しないと、ループ線が前に進めません。

まずは、左を向いた赤矢の先に路盤を設置していきます。
IMG_7770.JPG
ここはレイアウトの一番奥になる場所。
山の中にしてしまうか、谷を作って線路を露出させるか、悩み中の場所です。
どちらにしても、まずは路盤を設置。
IMG_7771.JPG
路盤は概ね300mm間隔で固定するようにしていますが、この場所は屋根裏の構造上、600mm間隔になってしまっています。
路盤のベニヤが反りだしたら大変。
IMG_7774.JPG
てことで、裏に梁を入れてベニヤを強化してみました。

IMG_7772.JPG
ふぅ、暑いわけだぜ。

IMG_7773.JPG
続いて、反対側の赤矢の先に路盤を設置。
ここは露出する場所です。緩やかなカーブを描くのが結構難しかったです。
納得の出来ではありませんが、まぁ、こんなところでしょう。

連休初日はここまで。

2日目は
IMG_7777.JPG
新たに設置した路盤に線路を敷設し、ループ線5周目の路盤を延長しました。

次は架線を設置しますが、さて、どうしたもんか。
IMG_7778.JPG
路盤がタイトすぎて架線柱を設置する場所がない…。

IMG_7775.JPG
早くもこの気温…。

屋根裏にいたら死んでしまうので、架線設置に必要なものを買いに行ってきました。
IMG_7780.JPG
これを
IMG_7779.JPG
こんな風に加工して
IMG_7781.JPG
くっつける。

連休2日目終了。

3日目
買ってきた2mm径の真鍮丸棒を直角に曲げる。
IMG_7783.JPG
でもって
IMG_7785.JPG
架線柱の出来上がり。

ループ内側に入って線路を磨くとき、架線柱が邪魔になるので片足にしてみました。

架線はいつもの0.9mm真鍮線。
IMG_7787.JPG
パンタの通過テスト。
外側の架線を張る前に3日目終了。

妻と子供を迎えに行かなくてはいけません。

IMG_7788.JPG
今回の成果です。
ループは5周目まで完成。

あーあ、まだまだ完成しませんね。
なんで完成しないんだろう。

ではまた!

nice!(4)  コメント(7) 

ループする架線 [レイアウト]

おはようございます。
もう8月。
ふと思い返してみると、屋根裏にレイアウトを建設し始めてからとっくに1年が経過していました。
すでに14ヶ月間作り続けています。

まだ開通してないのかよ。
よく飽きないな。
途中で投げ出すんじゃないの?

いろいろ聞こえてきます。
私の頭の中から。

まだまだヤル気は十分ありますが、冷静になるとそんな声が聞こえてくるのです(笑)

ループ線建設は急がず焦らず着実に進んでいますが、とにかく遅い。
少しでも作業効率を上げるため、自宅で夜な夜な内職作業をして工数を稼ぎます。

内職は路盤へのコルク道床設置作業と架線設置作業の2つ。
コルク道床はループ7周分を全て完了。
現在は路盤の下に架線を設置している状態です。
IMG_7764.JPG
罫書き線の上に約150mm間隔でヒートンをねじ込み、真鍮線をハンダ付けしていきます。

この方法だと架線自体の設置も楽ですし、架線柱が必要ないので、後々、線路のメンテナンスが非常に楽になるはずです。

しかし
IMG_7763.JPG
路盤のつなぎ目は当然こんな風に途切れています。
ここは後からやるしかないんですが、その作業を想像すると…、あー、ダメダメ、考えちゃダメ。

IMG_7762.JPG
ぐるりと1周分の架線が完成しました。
ヒートンをねじ込んで架線をハンダ付けするのに1周2時間ほどかかります。

まさに内職。

これも残すところあと1周分。

今夜仕事から帰ったらやっつけてやります。

そして明日からは6連休。
しかも嫁と子供たちは木曜日まで嫁の実家へ遊びに行っているので屋根裏ざんまいができます。

この連休でループ線が完成するといいなぁ。

ではまた!

nice!(6)  コメント(9) 

夏休み [レイアウト]

こんばんは。
夏休みシーズンに入りとても忙しい週末を過ごしています。

普段の週末は土日のどちらかで家族とお出かけして、もう1日は子供たちを連れて実家へ行きます。
もちろん私は屋根裏へ。
子供たちはおじいちゃん、おばあちゃんと遊び、妻は1人の時間を満喫します。
しかし、夏休みシーズンとなり、私の妹が子供を連れてアメリカから帰国。
おじいちゃん、おばあちゃんは日々姪っ子たちの世話で疲労気味。
妻は子供が夏休みのため24時間子供たちと一緒で疲労気味。
そうなると、週末はどうしても私が子供たちと姪っ子たちを連れて遊びに行かなければなりません。
だから、屋根裏へは行けません。
IMG_7672.JPG
先週はアメリカンウェスタン鉄道に乗ってきました。
そう、ディズニーランド。
今年はディズニーランドホテルに泊まってシーとランドを遊びつくしました。
IMG_7656.JPG
IMG_7706.JPG
屋根裏は休業です。

今週も疲労気味の妻を助けるため子供たちを連れてお出かけ。

でも、少ない時間を使って屋根裏へ。

ひたすらループ線を建設します。
IMG_7713.JPG
なんとか3周目まで完成しました。

思ってた以上に時間がかかっています。
柱が出来た時、もう楽勝と思いましたが、全然楽勝ではありません。

そりゃそうです。
1周の長さは内回りが約2500mm、外回りが2700mmほどあります。
それだけの路盤を設置してコルク道床を敷いて、線路を敷設します。
さらには、架線も設置していきます。

そりゃあ大変な作業です。

まだまだループ線が続きそうですが、めげずに頑張りたいと思います。

7周まであと半分ちょい!

IMG_7714.JPG

ではまた!

OBB Rh1044 [機関車]

こんばんは。
猛暑酷暑が連日で頭がおかしくなりそうです。

こんな陽気ですから、やはり屋根裏部屋もそんな感じで、昼間は常に30度を超えています。
そうなると、やる気に影響するんですね。

いくら大好きな趣味と言っても、ムリをすると嫌になってしまうのでムリはしません。
妥協だって前向きな決断だと思います。

はかどらない作業を解説しても仕方ありません。
今日はオーストリアの機関車を紹介することにしました。

オーストリアの機関車と言えば、現在はRh1116、Rh1216といった通称タウルスが主流となっています。
しかし、今日紹介するRh1044だって、まだまだ第一線で活躍する主力機関車なんです。
IMG_7611.JPG
この機関車は1970年代から1990年代まで製造され、オーストリアの貨客両用機関車として活躍してきました。
私が入手したのは赤白塗装にOBBロゴの入った最新版。
メーカーはFleischmannです。
Rocoから引き継いだ金型で継続生産されたもの。
丸い窓が趣を感じさせますね。
IMG_7612.JPG
お顔立ちもなかなかレトロ。
ワイパーが少々大げさな気がします。
IMG_7615.JPG
おきまりの斜め。
どうでしょう?
フロントの出っ張りが独特ですよね。
こうした個性がコレクションを華やかにしてくれています。
IMG_7616.JPG
最後は屋根周り。
やはり古い金型なのでもう一声な感じは否めませんが、全体的にはバランスのとれたいい製品です。
それと、最近のFleischmannは架線集電対応パンタグラフを廃止して、より現物に似せた小さなパンタグラフを装備して販売。

架線を設置する私としては、せめてパンタの幅を広くして、パンタが架線から離れないようにして頂きたいのであります

しばらく屋根裏は下火になりますが、応援よろしくお願い致します。

ではまた!

配線作業 [レイアウト]

こんばんは。
東京はもうすっかり夏の装いです。
梅雨はあけたんじゃないかってぐらい天気はいいし暑いです。

IMG_7572.JPG
これ、先日やった配線作業。
なんかすごく無駄な感じがしますね。

反省を踏まえて
IMG_7573.JPG
最低限の配線とします。
IMG_7574.JPG
フィーダーはちょこんとハンダ付け。
最低限、最低限。
IMG_7577.JPG
配線し終わった線路を路盤に固定。
IMG_7578.JPG
ここは中央部です。
配線がこんなに?ってほど改良されました。
IMG_7581.JPG
これ、脱着式線路へ給電するフィーダー線です。
もっとコンパクトにならんものかね?
IMG_7579.JPG
前回も紹介した高容量ホッパー車です。
20輌まではなんとでもなりそうですが30輌は重いなぁ?
でもグイグイ登ってくれました。

この調子でループ線を完成させてしまおう。

ではまた!

フィーダー [レイアウト]

こんにちは。
夏の有給休暇消化ノルマ達成のために急遽休みとなりました。
そうなると、屋根裏に行くしかありません。

今日は脱着式線路へ給電するフィーダー線を何とかしてみたいと思います。
なお、脱着式線路はこんな具合です。
IMG_7549.JPG
すでに線路の裏にフィーダー線をハンダ付けしてありますが、線路を取り外すときにフィーダーも取り外さなければいけません。
また、線路の接続部もジョイナーなしとしています。
IMG_7548.JPG
ここがジョイナーなしの接続部。
線路をネジにハンダ付けして完全固定しています。
右側は前回の工事。
線路をカーブさせたら、線路を固定したネジもわずかに回転。
思っていたラインになりませんでした。
左側は反省を活かしてネジ2つ。
これなら本当に完全固定です。

本題のフィーダー線。
本線用フィーダーは未だ路盤の下に垂れ下がった状態なので、コマンドステーションまで土台のベニヤを辿って行くことに。
IMG_7535.JPG
そのための穴を開けたところ。
コマンドステーションは画像右下方向ですが、ここから補助フィーダーを左に分岐させる作戦です。
IMG_7536.JPG
まずは分岐する本線フィーダーを2線分引っ張ってきます。
IMG_7537.JPG
途中でわかならくならないよう、ナンバリング。
IMG_7538.JPG
分岐される部分のビニールを剥離しました。
ニッパーとカッターで地道に作業。
これを1発でやる名前を忘れた工具がありますが、高価なんですよね…。
IMG_7540.JPG
分岐させるフィーダーを絡ませて
IMG_7541.JPG
ハンダ付け
IMG_7542.JPG
熱収縮チューブで絶縁して完了です。

続いて、フィーダー線の固定をしてしまいます。
IMG_7543.JPG
ホットボンドの出番。
IMG_7547.JPG
IMG_7545.JPG
IMG_7546.JPG
どんな場所でもあっという間に接着できて、しかも頑丈です。

最後に、電気的に独立してしまう脱着式線路のフィーダー接続。
IMG_7551.JPG
4連ピンソケットにそれぞれハンダ付けして熱収縮チューブで絶縁。
しかし、奥の線路のフィーダー線が長くて邪魔ですね。
本当は適当な長さに切ってから繋げる予定だったのですが、すっかり忘れてた。
IMG_7552.JPG
そこで、短縮してみました。
余計な仕事…。

そして、ピンソケットを
IMG_7553.JPG
ホットボンドで路盤に固定しました。
画像はピンヘッダを刺したところ。
次はこのピンヘッダに分岐して持ってきたフィーダー線を繋げます。

ではまた!

増えすぎた夜行列車 [客車]

こんばんは。
先日久しぶりにCityNightLineを増備したという記事をアップしましたが、その後、やっぱり欲しいなぁと思う車輌に想いを馳せていたところ、オークションにお手頃価格で出品されていたのでポチッてしまいました。

その数、7輌。
L.S.Modelsが7輌というのがどれだけ頭おかしいかは知る人ぞ知るところでしょう。
言い訳する訳じゃないですけど、お手頃価格だったんですよ。
5輌はね…。

そんなわけで、前から所有していた寝台車と今回増備した寝台車で夜行列車が3編成組めることになりました。
IMG_7491.JPG
右はCityNightLine新色
真ん中はCityNightLine旧色
左は各国混成のAutoZugとして運行予定
ちなみに、これらをごちゃ混ぜにするのも楽しみの一つです。
実際ごちゃ混ぜで運行されてるので、いわゆるウソ電にはならないはずです。

では車輌のラインナップを紹介。
IMG_7493.JPG
こちらはDB CityNightLineとして運行予定の編成です。
上から
ドイツ鉄道 CityNightLine Bvcmz(簡易寝台車)
ドイツ鉄道 CityNightLine Bvcmbz(車椅子対応簡易寝台車)
ドイツ鉄道 CityNightLine WLABm(1、2等個室寝台車)
ドイツ鉄道 NachtZug WLABm(1、2等個室寝台車)
ドイツ鉄道 CityNightLine Bvcmbz(車椅子対応簡易寝台車)
ドイツ鉄道 CityNightLine BDcm(荷物室付)
ドイツ鉄道 AutoZug Bvcmz(簡易寝台車)
ドイツ鉄道 CityNightLine Bpm(座席車)
ドイツ鉄道 CityNightLine Bpm(座席車)
CityNightLineというのは、元々ドイツ鉄道とスイス鉄道が出資して設立した夜行列車運営会社ですが、途中ドイツ鉄道が運営することになり、CityNightLineという名称だけが残りました。

IMG_7492.JPG
こちらは本家?CityNightLineとして運行予定の編成です。
上から
チェコ鉄道 WLABmz(1、2等個室寝台車)
CityNightLine Bvcmz(簡易寝台車)
CityNightLine Bvcmz(簡易寝台車)
CityNightLine Bvcmbz(車椅子対応簡易寝台車)
CityNightLine WRm(食堂車)
CityNightLine WLABm(1、2等個室寝台車)
CityNightLine Bvcmbz(車椅子対応簡易寝台車)
CityNightLine WLBm(2等個室寝台車)
CityNightLine WLABm(1、2等個室寝台車)
チェコ鉄道の車輌は本来のCityNightLine車輌ではありませんが、色も同じでデザインも素敵なので、こちらのクラシック編成に組み込むことにしました。
Men on the moonのロゴがシビれます。

IMG_7494.JPG
こちらはAutoZugとして運行予定です。
実在はしませんが、似たような編成は見たことがあります。
上から
ロシア鉄道 WLABmee(1、2等個室寝台車)
ロシア鉄道 WLABmee(1、2等個室寝台車)
ドイツ鉄道 AutoZug Bvcmbz(車椅子対応簡易寝台車)
ドイツ鉄道 NachtZug WLABm(1、2等個室寝台車)
ドイツ鉄道 NachtZug DWLBm(荷物室付2等個室寝台車)
スロバキア鉄道 WLABmee(1、2等個室寝台車)
オーストリア鉄道 WLABmz(1、2等個室寝台車)
オーストリア鉄道 WLABmz(1、2等個室寝台車)
この編成に車運車を連結する予定です。
ロシア車輌はロシア国旗をイメージしていますが、現在は新塗装になっています。

ここまでくると、さすがに満足です。
でも、先日L.S.Modelsからnightjet車輌発売のアナウンスがされました。
それ買って夜行列車は打止めにしないとなぁ。

ではまた!

1周目 [レイアウト]

こんばんは。
今日は息子の幼稚園の発表会で休みを取ったのですが、息子は熱をだして幼稚園をお休み。
午前中は家事をして、お昼ご飯を作って、嫁ポイントを稼ぎ、午後はレイアウト製作。
妻の理解を得るための戦術というやつです。

前回トラブルが発生した架線を改良してみました。
IMG_7441.JPG
ここが左右にずれます。
IMG_7442.JPG
こんな風に。

そこで
IMG_7443.JPG
ずれを小さくするためにクリップ部分をタイトに整形しなおし。
ラジオペンチでグッとしただけです。

さらに、
IMG_7430.JPG
このつなぎ目の段差を解消したいと思います。
IMG_7457.JPG
リューターで研磨してみました。
これで段差によるストレスは解消されましたね。
この2つの改良でパンタの通過性は格段に良くなりました。
トラブル解決です。

続いて、ループ線の線路を敷設して行きます。
IMG_7432.JPG
ここはすでに設置済みの線路。
カックン接続を避けるため、あらかじめレールを曲げています。
IMG_7434.JPG
TOMIXのジョイントでレールをつなぎました。
いい塩梅になったと思います。

IMG_7437.JPG
1周ぐるっと回って、ここは脱着式路盤との接続部分です。
路盤と一緒に線路も分割されるため、ジョイントなしでレールをつなぎたいと思っています。
そうなると、線路の端っこがずれないように工夫が必要になってきます。
まずは線路を敷く部分に印を付けます。
IMG_7438.JPG
その印にこいつをねじ込みます。
真鍮ネジです。
IMG_7440.JPG
こんな感じ。
IMG_7446.JPG
枕木からの高さに合うようネジを微調整。
IMG_7447.JPG
ネジにハンダを盛ります。
真鍮ネジを採用したのはハンダの食い付きがいいから。
IMG_7450.JPG
フレキシブルレールをネジにハンダ付け。
これでずれることはありません。
IMG_7455.JPG
上下線ともハンダで固定しました。
IMG_7456.JPG
あとは、この中間部分を埋めるだけです。
IMG_7458.JPG
ループ1周目の線路を敷設完了。

では、走行テスト開始です。
ここは2.7‰の登り勾配。
IMG_7459.JPG
ずっしり重いL.S.Models5輌は難なく通過。
IMG_7460.JPG
高容量ホッパー車30輌編成もグイグイ登っていきました。

これで無事にループ1周目が完成。
次は脱着式路盤に線路を敷設するのですが、給電する仕組みも脱着可能にしなければいけないので時間がかかりそうです。

ではまた!