So-net無料ブログ作成

難所へ [レイアウト]

おはようございます。
せっかくの3連休だったのに家族サービスに時間を使い屋根裏作業はいまいちはかどりませんでした。
しかし、趣味に夢中になれるのも家族がいるから。
大した進展もないので今週は記事を書かないつもりでしたが、製作記だからやっぱり書くことにしました。

現在とりかかっているのはループ線周辺の線路の延長です。
例えばこの部分。
5DF74907-A66A-4B40-9F58-47DA176F028B.jpeg
下はループ線の奥を通っているメインルート。
上は同じくループ線の奥を通るアルペンルートの一部で、ループが往路ならここは復路の関係になります。
どちらも矢印のところで架線が終わっているので、この先のことを考えると今のうちに線路を延長して架線も延長しなくてはいけません。
51BE9B78-24AE-4731-89D7-ED68E872709A.jpeg
矢印の方向に路盤を延ばします。

さて、ここからが問題。
路盤を延ばすためには梁を渡さなければいけません。
レイアウトの構造上、ここからは極めて複雑な立体になるため梁の設置に頭を悩ませます。
0DE8E565-45CD-462A-8A32-DA6E9A77A50C.jpeg
例えばここ。
水色の部分はメンテナンス用通路としてシーナリーを取り外せるようにします。
そうすると矢印の梁は結構重要。
右は既に設置済みですが、左は今回の作業に必要となり、新規に設置しました。
ところが、丸印のところで鉄橋の土台に抵触します。
薄々気づいていたけど、何となく無視してきた場所がもうトラブルに、、、
BDE1B5CF-9513-4167-801F-09027D74035C.jpeg
設置した梁を途中で切断し、鉄橋の土台をはめ込みました。
手際の悪さにややお疲れぎみ(笑)
上の画像はすでに路盤が設置されていて、順序が違うあたりも手際の悪さを証明しています。

その路盤はこれ。
1EF5576E-D58D-4307-82CC-9700DA595D5D.jpeg
まずはベニヤを切り出して、長さは現物合わせで調整します。
ちなみに、ここに写っている左側の梁が先ほど説明した切断を強いられた梁です。
2DA62068-4F47-4C32-BA9A-68E2C1C5CFE9.jpeg
路盤をカットして固定。
左下の部分はこのあとさらに短くカットしています。
設置後の切断は余計な力をたくさん必要とするので大変です(汗)

ここからさらなる難所へ突入。
これまで作ってきた部分とは比べものにならないぐらい線路が複雑に交差します。
その路盤を支える梁が命とりになりそうです。
52FB0847-B7DD-43A9-AD29-9FDA65E706B0.jpeg
赤い線が最初に必要となる梁です。
黄矢の部分は標高0mmでレーティッシュルートとメインルートが通ります。
紫矢の部分はアルペンルートで標高182mm。
青矢の部分もアルペンルートで標高415mm。
緑矢の部分はレーティッシュルートで標高460mm。
この460mmの建築限界がどの位置になるのかを正確に把握したいと思います。
E6023AF7-C8E6-4408-9742-2DFC16F61A9F.jpeg
先日使ったMDFの不要部分を利用して、お手製の定規を作りました。
0B13003C-96EC-4900-8149-7280320392E0.jpeg
メモリ付きで折りたたみ式構造の優れもの(笑)
C8C08F4F-D5EC-4B87-9FA2-184829871597.jpeg
ご覧のとおり、この定規は高さを図るためのもの。
屋根の傾斜が上方向の建築限界を決めるので、本来なら設計図を書く前にこれをやるべきです。
しかし、当時まだまだ認識の甘い私はメジャーを垂らして大体の高さを図りレイアウトコースを図面に落としてしまいました。
それでも余裕を持って書いているので建築限界はクリアしているはず。
しかし、実際に作るとなると正確な測量なしでは前に進めませんし、後からレーティッシュルートを追加して建築限界がギリギリになっているのでなおさらです。
F77DED89-96EF-4410-9D07-233F9962C186.jpeg
こうして金尺を駆使して数値を出します。
レイアウトの標高460mmは床からは910mmになります。
その上に列車が通るためには最低でも50mm程度のクリアランスが必要。
それがこの位置です。
この位置で横方向の長さは440mmとなりました。
図面で計測すると480mmですからすでにズレています(大汗)

得られた数値を元に梁の図面を描いてみました。
87B94FB6-9F62-44EA-B740-CDA4D623883E.jpeg
想像を遥かに超える断崖絶壁が生まれそうです。
しかし、成立するようなので一安心。

ここで時間切れ。

今後、この様な図面を1つ1つ測量しながら書き出してから梁を切り出さなければいけません。
時間かかりそうだなぁ、、、

ではまた。

nice!(5)  コメント(6) 

着実に [レイアウト]

こんばんは。
今週は土日とも屋根裏に上がりました。
まずは前回途中だったループ線の架線の仕上げ。
5E5901B1-DAE5-4B9E-9356-5188332DAF8B.jpeg
架線の設置も慣れてきたせいかスムーズにできるようになってきました。
架線柱に使っている2mm径真鍮棒は太いせいかハンダごてを押し付けてもかなかなか温まらず、ハンダが流れないのに苦労しましたが、コツをおぼえたのでスッと流れるようになりました。
ハンダって面白いなぁ。

さて、次はレーティッシュルートを作ります。
56DE82F7-4486-435C-82A0-3397E51B8124.jpeg
ベニヤの切れ端と型取りした厚紙を使い路盤を切り出します。
BE51BF79-E6A0-42A4-B3A0-8F48172A2584.jpeg
続いて、路盤を支える支柱を固定していきます。
89158C37-39A5-467E-A7E9-6B99544886C7.jpeg
木工ボンドとネジでガッチリ固定。
E4BAE72C-E4C2-4EDF-BD05-5802A39AA461.jpeg
ここで、こんなものを支柱に設置。
ACCECB44-B50B-4C02-B4D7-C7E5E843133B.jpeg
全部で4箇所。

さらに、ループ線のサイズを測ります。
0CB7D73B-6B68-4C91-83F1-CBCCC1CBEDFB.jpeg
縦横の寸法を確かめて、何をするかと言うと。
282F6706-F225-408B-9DBA-8FACDC9F9ABD.jpeg
取外し可能な天井板を設置します。
使った板はMDFです。
強度はあまり高くありませんが経年で反ることもないので地面に使うにはもってこいと判断しました。
F262571B-87D0-4551-A9B1-D830F45FC341.jpeg
65F963B4-1245-4207-8DAA-3102E2E47C38.jpeg
縦横の水平を測りましたが、やや斜めになっているみたいです。
まぁ、これぐらいは目をつぶるとしましょう。
8674F3A0-5D84-4B72-B0C6-241A112CBB35.jpeg
あらま、ちゃんと計測したはずなのに、ここは約4mm足りてないみたいです。
C4B3FD06-9D76-477C-8394-53B210938E40.jpeg
ベニヤを4mmに切り出して不足分を補いました。

次は切り出した路盤をこのように置いて、内側に罫書きをします。
6215C10F-0808-4246-B3C5-E69036FB0221.jpeg
こんな感じかぁ。
E19FB2AE-397D-4461-91F9-E9079D0A8D14.jpeg
この罫書きに従ってMDFをカットします。
DFE2ECA0-93F3-4A53-A2D5-594608CBB82F.jpeg
すると、どうでしょう。
路盤とMDFがぴったりはまりました。
MDFにはストラクチャーを配置して観光地を作る予定です。
A04A38FB-F3F6-461F-A608-C01A77D32032.jpeg
まずは駅の様子を確認。
209DC06B-F397-451C-BB00-939C3E423009.jpeg
MDFの端にホームがくるようにすると、線路も路盤の端に設置しないといけないようです。
BDB2A87D-7222-43F6-BD4C-A0CE36A1330F.jpeg
ホームの高さを確認しているところ。
本来は氷河特急を使って確認した方がいいのですが、手元になかったのでこいつで代用します。
現在コルク道床を敷いていない状態でこの高さ。
やや低いようですが、ヨーロッパの古い駅はこんな感じです。
しかし、ここに2mm厚のコルク道床を敷くとさすがに低すぎます。
コルク道床の分だけ駅を嵩上げしなくてはいけないのですが、MDFに木工ボンドでコルクシートを貼り付けるとボンドの水分でMDFが反ってしまう可能性があります。

ここで実験。
6557F43B-04CC-4609-AD43-E03394169627.jpeg
MDFの切れ端にボンドを塗って様子を見てみます。
最終結果はまだですが、少しずつ反り始めました。
MDFも水分を吸えば反るんですね。
当然か。
てことで、駅部分の線路はコルク道床なしでいきたいと思います。
ゴーッと音がするかもしれませんが、駅に到着したサインとしましょう。
3E4E19EC-27BE-4125-96A1-33F4B7F217F8.jpeg
さぁ、ループ線のさらに上にレーティッシュルートが出来上がりました。
4B6C9A42-15A5-4939-A443-EBE782D774B1.jpeg
蓋をして今日はここまで。

ではまた。


nice!(7)  コメント(8) 

今年はヤバイ [エピソード]

こんばんは。
先週末は息子の誕生日やらマラソン大会やら忙しく屋根裏へは行けませんでした。
そのため製作記もお休み。
お友達ブロガーさんの記事を読んで、ヨーロッパ各社の2018年新商品の発表があったと知りました。

そこで、私なりに今年のラインナップを攻略してみたいと思います。

2018年最初の導入はこれ。
9ADD563A-8272-4D0C-8D6E-7513B38426C7.jpeg
KATOさんのHPから。
Ge4/4Ⅱ機関車です。
昨年赤い客車が発売されましたが、IC2000とリリースが被ったので一時導入を見送り。
しかし、やっぱり欲しくて年末に買ってしまいました。
そうすると機関車も欲しいわけで、ネット予約完了です。
レイアウトにレーティッシュルート追加という無茶をしている理由もこいつの導入が深く関係しています。

お次はこれ。
BAB1BD9A-FCDA-4F66-8481-635FFC15AFA9.jpeg
TRIXさんのHPから。
スイス鉄道ゴッタルドパノラマエクスプレス3両セットです。
従来のICNカラーをベースに窓の下にアルプスのデザインが施されています。
EW4と連結してアルペンルートを走らせたいと考えている待ちに待った商品です。
お値段は未定ですが、ヨーロッパ車の中でもやや高価な部類に入りそうです。

次はこれ。
7A149D37-06DA-4CFA-8C16-B7BC69B5BF8F.jpeg
FleischmannさんのHPから。
チェコ鉄道のユーロシティ、Porta Bohemicaです。
左上は1等車、2等車、食堂車が入った3両セット。右上は2等車とドイツ鉄道2等車2両が入った3両セット。
下の2つは車番違いの2等車バラ売り。
チェコ鉄道のこの客車は色が綺麗で以前から気になっていたもの。
全部で何両導入するか未定ですが、是非とも欲しいラインナップです。

次はこれ。
ACC11DE1-7F2F-4CB2-AB5D-F326DA1E1937.jpeg
DDED9014-229A-4776-A68B-9B54F3ADDE50.jpeg
HobbytrainさんのHPから。
昨年アナウンスのあったドイツ鉄道インターシティエクスプレス4です。
基本7両セット、増結5両セット。
大きなレイアウトにはやはりフル編成がお似合いなので12両でないとダメです。
しかし、お値段が気になります。
まだ導入するかどうか決められません。

次です。
D16E5DFE-EE40-4F03-B9AB-67804B955B6A.jpeg
F03C8A0A-0A06-49EC-94A9-69EB6A9FB385.jpeg
L.S.ModelsさんのHPから。
ついに来た。
オーストリア鉄道のナイトジェットです。
新規ナイトジェット塗装だけでなく、従来の塗装を混ぜてくるあたりが憎いです。
5両セットだけでもいいけど、きっと4両セットも欲しくなります。
こちらはすでに価格が決まっていますが、やはりL.S.Modelsだなぁという設定。
妻にバレると怒られるレベルです。
内心、こいつはリリースが遅れて来年になるのではないかと思っています。

以上が私の物欲を掻き立てるラインナップでした。
今年は車両増備はほどほどにして、レイアウトに力を入れたいと思っていたのですが、これじゃムリ。
真剣に節約しないとヤバイことになりそうです。

追伸、他にも気になるものが
D695309F-AADE-41F1-879A-4C1B8B254ADD.jpeg
スイス鉄道Re620cargo塗装です。
この塗装が好きなんですよ。
数年前Fleischmannから発売されたRe421cargo塗装を逃してから後悔の日々。
なんとかならないかなぁ。

さらに
02E3528A-C976-4894-84D1-7EFD82371190.jpeg
97844720-1583-406D-9D67-211272C8F1F1.jpeg
JCさんから。
オーストリア鉄道近郊型客車シティシャトルです。
地味な感じですが、一昨年、同じデザインのダブルデッカー客車を導入したとき、こいつも欲しくなっていました。
このタイミングはダメだろ。

さて、宝くじでも買うか。

ではまた。

nice!(5)  コメント(10) 

どうする?レーティッシュライン [レイアウト]

おはようございます。
今日は朝から暗雲が垂れ込めて雪が降るぞーと意気込んでますね。
週末に子供たちを雪遊びに連れていったばかりだと言うのに、、、

さて、先週の続きとしてまずここから。
51E67D38-8A0D-4FF0-AF80-EB03D909DF2C.jpeg
レール固定のため路盤に設置したネジにハンダ付けしました。
前回はネジにあらかじめハンダを盛っておいて、後から線路を設置しましたが、今回は先に線路を設置、後からハンダを流し込んでいます。
前回のやり方だとハンダが盛り上がっていて溶かさないとレールを正しい位置に敷設できず苦労したのです。
20BCD06F-A0F3-4D64-8CEB-1991E8FDD8DB.jpeg
レールカット、枕木穴埋め、ジョイント差込みで仕上げです。
レールの切断面、特にジョイントを差し込む部分はルーターで綺麗に磨き上げています。

ここからは題名のテーマ。
後からプランに付け加えたレーティッシュルートの最高到達点をループ線の上に通さないいけません。
FAC4E50B-13FD-4C21-9297-FDC562B63505.jpeg
この図面左上の楕円形がループ線。
少しずれている緑の線がレーティッシュルートです。
図面左上から右方向、ぐるりと回りループ線と交差する手前までは路盤が出来ています。
問題はここから。

課題1 ループ線手前最上段は露出させたいのでレーティッシュルートを被せない。
課題2 ずらして設置するループ線とレーティッシュルートは採石場のような不自然な段々にならないようにする。
課題3 レーティッシュルートはこの部分に駅を置く。
課題4 ループ内からのメンテナンスに向けたハッチを上部に設置する。

それぞれ相反する課題ですが、妥協点を探りながら最適化していきます。

まずは路盤、つまりレーティッシュルートの位置決めです。
これが全てを左右します。
D458FA0A-D6DF-4035-AF94-4D3ADC65DE92.jpeg
ボール紙でひたすら路盤イメージを作りました。
そして支柱を延長するためのパーツを切り出して設置し、イメージ路盤を乗っけてみたところ。
77E7B9A1-9F44-4246-AD61-FD5C5FAE5343.jpeg
EC2743CC-92BC-4460-BE84-FA4D93429903.jpeg
これらが支柱延長パーツです。
建築基準法違反になりそうです。
8F96060C-A8CB-41FE-A6E1-C5D1F837FA45.jpeg
余計な部分を切り取ったりもしています。
まさに大工事。

さぁ、準備は整ったのでレーティッシュルートの路盤を設置しましょう。
が、しかし、一手間を加えなければいけません。

DAA42D36-448C-468B-A1C3-9604E65D047B.jpeg
レーティッシュルートと交差するループ線に架線を張ります。
この作業がねぇ、面倒なんですよ。
やらなきゃよかったったと思ってます。
でも、やらなかったら後で絶対後悔します。
だから頑張ります。
8B3B3707-98C4-4A43-ABC8-B05E790E80AF.jpeg
上下線のうち片側が完成したところでタイムアップ。

最近ビシーと終わりませんね。
まとまりのない記事で情けない(笑)

ではまた。

nice!(7)  コメント(9) 

ループ線詰め作業 [レイアウト]

おはようございます。
週末と言うのはあっという間に終わりますね。
週休3日は欲しいなぁと思う今日この頃です。

今回はループ線の最上段から鉄橋に繋がる線路の敷設をやりました。
まずは先週途中で終わった路盤から手を付けます。
6A881974-69E6-4B1B-88FE-8AE2045701A7.jpeg
コルクシートをボンドで貼り付け乾燥待ち。

乾燥したら一部をヤスリで削り、鉄橋との接続部へ向かってコルクシートを徐々に薄くしていきます。
8E101726-BF3D-485B-9C0D-321AE10257EE.jpeg
この路盤はループ線の最後の登り勾配に当たる部分で、鉄橋からは平行になります。
鉄橋手前で緩和した勾配になるように設置はしますが、どうしても最後は「へ」の字になってしまいます。
まして、鉄橋との接続部は線路も接続部になるため「へ」の字は避けられません。
そのままだとダブルデッカーのような床が低い車両は腹を擦ってしまうことになります。
そこで、このようにコルクシートで勾配をさらに緩和することにしたのです。
73449980-3D83-4A8A-95D9-C211E97D55E3.jpeg
手前は削ったもの、奥は削ってないもの。
この画像ではわかりにくいですが、現物もよく見ないとわかりにくいです。
それぐらい微妙な調整をしないと後で泣くことに、、、
C45824A5-41A8-4D09-8DFD-4F98BFAD9DAA.jpeg
末端がちょいと汚いですが、こんな感じ。

続いてフレキシブルレールにフィーダー線をハンダ付けしました。
53C9D9B7-419E-4C37-B767-484C8B04373F.jpeg
ループ線最上段まで引き伸ばしたフィーダー線をそのままハンダ付けする予定でしたが、ループ内での作業は大変なので、後から繋ぐ作戦に変更です。
70E1C2FC-EC8A-44CA-9EDB-2B761E236AB8.jpeg
ハンダでガッチリ繋げて熱収縮ゴムでコーティング。
7BA13156-B88D-4AA0-8841-C2F6B54F67E0.jpeg
フィーダー線は無駄なく綺麗に仕上がりました。
03011788-67A4-4032-90E6-7BB16BE2EBB0.jpeg
ラストの部分の線路は慎重に仕上げたいと思います。
橋部分との線路の接続にはKATOのジョイントを使う予定ですし、直線部分なので左右のズレは心配ありません。
しかし、勾配から平行になる部分なので上下のズレが気になります。
であれば、ハンダで固定するのみです。
2DFF1DB9-7585-404D-B997-9F59DE9D022A.jpeg
ジョイントを収める場所を確保できる位置に真鍮ネジを設置し、ここに線路を直接ハンダ付けしてしまいます。
00819F03-24E1-4E4F-9718-80B1A6314BD4.jpeg
まずはゴム系接着剤でレールを固定します。
末端部分が浮き上がらないよう枕木を差し込んでピンで押さえつけ。
この状態でハンダを流し込みます。

あぁ、ここで時間切れ、、、
またしても中途半端なところで終了。
こんな些細な作業も結構時間かかるんですよね。

ではまた。

nice!(9)  コメント(6) 

ついにここまで [レイアウト]

こんばんは。
今日は久々の雨でした。
そして私の冬休みも今日で最後。
4日5日と休みを取ったので大型連休を満喫していました。

家族サービスの傍でレイアウトの建設も進みます。
ここのところずっとストラクチャー製作ばかりしていたのでレイアウトの本格的な作業も久しぶりとなります。

たっぷりある時間でこんなものを作りました。
64261DE2-0DCD-4B15-B7C6-2C37AA8EAD7C.jpeg
なにやら複雑な構造。
同じようなものを
AD254EB1-56EF-42C9-8C44-AF90B098ECF3.jpeg
もう一つ。

さて、なんでしょう。
想像つきますか?

答えは
0196E2AA-D205-41E1-848C-9A73A10C5B48.jpeg
これ!
前に作った鉄橋の土台でした。
見事に左右平行を実現しています。
我ながら見事な完成度(笑)
EF7487D9-575C-43AA-8A1E-A75ACE8A56C7.jpeg
コントロールセンターからはこのように見えます。
これをやりたくて7周ループを作ったわけです。
レイアウトの地面からは420mm、床からは870mmの高さ。
ここを駆け抜ける列車を下から見上げることになります。
23239211-8321-4921-8BC8-9FD49F3E60CE.jpeg
俯瞰するとこの迫力!

そうすると、やりたくなるのはこれ。
91FA0AA4-4C0A-4AD2-ABB6-88984FE16F88.jpeg
おおおっ、たまらん!
6EE0C097-7FCD-4ACE-8C26-AADC0A02759D.jpeg
土台の部分は橋の構造に合わせて斜面を作り込みます。
寸分違わぬ土台に満足です。

さて、今度はループ線から橋へと続く路盤を切り出します。
5EEBD452-7BFC-46B6-8B49-7A9F983B2102.jpeg
この部分です。
03CD01B0-93A4-4A4A-9BD9-67C4E78322DB.jpeg
現物合わせで寸法を取り切り出しました。
線路を置いて路盤と橋の高さを見ます。
955CCA00-B03D-4E15-BAE7-575441F31A14.jpeg
若干路盤の方が高いようです。
この橋は橋の奥のメンテナンスをやりやすいように脱着式にしたいと考えているので、路盤部分と橋部分のレールも切り離し出来るようにしたいと思います。
そうすると、完全な平坦が求められます。
328AF977-4F2E-4338-91BB-C0D220D47BBF.jpeg
こうして路盤の基礎を削ること数回。
F78678B5-0873-4671-A6ED-E36AC91CD646.jpeg
ほぼ平坦を確保しました。
9CFB981D-9B99-4EE2-8EE8-BB1557E6AF98.jpeg
線路を置いて中心線を罫書きます。
複線間隔は29mです。
FCB28845-DCFB-4416-9F42-265E7B5D91CB.jpeg
罫書きをループ線まで延長して、コルクシートを貼っていきたいところで時間切れ。

この続きはまた来週。
ついにここまできたなぁ。

ではまた!

nice!(8)  コメント(9) 

謹賀新年 [ストラクチャー]

あけましておめでとうございます。
年末からコツコツと作っていたストラクチャーがようやく完成しました。
5F9B96E7-649C-4AEB-9416-68DC061F3B22.jpeg
Fallerの信号所です。
これで信号所は3つ目となります。
0E3BE71B-8860-4019-BF9C-3A7CCF6943A5.jpeg
パーツはこんな感じ。
完成品の見た目よりパーツが多いようですが、多ければ多いほど完成度は高くなると思っています。

あちらのキットは基本塗装済みと言うか、その色のプラスチックを使っているので、塗装の必要はありません。
しかし、これは箱の写真のように完成させるにはパーツの塗装が不可欠です。

例えば
332A84ED-849E-44B9-BDFE-8B8867A73F9B.jpeg
オレンジが薄すぎます。
1293FE26-4193-4E3F-AA5D-94B9FDE2CA50.jpeg
屋根瓦もちょっとイメージと違う。
72026AB1-63DB-462F-B380-67D1ECDD7860.jpeg
手すりに至っては全く違う色。

さらに、
9E49FFBD-9017-4D29-892C-4C1BCF1D7DF0.jpeg
箱絵にない煙突が説明書にはある。

まずは塗装から。
FA61F359-8AA7-4B79-8842-E3B5C1AE7E07.jpeg
今回は通常塗装に加えて、壁の遮光塗装も施しました。
右のパーツがそれです。

さて、組んでいきたいと思います。
C79E83A9-D9C2-4566-BF23-A8FCE8935182.jpeg
四方の壁を組んだら、このように輪ゴムで固定し、裏から流し込み溶剤を流し込むとガッチリ隙間なく固定できます。
37DC09D0-85C9-41DD-A64B-5FFE51986C56.jpeg
ポイント切り替え用のレバーをズラリと並べました。
ん?信号所?ポイント切替所?
鉄オタでない私には正確な名称がわかりません。
707A6BA6-1A45-4031-9E6A-A0DA18D988EA.jpeg
壁を設置するとだいぶ形が見えてきます。

ここで追加加工。
E942C2A3-3A21-4503-99BB-1B6B816B9F56.jpeg
部屋の四隅に天井を支える柱を設置し、作業台や階段の手すりなんかを追加。
さらに作業員も配置しました。
前回の信号所とは違い、こちらは真面目に仕事をしている設定です。
67D34F61-8100-4E29-9434-EA4EAF635A32.jpeg
ここで、電飾の準備。
1608サイズのLEDですが、正直ここまで小さい必要はないんです。
ハンダ付けの練習のために60個も購入してしまったので仕方なく使っていますが、そろそろ大きめのチップLEDを購入しようかと思っています。
A4C1092A-BEA5-4FE1-82E5-E4F1710022D0.jpeg
一発クリアで無事点灯。

これをプラ板から切り出した天井板に接着します。
57DB901A-5FB9-4881-ACF1-C7B86B59B24C.jpeg
プラ板に穴をあけ、室内側に木工ボンドを垂らして乾燥させます。
そしたら屋根側からクリアーオレンジを塗装し、配線済みLEDを瞬接でくっつけます。
この時、接着材でLED全体を覆うと後々の遮光やハンダの剥離防止に役立ちます。
C75DA8B0-4CD7-4D7F-B7C0-2631DEA9BAC5.jpeg
ブラックで遮光塗装。

65045054-9FD6-4EEF-8263-09C513795919.jpeg
屋根と細かなパーツを取り付け完成です。
箱絵のイメージに近づいたと思います。

それでは電飾開始。
4826504D-85B1-4CE5-AFFE-CA81351001C8.jpeg
今回は柔らかな光の照明となりました。
EAC3511B-B816-4D57-AA83-0A8871BCEA52.jpeg
これは下から光源を撮影したもの。
LEDの強烈な光も、木工ボンドでコーティングすることによって柔らかい光にすることができます。
DFA72410-B117-46A0-90E2-C36DAA71881D.jpeg
こうやって中を覗き込んだときに見えるディテールが大好きなんです。

こいつを眺めながら一杯やってブログの更新です(笑)

では、今年もよろしくお願いいたします。

nice!(6)  コメント(11) 

信号所のイメージ [レイアウト]

こんばんは。
せっせと作ったストラクチャーの配置イメージでもやってみようと屋根裏へ。
92DD76C7-92FA-4507-A753-A303ED984A5D.jpeg
この信号所をレイアウトのどこに設置するか試してみました。
7415FFCE-5551-4F6D-8972-0851BF9106E5.jpeg
ここはちょうど信号所の足が収まるので、車輌の通過に干渉しないかチェックします。
42D18BE3-9855-4D0B-8989-C07014BB3224.jpeg
ここはちょっとギリギリですが、なんとかクリア。
21E1BC26-A281-4435-BC65-382D34F5EFB0.jpeg
こっちは楽々クリア。
410150C3-52E4-4A6E-B673-FFFD86FE48D7.jpeg
ここも余裕でクリア。
BE62B117-5141-4003-98D8-65EBEA4ADFE8.jpeg
こんな感じでいいかなぁ。

と、思ったけど、この位置より奥というのもありです。
937E26D6-96EA-4D2A-AAB6-2371DCCB3A7F.jpeg
ここならホームとかぶることもないし、列車との間隔も余裕があります。

いずれにしても、改造なしでレイアウトに使えることを確認。
よかったよかった。

今年も残すところわずかとなりました。
今年1年nice、コメント下さった皆さま、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

では、良いお年を!

nice!(8)  コメント(9) 

DB Regio [客車]

こんにちは。
年末はやはり何かと忙しくここ数週間は模型いじりもできない状態。

そんな私にもささやかなクリスマスプレゼントが届きました。
888A3456-49C5-4FEC-A4CD-2454D8DCF8DC.jpeg
ドイツ鉄道近郊列車のレギオナルエクスプレス(RE)とレギオナルバーン(RB)の増結車です。

レギオナルエクスプレスは既に4輌編成を所有していましたが、多くの場合5輌編成で運行されています。
そのため、1輌増備するために7年以上も安く手に入れるチャンスを伺っていたのです。
ヤフオクで発見し定価の半額での入手です。

8F702324-CAA0-4814-85A6-4D2E299101EF.jpeg
手に入れたのはFleischmannの2等車。
車体には紺色の広告が施されています。
6D90A9FF-BAF4-4A90-BFF3-7F2A5F680DB5.jpeg
2階のシートはボディに付いていました。
車内灯が1階まで届くよう通路部分は空洞になっています。
D3316E72-0753-4573-9E1C-95B53034C0D4.jpeg
行先表示はカッセル中央駅。
既に所有している車輌はシュトゥットガルト行とミュンスター行とカッセル行。
どうせ見えないので気にしません(笑)
8C9221E0-1CF1-42DD-AD14-51A4C94771DF.jpeg
これで念願の5輌編成となりました。
牽引機はRE専用のBR146形機関車です。

続いてはレギオナルバーンの増結車。
D802BA95-3E89-415B-A245-625F5701543B.jpeg
こちらは既に3輌編成を所有しており、いずれは5輌編成を目指しています。
手に入れたのはBrawaの2等車です。
6C46C909-6D39-4E1E-BAB7-8F5B34D7E533.jpeg
床下機器にまで印刷が施されておりディテールが凄い。
465951D3-C3DB-47F3-8EA2-F18DBB05921F.jpeg
妻部を見るとテールライトの下に穴がありました。
もしやと思って確認したところ。
4DA38CDB-852F-4E02-A7CB-15A2880966DE.jpeg
おお、やはりありましたね。
後付けパーツ。
気が向いたら付けてあげましょう。
忘れると思いますが(笑)
00B36DB7-761F-4928-984F-642A7B93ED0E.jpeg
これで4輌編成となりました。
一番後ろの車輌だけ、赤が鮮やかなのは、これだけArnoldのものだからです。
ちょっと目立ちますね。
牽引機はBR143形機関車。
レギオの定番機関車ですね。
B6959955-ED3F-4EA3-9B9B-CCBCA13B8555.jpeg
非電化区間ではこのようにBR218形機関車が担当します。
わが家のレイアウトは全て電化区間ですが、ディーゼルだって活躍します。
5A15737F-3E04-4623-A484-DE4D52594F53.jpeg
せっかくなのでDB Regio所属列車を並べて記念撮影です。
奥から
レギオナルエクスプレス
レギオナルバーン(新型)
レギオナルバーン(旧型)
ペンドリーノ
タレント
です。

この赤い列車が並ぶ様はTheドイツ鉄道という感じがします。
この中に白地に赤いラインのインターシティやインターシティエクスプレスが混ざると大都市の中央駅を演出できます。
さらにスイス鉄道やオーストリア鉄道、フランス鉄道の列車が混ざると国際的な中央駅となります。

今ではその全てを所有するに至りましたが、ここまで集めるのに10年かかったなぁ。

ではまた!

nice!(6)  コメント(9) 

機関庫 [ストラクチャー]

こんにちは。
12月に入り、すっかり寒くなって布団から出るのが辛いです。
レイアウトで使う線路周りのストラクチャーをせっせと作っていますが、作らなければいけないものが山ほどあります。

今回作ったのは機関庫。
D7AD0529-B5F4-4F72-98D3-3DC8FA43364F.jpeg
値札のとおり半額で購入しました。
これはどこで買ったんだっけなぁ。
吉祥寺のユザワヤだったか、イクスピアリの天賞堂だったか、とにかくまだ鉄道模型を始めたばかりでヨーロッパモデルのストラクチャーがどこで手に入るのかわからないころだったはず。
あのころは、選んで買うというより、見つけたら買う的な感じでした。
しかも20世紀からの売残りのようで外箱はヨレヨレ。
そんなわけで半額に値下がりしていたんですね。
西ドイツ製となっていますから、1980年代に生産された年代物です。

94C200FC-DA83-4005-AFE7-501B8173C61E.jpeg
中身は思っていたよりしっかりしています。
パーツが反ったり、欠品があったりするのかなぁと予想していましたが、完璧な状態でした。

では、製作へ。
787C3CCF-1425-4DEF-89E5-FDBAF1E15194.jpeg
外壁と床、そして赤い矢印の先にある謎の部品を取り付けました。
62C57BA5-1B74-42CF-BAC0-9C85BEAF0DDE.jpeg
謎の部品の先は扉につながります。

もうお判りですね。
0B52CCCB-2DE2-47D0-8958-B7FC3AA7B734.jpeg
機関車が入庫すると
54D0E2ED-AAE6-4235-9BB9-6CBDCC277FE2.jpeg
自動で扉が閉まります。
C038DA2F-68C0-405F-9BF2-15AE5B46EB07.jpeg
ただし、結構な力が必要です。
Nのモーターでは閉められないかもしれませんが、まぁいいでしょう。
E9810662-FC15-4918-B835-F59BF3077E35.jpeg
ということで、完成です。
屋根の飾りとレンガ造りがいかにもヨーロッパ的。
製品も年代物ですが、デザインも年代物ですね。

ちなみに屋根は脱着式となっています。
A8D9206C-9E25-48DF-9214-2916C9A7B0ED.jpeg
そのため
CE55FFD2-923E-43D2-B4CE-29CE0965EADD.jpeg
このような雨樋も
D384B52D-AF24-491C-AD8C-8B9701C7889C.jpeg
取り外せるよう、接着していません。

ではまた。

nice!(6)  コメント(8)