So-net無料ブログ作成
検索選択
レイアウト ブログトップ
前の10件 | -

路盤延長 [レイアウト]

こんばんは。
今日は東京でも初の夏日を観測し、一日中半袖で過ごしました。
東アジアの某所では緊張が高まっていますが、不安になったところで何がどうなる訳でもないので、子供たちと遊んだりして過ごした週末。
もちろん屋根裏へもいつもどおり行きました。

IMG_7060.JPG
先週末に時間切れで途中となっていた梁の設置を進めていきます。
手前に見える2つを設置。
左側の角を画像のように切り取りました。

さらに、
IMG_7061.JPG
もはや梁とは言えないパーツを設置。

この左端の部分は、第2地下ヤードへと続く線路を敷設します。

IMG_7062.JPG
幅26mmの路盤を設置したところです。
かなり幅が狭いのですが、これでもNスケールの列車は悠々と通過できる幅です。

IMG_7063.JPG
今度はメインルートの路盤を地下ヤード連絡線の横に設置しました。

そしてレールを敷設していきます。
IMG_7065.JPG
地下ヤード連絡線は3‰の下り勾配。
IMG_7067.JPG
メインルートは駅から平行を保ちながら、やや幅を広げていきます。
ここにも架線を設置するため、架線柱の設置場所を確保するためです。
IMG_7066.JPG
コルクシートが途切れた場所からは大きく右側にカーブして、トンネルから地上に出ることになります。

架線を設置するはずが、作業の順序に阻まれてちっとも進みません。
来週はついに架線を設置できそうかな。

あ、気づけばもうフレキシブルレールがありません。
ここまですでに100本のフレキシブルレールを敷設していますから、線路の総延長はフレキシブルレールだけで80mということになります。
ポイントやクロスレールを含めるともっと長い。
レイアウトが完成したら線路の総延長は200mを超えるかもしれません。

とりあえず、追加のフレキシブルレールを注文しておきましょう。

ではまた!

順序が [レイアウト]

こんばんは。
本日は息子の入園式。
2人の子供がそれぞれ小学校と幼稚園に通うことになり、妻は約6年ぶりに1人の時間を毎日満喫できることになりました。
心からお疲れ様と言ってあげたいと思います。

さて、屋根裏レイアウトの建設ですが、現在トンネル内に架線を設置する作業に取り掛かっています。
IMG_6999.JPG
架線をどうやって吊るすか検討しました。
こんな感じの部分は、これ。
IMG_7002.JPG
ヒートンっていうらしいです。
IMG_7003.JPG
ラジオペンチで軽く広げて
IMG_7005.JPG
設置。
広げたヒートンに先端を丸めた針金を引っかける予定。
IMG_7007.JPG
どうですか?
イメージできます?

針金の架線にピンとこないと思いますが、トンネル内なので形にはこだわりません。
跳ね上がったパンタを受け止めてくれればそれでいいんです。
で、トンネル内の架線はこいつを使います。
IMG_7009.JPG
真鍮線。
真鍮ならハンダも使えるので便利かなぁと。

その前に、ここはヒートンが使えません。
IMG_7012.JPG
架線柱を作らなくては。
ここもトンネル内なので、架線柱の見た目は気にしません。
IMG_7016.JPG
真鍮線をなるべくまっすぐになるよう取り出します。
IMG_7017.JPG
そして、こんなものを作成。
IMG_7021.JPG
見にくいですが、矢印のところに設置しています。
IMG_7019.JPG
建築限界を確認して
IMG_7020.JPG
ゴム系接着剤を足に垂らして固定しました。

さて、この架線柱に真鍮線をハンダ付けして架線を設置しよう、と思ったのですが、順序を間違えると手が届かなくなる部分をやっつけないといけないことが発覚しました。
IMG_7023.JPG 
青い矢印の先にはすでにヒートンが設置してありますが、赤い矢印のところにもヒートンを設置しないといけません。
しかし、ここはループ2周目の路盤を固定する部分。
つまり、路盤の下にヒートンを設置することになります。
ループ2周目の路盤を設置するためには、その奥の線路を敷いてしまわないといけません。

文字での説明も限界?
IMG_6984.JPG
奥の2本は線路が途中で切れてるでしょ?
この部分を敷かないと、手前のループへは取りかかれないってことです。

で、奥の路盤を延長して線路を敷いてしまいます。
IMG_7053.JPG
新たに梁を設置して、制限時間…。

うーん、かなり複雑な工事になりそうだ。
ここまで手探りの作業だったので、考えてばかりで手はほとんど動いていません。
この先は立体的に線路が交錯する場所なので、3次元の図面を書かないともう頭がついてきません。

文字での説明もついてきてませんよね?

完成した画像をアップしないと読み取れないほど複雑なんです。

ではまた!

プチ修正 [レイアウト]

こんばんは。
今日は娘の小学校の入学式で仕事はお休みしました。
午前中で入学式は終わり、その後はもちろん屋根裏へ(笑)

今日は前々から気になっていたところの修正をすることにしました。
IMG_7010.JPG
ここです。
この部分はトンネルの中になるので、線路掃除は山を取りはずし式にして上からやるか、下から手を入れてやるかになります。
上からも下からも掃除ができるようにしたいと思います。
そうすると、路盤手前にあるT字の梁がかなり邪魔。
これを修正します。
IMG_7011.JPG
ばっさり切断しました。
これで手を入れる部分が広くなりました。
しかし、このままだと梁が不安定です。

そのため張りを固定する梁を取り付けます。
IMG_7012.JPG
これで頑丈な梁ができました。
そして、手を入れる空間が完成。

メンテナンス性の確保はやりすぎということはありませんから、今後もこうした修正をしていきたいと思います。

ではまた!

とりあえず [レイアウト]

こんばんは。
4月になりましたが、寒い日が続き桜もまだまだな感じです。
娘の入学式までには満開になっていてほしいと思う今日この頃です。

レイアウト製作の方はというと、とりあえず的な作業を進めています。
IMG_6975.JPG
第1期とは反対側の線路をつなげていきます。
路盤下でこんがらかってるのはフィーダー線。
コマンドステーションまで約3mの距離があるので、ここだけで青白合わせて30mのビニール線を使っています。
前に購入した青白それぞれ20mがなくなったので、新たに40mずつを追加しました。
フィーダー線だけで200mを越えそうな勢いです。
IMG_6976.JPG
続いての作業はループ線の線路位置確認。
ループ線は当初の設計では最もカーブがきつい部分の内側がR270、複線間隔を30mmに設定して外側がR300としていました。
でも、この間隔だと長いヨーロッパ車のすれ違いは結構ギリギリだったと記憶しています。

IMG_6977.JPG
そこで、テストを実施。
右端は複線間隔30mm、左側へ進むにつれて間隔を拡げ中心部で35mm、左端は40mmになっています。
これで車輌を置いてテストです。
間隔を拡げると離合に余裕ができる反面、外側の建築限界に迫っていきます。

IMG_6978.JPG
間隔35mmの場所で外側建築限界をクリア。
離合も余裕がありそうです。
IMG_6979.JPG
間隔30mm部分では離合がかなりシビアな状態に。
それでもなんとか大丈夫そう。
IMG_6980.JPG
車輌を替えてみると、さらにシビアに。

てことで、ループ線の複線間隔は35mmにすることにしました。

IMG_6982.JPG
複線間隔が決まったのでループ線へつながる部分の路盤にコルクシートを敷いて
IMG_6981.JPG
線路を敷きます。

IMG_6984.JPG
ここまで完成。

さて、こっからが大変。
今見えている線路は全てトンネル内。
しかもループは7周して床からの高さは920mmに達します。

わが家では架線を張るので、ループが完成する前に奥の部分に架線を張らなければ手遅れになります。

トンネル内に架線?と思われる方もいらっしゃると思いますが、ヨーロッパ型車輌のパンタは架線集電に対応しているため、パンタはスプリングで跳ね上がって実際に架線を捉えてしまうんです。
だから見えないトンネル内にもしっかりとした架線を張る必要があるんですね。

あーめんどくさい。
でもやるんです。
架線を捉えたパンタを上下させながら走る姿を実現するためにね。

ではまた!

第2期はじめました [レイアウト]

こんばんは。
インフルエンザの嵐が去り、仕事も少し落ち着きました。

ということで、はじめますか。
レイアウト製作。

でも、その前に、やっぱり子供たちを遊びに連れて行かなくちゃ!
昨日は子供たちと一日中遊び、今日は午前中を子供たちと過ごしました。
IMG_6876.JPG
楽しんでくれたかな。

で、午後は屋根裏へ。
IMG_6895.JPG
ストラクチャーを片付け、ダンボールを片付け、材木を端っこによせて、すっかりきれいになった左半分。



IMG_6896.JPG
不要なランナーから切り離したパーツの山。
使えそうなものもあれば、そうでないものもありますが、とりあえず取っておく。

そしてついに第2期へ突入です。
IMG_6897.JPG
中央駅の奥に線路をつなげる準備をしていきました。
コルクシートを敷く前にフレキシブルレールを仮敷設してカーブの状況を確認します。
結構な急カーブに見えたので、車輌の通過テストを実施。
曲がり切れるのか?
IMG_6898.JPG
意外にあっさりクリア。

こちらは?
IMG_6899.JPG
ICEは車間が狭いので不安でしたが、大丈夫そうです。
IMG_6909.JPG
車輌間にわずかな隙間があるので、問題ない感じですね。
あーよかった。

中央駅のゆったりとしたカーブに見慣れているので、ここはかなり急カーブだと思ってましたが、測ってみるとR280より若干緩やかでした。
人間の感覚はあてになりませんね(笑)
IMG_6911.JPG
ほら、こうして見ると普通でしょ?

ではまた!

忘れてた [レイアウト]

こんばんは。
忘れていました。

カント…。

列車が車体を傾けながら高速でカーブを抜けていく姿ってのは、そりゃーもうすごく絵になる。
これを再現しないと一生後悔することになります。

そんな大事なことを忘れてしまった。
やれやれです。

IMG_6804.JPG
とりあえずここから。

IMG_6806.JPG
0.5mm厚のプラ板を切り出して
IMG_6810.JPG
線路をコルク道床から少しずつ剥がします。
全部じゃなくて、内側のレールから外側にかけての部分。
全部じゃないけど、ほぼ全部。
IMG_6811.JPG
切り出したプラ板に曲げ癖をつけました。
続いて、線路の外側に接着剤を少しだけ塗っておきます。
IMG_6812.JPG
接着剤の中にプラ板を潜らせます。
IMG_6813.JPG
そしてピンセットで枕木の下に押し込んで
IMG_6814.JPG
完成です。

Before
IMG_6805.JPG
After
IMG_6809.JPG
…。
微妙すぎ?
まぁ、こんなもんでしょ。

さて、レイアウト製作第二期を開始する前に環境整備をしなくてはいけません。
IMG_6803.JPG
左半分にあるストラクチャーや工具類、材木、ダンボール箱を移動します。
IMG_6815.JPG
街エリアにベニヤ板を置いて、まずはストラクチャーを移動。
1800×900のスペースに乗りきらないストラクチャー。
全部移動するのに結構時間かかったし、ずっと腰を曲げてるからダメージもハンパない。
今日の環境整備はこれにて終了。

IMG_6816.JPG
しかし、よくまぁこんなに作ったもんだ。
しかも、まだ作ってないストラクチャー達が箱の中で出番を待ってます…。
作りきれるのか、使いきれるのか、どちらも心配(笑)
IMG_6818.JPG
給水塔ごしの中央駅。
シビれるぜ。

ではまた!

第一期終了 [レイアウト]

こんばんは
先週終えることのできなかつた線路の敷設を続けます。

IMG_6772.JPG
まずはフレキシブルレールを仮敷設してカーブの状況を確認しました。
IMG_6773.JPG
フレキシブルレールの脇に置いてあるのはTOMIXのR280カーブレールです。
ご覧の通り、最もカーブのきついところでR280ほどとなりました。
結構きついカーブですが、ベニヤの接続部からトンネルに入り、急カーブを隠すプランです。

IMG_6786.JPG
そして、フィーダー線を接続するための目印をつけます。
ちょうど枕木が途切れる部分にしたので、位置がバラバラ。
IMG_6776.JPG
つぎに、フレキシブルレール同士の接続が曲線部にならないようカットして調整します。

IMG_6777.JPG
ニッパーで強引にカットするので、断面を磨きます。
IMG_6778.JPG
もちろん電動工具で。

準備ができたのでフィーダー線設置作業。
IMG_6779.JPG
ホームセンターで購入したビニール被膜銅線の処理から。
IMG_6780.JPG
被膜を剥いて
IMG_6781.JPG
ハンダコーティング。
IMG_6782.JPG
レールの裏にもハンダを盛りつけ。
IMG_6783.JPG
ハンダ着け終了。
IMG_6784.JPG
フィーダー線を路盤に通して線路を敷設します。
うーん、このフィーダー線の付け方、鉄道模型のベテランぽいですね(笑)

続いて、こちらの作業。
IMG_6787.JPG
先日ジュンパパさんからカックン接続を防ぐのであれば、レールに曲げ癖をつけた方がよいとのアドバイスをいただきました。
しかし、難しい…。
先端だけ癖をつけるには硬すぎ。
で、こんないびつになりました。
まぁ、とりあえずこれでいきましょう。

道床に曲げ癖をつけたレールを差し込みます。
IMG_6789.JPG
無理やり押し込んだら矢印部分の犬釘が吹き飛んでいきました…。
手前のユニジョイナーに支えられているので、今のところ問題なさそうですが、これは手当が必要な気がしますね。

課題は課題として置いといて、作業を続行。

目標の複々線敷設を完了しました。
IMG_6792.JPG
IMG_6793.JPG
これだけ長いコースの複々線だと迫力がありますね。
でも、ここはほぼトンネルの中。
もったいない気もしますが、ここには憧れの大規模な街を作るのです。

さて、このレイアウトは構造的に3つの区画から成っています。
その1つ、街エリアの基礎が完成したことになります。
まだ細かい作業は残っていますが、タイトルどおり第一期終了です。

次から第二期となりますが、そのまえに屋根裏の環境整備をしてからですね。

では、第一期、街エリアをご覧ください。
IMG_6791.JPG
IMG_6790.JPG
中央にぽっかり開いた部分と奥の線路上は全て街になります。

ふぅ、やっとここまで来たかぁ。

ではまた!

コルク道床 [レイアウト]

こんばんは。
先週仕上げた複々線の本線路盤にコルク道床を敷いて、さらにフレキシブルレールを敷いていきます。

その前に、ここを加工しました。
IMG_6757.JPG
駅からぐるりとオーバルして、駅の端っこと交差する部分です。
この先には陸橋を設置するのですが、橋の下の線路をメンテナンスするために陸橋は着脱式にします。
てことは線路も簡単に取り外すことができるように作らなければいけません。
IMG_6759.JPG
ユニジョイナーをスライドできるようにユニトラック道床を加工して設置。
陸橋側にも同じようにユニトラック道床を設置すれば、簡単に線路を切り離すことができます。

続いてコルク道床。
IMG_6758.JPG
平日、仕事から帰ってコルクシートをコツコツと13mm幅に切り出しました。
1.5mm厚と2mm厚の2種類。

IMG_6761.JPG
木工ボンドを塗り塗りして
IMG_6762.JPG
ペタッ
IMG_6763.JPG
線路1本につき、13mm幅コルク道床を2本使います。
コルクは柔らかいので、こんな風にカーブさせても歪むことなく路盤に敷くことができます。

で、これをひたすら繰り返して
IMG_6768.JPG
先週設置した路盤全てに敷き詰めました。

結構な時間がかかります。

しかも
IMG_6765.JPG
この場所。
ご覧のとおり、すごく狭いし頭は梁にぶつかるし、とにかく作業がやりにくいったらありません。
おかげでこんなことに…。
IMG_6766.JPG
木工ボンドが本線下の地下ヤードにポタッ。
細心の注意を払っても、狭い場所だと自由が効かずこうなります。

そんなわけで、今回はフレキシブルレールを敷く前に制限時間となりました。
本当はレールを敷き終わって、来週から新たな作業に取りかかりたかったんですけどね。

まぁ、焦らず着実に。

ではまた!

本線着工 [レイアウト]

こんばんは。
ようやくレイアウトの本線に着工しました。

まずは設置済みの路盤に罫書きをします。
IMG_6756.JPG
この部分。
IMG_6741.JPG
駅の曲線がなだらかなため、ものすごい急カーブに見えます。
IMG_6742.JPG
とりあえず、フリーハンドであたりをつけます。
R300程度。

続いてその先にあるカーブの路盤を切り出して仮置きします。
大きなベニヤはもったいないので、切れ端を利用し2つのパーツをつなげることに。
IMG_6744.JPG
この2つのパーツを45度ずつに切り出して
IMG_6746.JPG
梁に合わせます。
しかし、
IMG_6748.JPG
真ん中はどうしても角度が合いません。
このままでは固定できないので、こんな物を大量生産。
IMG_6745.JPG
積木じゃないですよ。

こうします。
IMG_6750.JPG
そして、路盤を固定。
IMG_6751.JPG
こんな風に。

IMG_6755.JPG
さらに路盤を延長。

ヤードの上です。
IMG_6753.JPG
屋根の梁をよけながら、複々線を敷ける幅でつなげていきます。
IMG_6752.JPG
駅の端で交差する部分まで延長しました。
ここまで2‰で登って60mmの標高を稼いでいます。

今週はここで制限時間。

来週はコルクシート敷いて、フレキシブルレールを設置していく予定です。
それが終われば第1ステージが終了し、新たな領域へ突入。

ではまた!

2段構造 [レイアウト]

こんばんは。
今週末はお出かけの予定があったのであまり作業時間を取れませんでした。
それでも、少ない時間を活用して進めます。
IMG_6686.JPG
これはヤードの線路のジョイント部分。
TOMIXのジョイントで接続していますが、経年で確実に通電不良が発生してしまいます。

わが家ではジョイントにプラスしてハンダで通電を確保する作戦としました。
IMG_6687.JPG
線路の外側だけハンダを盛ります。
ヤニ入りハンダなので、うまくやるとツーっとハンダが線路に馴染みます。
しかし、線路面にもハンダがはみ出すので、はみ出た分を耐水ペーパーで滑らかに仕上げていきます。
IMG_6689.JPG
こんな風にね。

そして走行テストをして
IMG_6690.JPG
違和感なく車輌が通過できれば完成です。

これを12本分、16ヶ所やりました。
数が合わないのはヤードの長さによってジョイントが2ヶ所のところと3ヶ所のところがあるからです。

この作業、手前の線路は見えるのですが、奥の線路は壁側なので見ることができません。

そこで、100均で手鏡を買ってきて鏡越しにハンダを盛っています。
IMG_6685.JPG
作業風景はさながらオペって感じです。

さて、全ての線路を仕上げ、ようやく本線を敷く準備が整いました。
IMG_6698.JPG
ここに本線用路盤を置く梁を追加していきます。
IMG_6700.JPG
こんな風に。
梁の太さは20mm。
わが家では通常太さ50mmで梁を設置しているのですが、ここは2段構造になるため、ヤードに手が入るよう極力クリアランスを確保しなければなりません。
強度とクリアランスの両立を図るため、20mmにしてみました。
ここはメインルートとアルペンルートの複々線を設置するだけの場所なのでこれで十分という結論です。
IMG_6699.JPG
こちら側にも梁を設置していきます。
IMG_6701.JPG
この部分の本線は2‰の登り勾配ですから、ヤード奥へ行くほどクリアランスに余裕が出てきます。
IMG_6702.JPG
下から見るとこんな感じ。
なんとか手が入るクリアランスですが、ここに列車がずらりと並ぶと、さすがに苦戦しそうな幅です。
それでも、可能な限り後々のことを考えて作っていきます。

それでは本線の路盤位置を確定していきます。
IMG_6703.JPG
問題はここ。
本当は一番奥に路盤を設置したいのですが、屋根の梁が一部突き出ているところがあるので、この部分をクリアできる位置に路盤を設置しなければ成立しません。
しかも、架線を張る予定なので、余裕が必要になります。
IMG_6704.JPG
ここが限界のようです。
この位置を勘案して路盤のベニアを切り出そうと思ったところで制限時間。

このあと甥っ子の誕生日会のため、お出かけでした。

なんとも取り留めのない内容になってしまいましたが、今週も頑張って作ったよ!というアピールです。

来週末は息子の3歳の誕生日。
しばらくはのんびり作業かなぁ。

ではまた!

前の10件 | - レイアウト ブログトップ