So-net無料ブログ作成
レイアウト ブログトップ
前の10件 | -

ループ線詰め作業 [レイアウト]

おはようございます。
週末と言うのはあっという間に終わりますね。
週休3日は欲しいなぁと思う今日この頃です。

今回はループ線の最上段から鉄橋に繋がる線路の敷設をやりました。
まずは先週途中で終わった路盤から手を付けます。
6A881974-69E6-4B1B-88FE-8AE2045701A7.jpeg
コルクシートをボンドで貼り付け乾燥待ち。

乾燥したら一部をヤスリで削り、鉄橋との接続部へ向かってコルクシートを徐々に薄くしていきます。
8E101726-BF3D-485B-9C0D-321AE10257EE.jpeg
この路盤はループ線の最後の登り勾配に当たる部分で、鉄橋からは平行になります。
鉄橋手前で緩和した勾配になるように設置はしますが、どうしても最後は「へ」の字になってしまいます。
まして、鉄橋との接続部は線路も接続部になるため「へ」の字は避けられません。
そのままだとダブルデッカーのような床が低い車両は腹を擦ってしまうことになります。
そこで、このようにコルクシートで勾配をさらに緩和することにしたのです。
73449980-3D83-4A8A-95D9-C211E97D55E3.jpeg
手前は削ったもの、奥は削ってないもの。
この画像ではわかりにくいですが、現物もよく見ないとわかりにくいです。
それぐらい微妙な調整をしないと後で泣くことに、、、
C45824A5-41A8-4D09-8DFD-4F98BFAD9DAA.jpeg
末端がちょいと汚いですが、こんな感じ。

続いてフレキシブルレールにフィーダー線をハンダ付けしました。
53C9D9B7-419E-4C37-B767-484C8B04373F.jpeg
ループ線最上段まで引き伸ばしたフィーダー線をそのままハンダ付けする予定でしたが、ループ内での作業は大変なので、後から繋ぐ作戦に変更です。
70E1C2FC-EC8A-44CA-9EDB-2B761E236AB8.jpeg
ハンダでガッチリ繋げて熱収縮ゴムでコーティング。
7BA13156-B88D-4AA0-8841-C2F6B54F67E0.jpeg
フィーダー線は無駄なく綺麗に仕上がりました。
03011788-67A4-4032-90E6-7BB16BE2EBB0.jpeg
ラストの部分の線路は慎重に仕上げたいと思います。
橋部分との線路の接続にはKATOのジョイントを使う予定ですし、直線部分なので左右のズレは心配ありません。
しかし、勾配から平行になる部分なので上下のズレが気になります。
であれば、ハンダで固定するのみです。
2DFF1DB9-7585-404D-B997-9F59DE9D022A.jpeg
ジョイントを収める場所を確保できる位置に真鍮ネジを設置し、ここに線路を直接ハンダ付けしてしまいます。
00819F03-24E1-4E4F-9718-80B1A6314BD4.jpeg
まずはゴム系接着剤でレールを固定します。
末端部分が浮き上がらないよう枕木を差し込んでピンで押さえつけ。
この状態でハンダを流し込みます。

あぁ、ここで時間切れ、、、
またしても中途半端なところで終了。
こんな些細な作業も結構時間かかるんですよね。

ではまた。

nice!(8)  コメント(6) 

ついにここまで [レイアウト]

こんばんは。
今日は久々の雨でした。
そして私の冬休みも今日で最後。
4日5日と休みを取ったので大型連休を満喫していました。

家族サービスの傍でレイアウトの建設も進みます。
ここのところずっとストラクチャー製作ばかりしていたのでレイアウトの本格的な作業も久しぶりとなります。

たっぷりある時間でこんなものを作りました。
64261DE2-0DCD-4B15-B7C6-2C37AA8EAD7C.jpeg
なにやら複雑な構造。
同じようなものを
AD254EB1-56EF-42C9-8C44-AF90B098ECF3.jpeg
もう一つ。

さて、なんでしょう。
想像つきますか?

答えは
0196E2AA-D205-41E1-848C-9A73A10C5B48.jpeg
これ!
前に作った鉄橋の土台でした。
見事に左右平行を実現しています。
我ながら見事な完成度(笑)
EF7487D9-575C-43AA-8A1E-A75ACE8A56C7.jpeg
コントロールセンターからはこのように見えます。
これをやりたくて7周ループを作ったわけです。
レイアウトの地面からは420mm、床からは870mmの高さ。
ここを駆け抜ける列車を下から見上げることになります。
23239211-8321-4921-8BC8-9FD49F3E60CE.jpeg
俯瞰するとこの迫力!

そうすると、やりたくなるのはこれ。
91FA0AA4-4C0A-4AD2-ABB6-88984FE16F88.jpeg
おおおっ、たまらん!
6EE0C097-7FCD-4ACE-8C26-AADC0A02759D.jpeg
土台の部分は橋の構造に合わせて斜面を作り込みます。
寸分違わぬ土台に満足です。

さて、今度はループ線から橋へと続く路盤を切り出します。
5EEBD452-7BFC-46B6-8B49-7A9F983B2102.jpeg
この部分です。
03CD01B0-93A4-4A4A-9BD9-67C4E78322DB.jpeg
現物合わせで寸法を取り切り出しました。
線路を置いて路盤と橋の高さを見ます。
955CCA00-B03D-4E15-BAE7-575441F31A14.jpeg
若干路盤の方が高いようです。
この橋は橋の奥のメンテナンスをやりやすいように脱着式にしたいと考えているので、路盤部分と橋部分のレールも切り離し出来るようにしたいと思います。
そうすると、完全な平坦が求められます。
328AF977-4F2E-4338-91BB-C0D220D47BBF.jpeg
こうして路盤の基礎を削ること数回。
F78678B5-0873-4671-A6ED-E36AC91CD646.jpeg
ほぼ平坦を確保しました。
9CFB981D-9B99-4EE2-8EE8-BB1557E6AF98.jpeg
線路を置いて中心線を罫書きます。
複線間隔は29mです。
FCB28845-DCFB-4416-9F42-265E7B5D91CB.jpeg
罫書きをループ線まで延長して、コルクシートを貼っていきたいところで時間切れ。

この続きはまた来週。
ついにここまできたなぁ。

ではまた!

nice!(7)  コメント(9) 

信号所のイメージ [レイアウト]

こんばんは。
せっせと作ったストラクチャーの配置イメージでもやってみようと屋根裏へ。
92DD76C7-92FA-4507-A753-A303ED984A5D.jpeg
この信号所をレイアウトのどこに設置するか試してみました。
7415FFCE-5551-4F6D-8972-0851BF9106E5.jpeg
ここはちょうど信号所の足が収まるので、車輌の通過に干渉しないかチェックします。
42D18BE3-9855-4D0B-8989-C07014BB3224.jpeg
ここはちょっとギリギリですが、なんとかクリア。
21E1BC26-A281-4435-BC65-382D34F5EFB0.jpeg
こっちは楽々クリア。
410150C3-52E4-4A6E-B673-FFFD86FE48D7.jpeg
ここも余裕でクリア。
BE62B117-5141-4003-98D8-65EBEA4ADFE8.jpeg
こんな感じでいいかなぁ。

と、思ったけど、この位置より奥というのもありです。
937E26D6-96EA-4D2A-AAB6-2371DCCB3A7F.jpeg
ここならホームとかぶることもないし、列車との間隔も余裕があります。

いずれにしても、改造なしでレイアウトに使えることを確認。
よかったよかった。

今年も残すところわずかとなりました。
今年1年nice、コメント下さった皆さま、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

では、良いお年を!

nice!(6)  コメント(9) 

最高到達点 [レイアウト]

おはようございます。
しばらくストラクチャー製作に傾注していましたが、たまには屋根裏もやっています。
ようやく投稿できる程度の成果が現れたのでここらで1つ。

今回は完成したループ線のさらに上に新規レーティッシュラインを追加する工程です。
8A618B93-9D27-45B3-AAF9-AC135CA01F6C.jpeg
20763FBF-3E87-43AE-BD16-9BC56C8947C7.jpeg
8BF10144-5DAE-4550-8E7D-125DE7ED195B.jpeg
8DB756BE-C5DD-4FC3-8A31-7916BBDE6973.jpeg
ループ線の路盤を支えるこの4枚のベニヤにレーティッシュラインの路盤をとおす穴を開けます。
うっすらと罫書きしてある部分です。

しかし、このまま穴を開ける作業をすると大量のおが屑でループ線が大変なことになりかねません。
5170F9A3-EA49-490F-8D66-188EA3438BBB.jpeg
そこで、画像のようにビニールでおが屑対策。
5E4CF284-E47A-4BD4-8628-B096C2615D58.jpeg
こんな感じにおが屑からループ線を守ります。

この狭い空間での穴あけ作業はなかなか難易度が高いです。
0D1FAE6D-C23F-4DD6-9F72-2D67B45862BA.jpeg
無事に4ヶ所の穴あけに成功しました。

ここは完成すると当レイアウトの最高到達点484mmとなります。
床面からはなんと934mm。

さて、路盤の形をどうやって決めようか。
追加した部分なだけに穴を開けた位置は精密とは言えません。

現物合わせで厚紙から型を作ってみることにしました。
C7395B40-80AD-4258-ABE4-335AFA46F581.jpeg
切ったり繋げたり、試行錯誤しながらも型の切り抜きに成功。
これを元に路盤を切り出し。
E9A8CB2D-E954-4F6E-9076-0EF7C7C61B11.jpeg
簡単に路盤を設置できたように見えますが、何度も微調整を繰り返した結果です。
カーブのラインはやや微妙ですが、トンネル内なので合格点としています。

次は右半分の路盤を作って線路を敷かなければいけません。

勢いで追加したレーティッシュラインですが、予想どおり工事の遅延に拍車がかかっています。

ではまた!

nice!(7)  コメント(7) 

着々と [レイアウト]

こんばんは。
今日もレイアウト製作に励みました。
先日から取り掛かっているレーティッシュルートの建設です。
土曜日は路盤を切り出して様子を見ましたが、いい感じに仕上がったので線路を敷いていきます。
IMG_8049.JPG
奥の方はとても狭いので、あらかじめ路盤に線路を敷いてから設置をしました。
手前から左にカーブする部分はフレキシブルレールの接続部分があり、枕木が途切れてしまっています。
IMG_8050.JPG
ここに枕木を3分割して接着していきます。
IMG_8051.JPG
どうでしょう。
バラストを敷けばほぼわからなくなりそうです。
IMG_8052.JPG
枕木を補填して路盤を固定しました。

続いて、梁を切り出して設置します。
IMG_8048.JPG
なんとも複雑な形の梁になりました。
この梁には単線2本と複線2本が載ることになります。
IMG_8053.JPG
レーティッシュルートを手前の方に延長していきます。
あーあ、こんなに複雑にしてしまって本当に大丈夫だろうか。
IMG_8054.JPG
レーティッシュルートはこの部分でヘアピンカーブ。
うまいこといきました。
単線は楽だなぁ。

今日はここまで。

ではまた。

nice!(6)  コメント(6) 

レーティッシュライン [レイアウト]

こんばんは。
先週追加することを決定したレーティッシュラインの工事に取りかかりました。
すでに土台を設置してあるところから着工します。
IMG_8040.JPG
まずは手が届きにくいこの場所から。
ここはくるりと回って標高を稼ぐところです。
R200の罫書きをしたベニヤを置いて確認作業。
IMG_8041.JPG
手前から直線でこんな風につながります。
IMG_8042.JPG
概ねのラインが決まったら、路盤を支える橋脚を切り出して設置。
IMG_8043.JPG
路盤を切り出して橋脚の上に。
この急カーブは通常のヨーロッパ車両では通過できませんが、KATOの氷河特急は楽勝です。
IMG_8047.JPG
直線部分の路盤を切り出してUターン部分に繋げました。
路盤裏に薄いベニヤを木工ボンドで接着しています。
乾くまで洗濯バサミで固定。

明日は息子の運動会。

てことで今日はここまで。

ではまた。

nice!(3)  コメント(7) 

レーティッシュ鉄道 [レイアウト]

こんばんは。
先日、氷河特急のカプラー交換をしたとき、専用のルートがないとダメだなぁと思いました。
最初にレイアウトの図面を書いたときは単線のローカルルートがあったので、氷河特急はそのローカル線を借りて走らせればいいやと考えていたのです。
しかし、ローカルルートは廃止してしまいました。
それ以来、氷河特急は線路なき子に。
1ヶ月ほど悩んだ末、当レイアウトにもレーティッシュ鉄道的なルートを作る決意をしました。
スペックは単線、最小半径R180、最大勾配4‰、最大工程差はアルペンルート以上(420mm以上)です。
そして、有名なランドヴァッサー橋を再現します。
ということで、屋根裏の測量をしながら図面の手直しをしていきました。
IMG_8013.JPG
これは以前の図面です。
メインルートとアルペンルートしかありません。
IMG_8015.JPG
そこに、レーティッシュルートを追加しました。
ごちゃごちゃしているのわかりますか?
IMG_8031.JPG
赤い矢印の方向に第2ループを100mm移動。
緑矢印がレーティッシュルートです。
第2ループは先日完成した第1ループで言うところの6周目の高さからループに入ります。
その内側にレーティッシュルートのループを追加しました。
ループ内側が狭くなりますが、この高さでは私の肩の高さより高いのできっと大丈夫だと思います。
氷河特急は元々高山鉄道ですから、アルペンルートよりも高いところを走らせたくて無理やり第2ループの内側に組み込んでしまったということです。

先ほどの新しい図面では見にくいと思いますので、レーティッシュルートの全景を紹介します。
IMG_8032.JPG
わかりますかね?
緑矢は登り勾配、赤矢は下り勾配です。

IMG_8033.JPG
ここがかの有名なランドヴァッサー橋を再現するところ。
IMG_8034.JPG
ここは第1ループのさらに上。
高原駅を設置しようと思っています。
アルペンルートの標高420mmより64mm高い484mmが最高到達点です。
まぁ、なんとかアルペンルートより高いところまで登らせることができたって感じですかね。
IMG_8035.JPG
それと、矢印の方向にレイアウトを拡張します。
ただでさえ大きいレイアウトですが、この下に約900mmほどスペースを拡大しようと思います。
たった900mmですが、その効果は計り知れません。
私の想像では。
ここまでは土曜日の出来事。

一晩たって、2ヶ所見直しをしました。
IMG_8036.JPG
ランドヴァッサー橋の実物は単線なのですが、このレイアウトでは複線にすることにしました。
往路復路からなる複線です。

当初案では、登りをランドヴァッサー橋、下りをその奥のトンネル内としましたが、このプランでは橋の向こう側にすぐ山肌を作らなくてはいけません。
しかし、往路と復路をまとめることで、橋の向こう側がオープンスペースとなり、橋の高さが際立ちます。
橋脚の高さは250mm以上となる予定です。
実物換算だと40m以上。
結構な高さになります。

IMG_8037.JPG
それから、ここも微調整しました。
枠からはみ出ていますが、屋根裏の梁の上に線路が載っかることになりました。
その方がメインルートとアルペンルートの上を直線で交差できるので、メンテナンス性が向上します。

で、その場所へ続く部分の基礎工事を少々。
IMG_8023.JPG
IMG_8024.JPG
線路が通るルートを確保していきます。
IMG_8027.JPG
IMG_8028.JPG
この穴に路盤を通してレーティッシュルートを建設したいと思います。

さぁ、ただでさえ遅れ気味のレイアウト製作が、これでさらに遅れることになってしまいました。
皆さん、呆れないで応援よろしくお願いいたします。
10年後にはあっと驚くレイアウトを完成させますので!

ではまた!

追伸、10年後に完成するかはお約束できません(笑)

nice!(7)  コメント(7) 

次はどこから? [レイアウト]

こんばんは。
先週、ついにループ線を完成させ、次なるステップに取りかかろうと言うところですが、どっからやるのかハッキリ決めていません。

ループ線を登りきった先を進める?

でも、その前にやることがありました。
IMG_8008.JPG
7周目の架線です。
なぜなら、
IMG_8011.JPG
矢印の先に路盤を設置するためには、その下の線路に架線を設置しておかないといけないからです。
これまで何度もありましたが、ヨーロッパ型のバネで跳ね上がるパンタ対応架線を設置するってのは、思った以上に大変です。
まぁ、仕方ないですね。
始めちゃったんだから、やるっきゃない。

そして、架線を設置したので、この先に進むと思いきや。
IMG_8012.JPG
ここから攻めることにしました。
ここは駅の左側からぐるりと回ってきたメインルートとアルペンルートの複々線部分です。
矢印のように、8の字の交差する部分。
ここは、ご覧とのとおりポイントの上に橋を架けるので、ポイント交換や線路のメンテナンスがやりやすいように橋を取り外し式にしたいと思います。

橋は既製品を使わず、コンクリート橋を自作します。
まぁ、自作といってもベニヤにちょっとしたデコレーションを施して、橋脚をつけるだけです。
ずっとモデルとなるコンクリート橋を探しているんですが、これというものに出会えていません。

まずは路盤の切り出しをするための下準備。
IMG_8009.JPG
デカイボール紙を置いて、フリーハンドで路盤のイメージを書き込み、型を作ります。
IMG_8010.JPG
薄っすらとラインを書き込みました。

ここで、病み上がり息子がおうち帰りたいと泣きだし、作業終了です。

うーん、せめて型だけでも切り抜きたかった。
致し方ないです。

ではまた!

nice!(7)  コメント(10) 

ループ完了 [レイアウト]

こんばんは。
しばらく間があいてしまいました。
仕事の関係で屋根裏へは行けず、作業は停滞していました。
でも、この週末はしっかりやりましたよ!
IMG_7948.JPG
これは第二の分割式レールです。
フィーダー線をつないでいます。
IMG_7949.JPG
接続部もこのようにカチッとなりました。
2度目なので楽勝。
IMG_7951.JPG
フィーダー線は前よりシンプルにまとめたいと思います。
IMG_7954.JPG
スッキリとまとまりました。
IMG_7956.JPG
下のフィーダーとは打って変わってシンプルです。
やはり経験はものを言いますね。

そして、ついにループ線の完成です。
IMG_7984.JPG
じゃじゃじゃーん!
長い道のりでしたが、ようやく7周ループができあがりました。
IMG_7987.JPG
横から見ると圧巻です。

IMG_7988.JPG
ループの最上段からの眺め。
高い!

ではまた!

nice!(9)  コメント(9) 

まだループ [レイアウト]

こんにちは。
もう、ずっとループばかりな気がします。
まさに、ループ入りです。
作ってるのはループ。
作業もループ。
ブログもループ。
ループと言う単語に嫌気がさしてきます(笑)

でも負けやしませんよ。
ここがレイアウト最大の山場ですから、ここを越えてしまえば楽になるはず。
IMG_7714.JPG
これは先週の成果。
3周目まで線路を敷設して、4周目の路盤に取りかかったところです。

ここからまずはこうなりました。
IMG_7768.JPG
4周目の線路を敷設して、5周目の路盤へ。

しかし、ここでループ線の建設前にやらなければいけないものが再び現れました…。
チクショー!
この連休でループから脱出できると思ってたのにぃ。

IMG_7789.JPG
緑矢はループ線とシンクロする線路です。
ループ線が往路なら、これは復路。
つまり、登った分だけ降ってくる線、または、降った分だけ登ってくる線。
要するに同じアルペンルートの一部です。

ここに線路と架線を設置しないと、ループ線が前に進めません。

まずは、左を向いた赤矢の先に路盤を設置していきます。
IMG_7770.JPG
ここはレイアウトの一番奥になる場所。
山の中にしてしまうか、谷を作って線路を露出させるか、悩み中の場所です。
どちらにしても、まずは路盤を設置。
IMG_7771.JPG
路盤は概ね300mm間隔で固定するようにしていますが、この場所は屋根裏の構造上、600mm間隔になってしまっています。
路盤のベニヤが反りだしたら大変。
IMG_7774.JPG
てことで、裏に梁を入れてベニヤを強化してみました。

IMG_7772.JPG
ふぅ、暑いわけだぜ。

IMG_7773.JPG
続いて、反対側の赤矢の先に路盤を設置。
ここは露出する場所です。緩やかなカーブを描くのが結構難しかったです。
納得の出来ではありませんが、まぁ、こんなところでしょう。

連休初日はここまで。

2日目は
IMG_7777.JPG
新たに設置した路盤に線路を敷設し、ループ線5周目の路盤を延長しました。

次は架線を設置しますが、さて、どうしたもんか。
IMG_7778.JPG
路盤がタイトすぎて架線柱を設置する場所がない…。

IMG_7775.JPG
早くもこの気温…。

屋根裏にいたら死んでしまうので、架線設置に必要なものを買いに行ってきました。
IMG_7780.JPG
これを
IMG_7779.JPG
こんな風に加工して
IMG_7781.JPG
くっつける。

連休2日目終了。

3日目
買ってきた2mm径の真鍮丸棒を直角に曲げる。
IMG_7783.JPG
でもって
IMG_7785.JPG
架線柱の出来上がり。

ループ内側に入って線路を磨くとき、架線柱が邪魔になるので片足にしてみました。

架線はいつもの0.9mm真鍮線。
IMG_7787.JPG
パンタの通過テスト。
外側の架線を張る前に3日目終了。

妻と子供を迎えに行かなくてはいけません。

IMG_7788.JPG
今回の成果です。
ループは5周目まで完成。

あーあ、まだまだ完成しませんね。
なんで完成しないんだろう。

ではまた!

nice!(4)  コメント(7) 
前の10件 | - レイアウト ブログトップ