So-net無料ブログ作成

フィーダー [レイアウト]

こんにちは。
夏の有給休暇消化ノルマ達成のために急遽休みとなりました。
そうなると、屋根裏に行くしかありません。

今日は脱着式線路へ給電するフィーダー線を何とかしてみたいと思います。
なお、脱着式線路はこんな具合です。
IMG_7549.JPG
すでに線路の裏にフィーダー線をハンダ付けしてありますが、線路を取り外すときにフィーダーも取り外さなければいけません。
また、線路の接続部もジョイナーなしとしています。
IMG_7548.JPG
ここがジョイナーなしの接続部。
線路をネジにハンダ付けして完全固定しています。
右側は前回の工事。
線路をカーブさせたら、線路を固定したネジもわずかに回転。
思っていたラインになりませんでした。
左側は反省を活かしてネジ2つ。
これなら本当に完全固定です。

本題のフィーダー線。
本線用フィーダーは未だ路盤の下に垂れ下がった状態なので、コマンドステーションまで土台のベニヤを辿って行くことに。
IMG_7535.JPG
そのための穴を開けたところ。
コマンドステーションは画像右下方向ですが、ここから補助フィーダーを左に分岐させる作戦です。
IMG_7536.JPG
まずは分岐する本線フィーダーを2線分引っ張ってきます。
IMG_7537.JPG
途中でわかならくならないよう、ナンバリング。
IMG_7538.JPG
分岐される部分のビニールを剥離しました。
ニッパーとカッターで地道に作業。
これを1発でやる名前を忘れた工具がありますが、高価なんですよね…。
IMG_7540.JPG
分岐させるフィーダーを絡ませて
IMG_7541.JPG
ハンダ付け
IMG_7542.JPG
熱収縮チューブで絶縁して完了です。

続いて、フィーダー線の固定をしてしまいます。
IMG_7543.JPG
ホットボンドの出番。
IMG_7547.JPG
IMG_7545.JPG
IMG_7546.JPG
どんな場所でもあっという間に接着できて、しかも頑丈です。

最後に、電気的に独立してしまう脱着式線路のフィーダー接続。
IMG_7551.JPG
4連ピンソケットにそれぞれハンダ付けして熱収縮チューブで絶縁。
しかし、奥の線路のフィーダー線が長くて邪魔ですね。
本当は適当な長さに切ってから繋げる予定だったのですが、すっかり忘れてた。
IMG_7552.JPG
そこで、短縮してみました。
余計な仕事…。

そして、ピンソケットを
IMG_7553.JPG
ホットボンドで路盤に固定しました。
画像はピンヘッダを刺したところ。
次はこのピンヘッダに分岐して持ってきたフィーダー線を繋げます。

ではまた!

1周目 [レイアウト]

こんばんは。
今日は息子の幼稚園の発表会で休みを取ったのですが、息子は熱をだして幼稚園をお休み。
午前中は家事をして、お昼ご飯を作って、嫁ポイントを稼ぎ、午後はレイアウト製作。
妻の理解を得るための戦術というやつです。

前回トラブルが発生した架線を改良してみました。
IMG_7441.JPG
ここが左右にずれます。
IMG_7442.JPG
こんな風に。

そこで
IMG_7443.JPG
ずれを小さくするためにクリップ部分をタイトに整形しなおし。
ラジオペンチでグッとしただけです。

さらに、
IMG_7430.JPG
このつなぎ目の段差を解消したいと思います。
IMG_7457.JPG
リューターで研磨してみました。
これで段差によるストレスは解消されましたね。
この2つの改良でパンタの通過性は格段に良くなりました。
トラブル解決です。

続いて、ループ線の線路を敷設して行きます。
IMG_7432.JPG
ここはすでに設置済みの線路。
カックン接続を避けるため、あらかじめレールを曲げています。
IMG_7434.JPG
TOMIXのジョイントでレールをつなぎました。
いい塩梅になったと思います。

IMG_7437.JPG
1周ぐるっと回って、ここは脱着式路盤との接続部分です。
路盤と一緒に線路も分割されるため、ジョイントなしでレールをつなぎたいと思っています。
そうなると、線路の端っこがずれないように工夫が必要になってきます。
まずは線路を敷く部分に印を付けます。
IMG_7438.JPG
その印にこいつをねじ込みます。
真鍮ネジです。
IMG_7440.JPG
こんな感じ。
IMG_7446.JPG
枕木からの高さに合うようネジを微調整。
IMG_7447.JPG
ネジにハンダを盛ります。
真鍮ネジを採用したのはハンダの食い付きがいいから。
IMG_7450.JPG
フレキシブルレールをネジにハンダ付け。
これでずれることはありません。
IMG_7455.JPG
上下線ともハンダで固定しました。
IMG_7456.JPG
あとは、この中間部分を埋めるだけです。
IMG_7458.JPG
ループ1周目の線路を敷設完了。

では、走行テスト開始です。
ここは2.7‰の登り勾配。
IMG_7459.JPG
ずっしり重いL.S.Models5輌は難なく通過。
IMG_7460.JPG
高容量ホッパー車30輌編成もグイグイ登っていきました。

これで無事にループ1周目が完成。
次は脱着式路盤に線路を敷設するのですが、給電する仕組みも脱着可能にしなければいけないので時間がかかりそうです。

ではまた!

遅々と [レイアウト]

こんばんは。
妹と姪っ子がサンディエゴから帰ってきました。
そのためレイアウト製作の時間が取れません。
それでも、少ない時間を使って作業を進めています。
IMG_7381.JPG
ここは、ループ線の取り外しできる路盤です。
路盤を取り外すには、架線も取り外さなければいけません。
IMG_7382.JPG
そのため、架線はこうしてぶら下がってるだけ。
IMG_7384.JPG
パンタのテストをしています。
とりあえず、うまく走るようです。
IMG_7385.JPG
取り外すときはこんな感じになります。
とは言っても、取り外す機会はあまりないのかなぁ。
IMG_7417.JPG
次に、取り外し可能な路盤への架線固定作業をしました。
IMG_7418.JPG
こんな風にハンダ付け。
IMG_7423.JPG
奥の架線はヒートンに巻き付いていますが、手前はハンダで固定しているだけ。
巻きつける作業が大変だったので横着しました。
IMG_7431.JPG
ここでトラブル発生です。
取り外し式架線は固定されてきないので、パンタに押し上げられて位置がズレてしまいます。
そうすると、こんな風にパンタが引っかかってしまいます。

どーしよー。

ハンダで固定すると外せません。
ゴム系接着剤をちょん付けしたらうまくいくかな?

ではまた!


ループ線 [レイアウト]

こんばんは。
まさにレイアウトの山場へさしかかっています。
7周して420mmの標高を稼ぐループ線。
先週の続きで柱の切り出しから。
IMG_7319.JPG
ちょうどいいサイズのベニヤがなかったので、2つのパーツを繋げることにしました。
IMG_7320.JPG
ボンドで接着。
思いのほかがっちり繋がってます。

ループ線の路盤を支える柱は全部で8つ。
IMG_7321.JPG
未設置の柱を定位置に並べて位置を微調整しています。
床から垂直に立たせるのが難しかったです。
IMG_7322.JPG
上から見るとこんな配置になっています。
この中に自分が入れるように設計したのですが、すごく狭い。
太らないようにしなくてはいけませんね(笑)


IMG_7333.JPG
さて、赤マルのところは修正が必要になりました。
この壁が邪魔で奥の線路が見えないし、届かないので、余分な部分を切り取ります。
IMG_7334.JPG
スペースを確保しました。
これでメンテナンスが少しはやり易くなったはずです。

続いて、柱と土台の接点になる部分を切り取る作業に取りかかります。
IMG_7336.JPG
ここは若干削って梁の角度に合わせました。
IMG_7338.JPG
こちらは切り取り。
IMG_7337.JPG
ここは、茶色の書込みのように梁を設置するので斜めにカット。

こうした調整を全て終えて、柱を床にネジ留め。

IMG_7335.JPG
柱の一つはあえて足を作らず、こうしてスペースを確保し、ここから潜ってループの中に入る予定です。
太らないことも大切ですが、柔軟体操もしておかなくてはいけませんね。
今さらですが、色々と制約が多いレイアウトです。
こんなんで大丈夫なのかなぁ?

さぁ、柱ができたので気持ちを切り替えて、路盤をどんどん切り出しますよ。
なんと言っても7周分ですから気合いが必要です。
IMG_7327.JPG
今日はとりあえずここまで完了。
先日切り出したものと、今日切り出したもので半分を切り出しました。

難関のループ線ももう一息です。

ではまた!

7周ループ着工 [レイアウト]

こんばんは。
土曜日は娘の小学校の運動会でした。
日の出前から場所取りで並ぶって聞きますが、娘の小学校ではその様な現象は起きないようです。
場所を取れるのは校庭の端っこだけ。
特等席には自分の子供が出場するときだけ入って、終わったら交代します。
なかなかいいシステムでした。

そして、日曜日はやっぱり屋根裏へ(笑)
まずは架線の設置と補強です。
IMG_7308.JPG
先週は手前から2本目の架線を設置したので、今週は1番手前の架線を設置しました。
これでループ線設置前の架線は全て完了です。

その前に
IMG_7309.JPG
ここにも架線補強を実施しました。
もしかしたら、ここはループ線ができたら手が届かなくなるかもしれない、当レイアウトの弱点かもしれませんので…。
IMG_7310.JPG
架線柱を追加して、架線をハンダ付け。
架線柱の固定は木工ボンドとしました。

ここで、◯イソーに注文しておいた激安バラストを引取りにいきます。
IMG_7312.JPG
全部で33本。
重さにすると13.2kgになります。
足りるといいなぁ。

ついでにこんな物も購入。
IMG_7313.JPG
草原です。
これも1枚108円です。
◯イソーは宝の山ですね。

では、本日の本題へ。
7周ループに取り掛かりたいと思います。
IMG_7314.JPG
ループ路盤用の柱を切り出しました。
この柱の罫書きがメイン。
ミリ単位で正確に書かないとループが成立しません。
切り出しはドリルとジグソーを使うのであっという間。

今週はここで制限時間です。
最後の柱も罫書きが終わってるので、今週末は切り出しの続きからですね。

ではまた!

バラスト着色実験 [レイアウト]

おはようございます。
前回の記事で低価格バラストの着色を紹介しましたが、がおう☆さんからアイディアを頂きましたので、さっそくトライしてみました。

今まではまずバラストに着色してから線路に敷くというやり方。
今度は無着色のバラストを敷き、着色したボンド水で固着させるやり方です。

IMG_7298.JPG
手元にフレキシブルレールがないので、バラストだけを敷きました。
線路に敷くときよりちょっと厚め。

IMG_7299.JPG
着色済ボンド水を準備。
薄めた塗料にバラスト入れて乾燥させるやり方だと、しっかり着色できましたが、固着後に薄めた塗料を垂らすだけだと色の定着がよくなかったので、塗料を多めにしています。
ボンド水と塗料の比率は2:1程度です。
ちなみに塗料は水性ホビーカラー。
IMG_7292.JPG
軍艦色(1)という色です。
前回試した水性ホビーカラーは明灰白色(2)でしたが、ちょっと色のイメージが違ったので変更です。

IMG_7300.JPG
塗料の定着を狙い、多めに着色ボンド水を滴下しました。
乾くまで我慢です。

IMG_7302.JPG
一晩経過しました。
しっかり色が着いています。

IMG_7303.JPG
アップで見ると少々汚い。
テカリが出てしまいました。
ボンドが多かったかな?実はボンド水を作るときボンドが多めになってしまったのです。

でも実験は成功と言えるでしょう。
ボンドと水、ボンド水と塗料の配合は今後も課題ですが、黄金比にたどり着くのは時間の問題です。

がおう☆さん、これならいけそうです!

ただ、このやり方は注意点が一つあります。
IMG_7301.JPG
これは前回試したバラスト固着後に着色したもの。
枕木に塗料が着いてしまっています。
うまく枕木を避けて着色ボンド水を滴下しなければならない。
線路間への滴下を避けて、両脇から浸透させる方法を取るしかないでしょう。
もしくは、スポイトではなく、注射器でピンポイント滴下ですかね。

ではまた!

バラストみつけました [レイアウト]

おはようございます。
珍しく平日の夜に作業をしています。
と言うのも、ブログで仲良くさせていただいているJR浜松さんやそのお仲間と先日お会いしたのです。
楽しい時間をすごし、やる気が充填された感じ。
皆さま、ありがとうございます。

で、バラストの話に。

バラストはKATO、TOMIXをはじめ、多くの会社が販売しています。
もちろん入手しやすいのはKATOとTOMIX。
ところがKATOのバラストは粒が小さいというメリットの一方、石の角が丸く削れていてバラストというより砂に見えます。しかも、軽石のような素材なので、ボンド水を垂らして固着するとき形が崩れます。
TOMIXのバラストはエッジが効いている一方、粒がデカいし、色のバリエーションがいまいち。
どの会社のバラストを採用すべきか、色、形状、価格、供給量などからリサーチした結果、妥協点はあるもののモーリンにしようかなと思っていました。
価格は少々高めですが、バラスト作業まではまだまだ時間があるので、少しずつ買っていこうという作戦。
それでも結構な出費に違いはありません。

なんとかなんないかなぁと思っていた矢先、◯イソーでこんなものを見つけてしまいました。
IMG_7240.JPG
これ、インテリア用品の砂利です。
ほかに水色、ピンク、黄色、緑があります。
使い方は何となく想像できますが、そんなもんに興味はありません。
粒の大きさ→合格点!
エッジ→合格点!
あとは色です。
こいつを簡単に染められたら、使えるかもしれません。

さっそくサンプルを作ります。
IMG_7249.JPG
いつも使っているエナメル塗料を溶剤で希釈。
IMG_7242.JPG
乾燥後、ダマにならないよう濃度は薄め。
IMG_7243.JPG
ザーッと砂利を流して
IMG_7244.JPG
爪楊枝で撹拌しながら乾燥させます。
IMG_7245.JPG
できあがりー!

KATOバラストと比較。
IMG_7246.JPG
左が◯イソーで右がKATOの細目。
粒のサイズは同じです。
IMG_7248.JPG
これ、KATOバラストのアップ。
角がないでしょ?
IMG_7247.JPG
これ、◯イソーのアップ。
エッジが効いてバラストっぽいでしょ?

こいつは採用かな?
いや、まだだ。

エナメル塗料を使った着色には大量の溶剤が必要。
溶剤は1本8〜900円だった気が。
わが家のレイアウトに必要な量のバラストを全て着色するには最低でも10本、いや20本必要かも。
もったいない。

では、これなら?
IMG_7250.JPG
買ってきました。
こいつは水で薄めることができるアクリル塗料。
IMG_7252.JPG
果たして、着色できるか?
IMG_7253.JPG
できました。
左が水性ホビーカラー、右がエナメル塗料。
色が薄いのは元々の色のせいです。
しっかり着色できました。

では、バラストとして固着できるか?
ボンド水を滴下して形が崩れず、うまく馴染むかをテスト。
IMG_7288.JPG
サンプル用の線路です。
ここにバラストを撒きます。
IMG_7290.JPG
左が着色なし、真ん中が水性ホビーカラー、右がエナメル塗料。
うまく固着できました。

このあと、着色なしに後から着色ができるか実験。
IMG_7291.JPG
左半分が水性ホビーカラー、右半分がエナメル塗料。
結果はいまいちでした。
塗料を染み込ませると予想どおりボンドが溶けてバラストが剥がれます。
色も薄め。
やはり、最初に着色しないとダメなようです。

以上の実験結果から、バラストとしてのスペックを評価しました。
サイズ→合格点
形状→合格点
色→合格点(任意に着色可)
価格→満点!
供給量→やや不安定
てなことで、再び◯イソーに行って在庫を買占め(笑)
全部で12本追加。
さらに20本を発注。

着色作業はそれほど手間はかかりませんので、絶対にお勧めです。
◯イソーでも店舗によっては取扱いがないので、あらかじめ確認しておくか、発注するのがいいでしょう。

ではまた!

架線強化 [レイアウト]

おはようございます。
もう夏ですね。
わが家の屋根裏もそろそろ居心地が悪くなってきました。
ただでさえ暑いのに、照明が暑さに拍車をかけます。
汗が吹き出る。

先日はループ線の路盤を脱着式にする予定外の作業。今回も当初の予定になかった架線強化作業です。
実際に作ってみると、やはり図面だけでは見えてこない部分や対策を施した方がいい部分が顕在化してきます。
これらの問題をできる限り解決しながら前へ進みたいと思っています。

IMG_7271.JPG
今回はこれ。
パンタに注目して下さい。
IMG_7270.JPG
架線の真ん中にくると、こうしてビヨーンとなります。
いまは調整されているので、パンタは架線を捉えていますが、経年でズレが発生するとおそらく外れます。

これを補強してみます。
単に架線柱を増やすと線路のメンテナンスに支障が出るので、ちょっと変なやり方をします。
IMG_7267.JPG
どうでしょう?
なんか、無様な姿になりました。
でも、架線柱を増さずに補強するにはこれしかありません。たぶん。
最初から架線と吊架線というスタイルにしておけばよかったかも(汗)

いまさらしょうがない。
IMG_7265.JPG
こうして架線と補強線の接点をハンダ付け。
このハンダ付けはかなり難しかった。
やけど覚悟で線を摘んで固定し、ジュッ、ジュー、熱っ!みたいな。
汗もダラダラ流れます。
IMG_7269.JPG
まるで吊橋のようになりました。
これじゃあ、かえって邪魔に見えますが、ここは手の届かない場所になるため、たぶん影響はないでしょう。

お隣にも同じことをしてやりました。
やけど覚悟を4回です。

その甲斐あって
IMG_7270.JPG
Before
IMG_7272.JPG
After

みごと、ではないかもしれませんが、みごと解決。

続いて、こんなものを作ります。
IMG_7275.JPG
パーツを固定。
IMG_7276.JPG
小さなパーツも固定。
IMG_7277.JPG
ハンダ付け。

これは架線クリップです。
先日、脱着式路盤に改造したので、路盤の下に取り付ける予定の架線も脱着式にしなければいけません。

IMG_7278.JPG
まずはループ線までのアプローチ部分の架線をクリップ奥に設置します。
これは脱着式でないので、奥でハンダ付け。

この先に設置する架線が脱着式になるので、クリップ手前にグイッと押し込むとできあがり。

ご飯ですよー

はい、今日はここまで。

ではまた!

リスクマネジメント [レイアウト]

こんばんは。
先週作ったループの路盤。
IMG_7182.JPG
この路盤の奥にもう一つの線路があるけど、
IMG_7192.JPG
手がはいらない。
しかも、ループが完成するとこんな目線。
IMG_7191.JPG
奥の線路は見えない。

もう1か所も
IMG_7193.JPG
こんな状態。

これじゃ何かあったときやメンテナンスのときに困ってしまいます。

せめて、こんな状態なら
IMG_7194.JPG
手も入る。

そこで、路盤を取り外し可能にしてみた。

ネジ留めだと大変なので、こいつを購入。
IMG_7211.JPG
ネオジム磁石です。
2800ガウスの優れもの。
8個で100円。 
さすが百均!

まずは極性を間違わないように印をつけてみました。
IMG_7224.JPG

続いてネオジム磁石を埋め込む作業。
IMG_7212.JPG
ルーターで少しずつ穴を拡げていきます。
IMG_7213.JPG
木工ボンドを穴に塗って埋め込みます。

ここも穴をあけて
IMG_7230.JPG
埋め込みます。
IMG_7232.JPG

さらに、路盤が長いと取り外しが難しいので、半分に切断しました。
IMG_7215.JPG
カットソーを使えば最小限の幅で切断できます。
IMG_7229.JPG
切断途中の溝。
罫書きと同じぐらい細いです。
IMG_7233.JPG
続いて路盤にもネオジム磁石を埋め込みました。
青矢の部分は裏側に埋め込み。
IMG_7219.JPG
IMG_7220.JPG
みごと取り外し可能な状態で設置できました。

ネオジム磁石って凄い磁力です。
例えば
IMG_7222.JPG
ハンドパワーです!
古い?(笑)
こんなに磁力が強くて走行に影響が出るのでは?と思い、こんな実験をしました。
IMG_7223.JPG
わかりますか?
パンタがネオジム磁石のある左側に引き寄せられています。
まぁ、架線を設置すればパンタの位置はもっと下になるので大丈夫でしょう。
IMG_7225.JPG
てなことで、ループ路盤の2つを取り外しができる仕様に改造しました。

もちろん線路も分割できるように敷設しなければいけないのですが、それはまた後で。

レイアウトはメンテナンスが全てと言っても過言ではありません。
何かあったときの備えは、プライベートでも仕事でも大切なこと。
見て見ぬ振りをしていると、後でとんでもないことになります。
特にわが家のレイアウトでは架線を設置するので、手が届かず架線のメンテナンスができなくなると命取りです。

つまりリスクマネジメントが大事ってこと。

次は架線をもっと頑丈にする仕組みを取り入れたいと思います。

ではまた!

再び大工 [レイアウト]

こんばんは。
楽しみにしていたGWもあっという間に終わってしまいました。
今年も恒例の奥多摩へ。
新緑と青い空がたまりませんでした。

子供が寝た後、奥多摩の夜は静けさに包まれます。
そこで、作業開始!
IMG_7165.JPG
ボール紙から路盤の型を切り出し、さらに
IMG_7166.JPG
線路の罫書き用の溝も作りました。

自宅に戻り、こいつを使ってベニヤに書き込み。
IMG_7172.JPG
こんな風にマスキングテープで固定して、罫書きをしていきます。
この路盤はループ部分ですから、同じ形がたくさんあるので型紙を利用した方が合理的。
IMG_7176.JPG
かなり見にくいですが、罫書き完了。

こいつをせっせと切り出します。
IMG_7178.JPG
じゃじゃーん!
ループの場所によって、若干のカスタマイズを施しています。
IMG_7179.JPG
さらに、型紙と路盤を裏返して
IMG_7180.JPG
重ねて
IMG_7181.JPG
裏にも罫書き。
なんで裏にも?と思いますよね。
答えは来週かな?

そして、切り出した路盤をループ専用の柱に設置していきます。
IMG_7182.JPG
わーぉ!
すごいことになってきました。
ここのループは7周して420mmの標高を稼ぎます。
今回はまだ固定せず、うまく設置できるかを確認中です。
IMG_7183.JPG
なかなかいいですよ。
IMG_7185.JPG
下からも覗き込んで、充実感を味わいます。

我ながら、すごいと思う出来栄えです。

まだまだ路盤を切り出さなくてはいけませんので、残りわずかな時間を使って、次の罫書きをやってしまいます。
IMG_7186.JPG
またしても見づらい…。
来週はこれを切り出さねば!

ではまた!


にほんブログ村 鉄道模型 レイアウト製作