So-net無料ブログ作成
ストラクチャー ブログトップ
前の10件 | -

クレーン [ストラクチャー]

こんばんは。
今週は貨物用のクレーンを紹介します。
5DFD3AF6-B270-4DB8-B6E4-6FA19B94C530.jpeg
フォルマーのこれ。
もう何年前になるでしょうか。
天賞堂で見つけて即買いです。

貨物列車が大好きな私は、当然、貨物列車が映えるシーンも好きです。
そしたらこの手のクレーンは絶対に必要となります。
日本でも保線用の機材が置いてある引込線などで見ることができると思いますが、ヨーロッパも同じなんですね。

さて、いつもどおり塗装して組んでみました。
4DAEAC82-8737-4F08-AA88-A6352B96E0A5.jpeg
あっという間に完成。
ご覧のとおり大して複雑なものではありません。
しかし、全てが繊細なパーツで構成されており、接着部も線ではなく、ほとんどが点です。
けっして簡単なキットとは言えないかもしれませんが、丁寧に組み上げれば難しいものでもありません。

いいですね。
この鉄骨丸出しな感じが。
42317243-65AD-4682-8D38-307477B4FB12.jpeg
クレーン部には操作用のボックスが付いています。
レールにぶら下がって左右を行ったり来たり。
レール部分は稼動部なのでタミヤのフラットアルミを塗って表現しました。
おそらくグリスの影響もあってサビはほとんどないのかなぁと思います。

71E486A4-B033-4BAA-BAE1-767DE1A27518.jpeg
こちらはクレーンの足元。
こちらもレールの上を前後に行ったり来たり。
枕木とレール側面はブラックで下塗りしてブラウンでウェザリング、上面はやはりサビが車輪で磨かれているのでフラットアルミで仕上げました。

2A82C0FF-A5E7-47D8-98CE-4CC00F65EFEA.jpeg
鉄骨に梯子がかかって足場があります。
お気に入りの部分。

ちなみに
2F1855F0-32F8-45B0-8447-C2650D080757.jpeg
操作用ボックスは可動式です。
この位置から作業員はボックスに乗り込むわけですね。

さて、ここでサビや汚れを入れて仕上げといきたいところですが、とにかく鉄骨が細かいので表現が難しいんです。
ついついやりすぎてしまいそうなので、しばらく様子を見てからにしたいと思います。
レイアウトに置いて雰囲気を見てからってのもありですね。

ではまた!

nice!(6)  コメント(6) 

信号所 [ストラクチャー]

こんにちは。
レイアウトを彩るストラクチャーは私にとって車輌と同じぐらい大切な存在です。
レイアウト製作にあたり、ストラクチャーの雰囲気やサイズは重要な要素となるので、現物を見ながらレイアウトの製作も進めていきたいと思っています。

そこで今日は中央駅の分岐を管理する信号所の製作をお送りします。
9E149418-19FA-4253-839A-D06AC8C46899.jpeg
フォルマーのゲート型信号所。
この形とレトロな雰囲気は一目で気に入りました。
問題は柱と柱の間隔がどれぐらいあるのかってところでしたが、そんなことは後で考えればいいんです。

いつもどおり、塗装して組んでいくのですが、このモデルもまずは照明設備を中に組み込まなければいけません。

E74CBA7F-9A96-45B8-BBD4-F0B3C2A013CD.jpeg
これはアクリル角棒にキズをつけたもの。
片側からLEDを照らしてキズ部分を光らせる方法です。
60505C1B-7F04-4EB0-9B46-FC4208A49068.jpeg
こんな風に光ります。
しかし、トータンさんの言うとおり、光源の方が明るく、離れるに従って暗くなります。
そこで光源から離れた部分のキズを大きくしてみたらどうかやってみます。
37398566-C13E-494B-A4FA-4F981CE01454.jpeg
ボキ
失敗。
21D92B44-DA20-4FB2-8753-9BD2A1AB0286.jpeg
次は光源の近くのキズを広めに付けて遠くのキズの間隔を狭くしてみました。
これなら光量は同じになりそう。
EA12FAD4-411C-4192-B139-8FE5CF607260.jpeg
LEDを瞬接でくっつけ熱収縮チューブでコーティング。
59D256DC-104F-45C7-BFFE-3A763FC84037.jpeg
そして屋根の裏側にアルミホイルを貼って光を最大限に活用します。

で、キットの方はと言うと
89D1D866-5ECA-419C-8C91-D7A20E7EC414.jpeg
もうこんなに出来上がっています。
壁から光が透けてしまわないよう内側をグレーで塗装。
この塗装はパーツのつなぎ目から漏れる光も防ぎます。
AB854937-DFA5-40AB-AEC9-760C368EDBFE.jpeg
床に空いた穴は照明の配線用の穴になりますが、このままでは配線が外から丸見えになってしまいます。

そこで一工夫。
CF3F2E8C-5BB9-4909-8389-0D70DCA47E5F.jpeg
プラ板で構造物を作って隠すことにしました。

これで準備万端。
LEDの配線をしていきます。
F4318AA0-1DE2-491D-9F06-26185190A96C.jpeg
LEDの足を曲げ、CRDと0.3mmエナメル線をハンダ付けして完了です。
あとは屋根を被せるだけ。

と、その前に、信号所の職員を中に入れておかないと。
手元にいる駅員のフィギュアを眺めながら誰にしようかしばらく考えます。

うーん、こいつ!と言うフィギュアがいません。

覗きこまないと見えない部分ではありますが、無人の信号所ってのも寂しいし。
どーしたもんかなぁ…。

!?
魔が差しました。
なるほど、これは面白いかも。
8F56CF4A-0712-48AE-A62E-DC3313F1965C.jpeg
こいつが目に入りました。
セクシーシーン!
こっからはR18指定です。
閲覧するかどうかは自己責任でお願いします。


知ってる人は知ってると思いますが、これは、れっきとした鉄道模型のアクセサリー。
メーカーはシーナリー製品を専門とするNOCH。
ドイツ人の遊び心が端的に現れた商品です。

信号所の職員が仕事を放ったらかして情事にふけるシーンを再現しましょう(笑)

ひとまず、照明の具合を見てみます。
7F915D5B-D07F-428A-BACB-958E5FFCDEB3.jpeg
んー、ちょっと明るすぎか?
まぁ、いいってことにしましょう。

で、仕事サボってる2人はこんな感じ。
91AC325F-5E39-403C-9AE4-BC2FA29A06B2.jpeg
フライデーの袋とじのようです(笑)

これを不謹慎と捉えるか、面白いと捉えるかは人それぞれ。

信号所の仕事をサボってあんなこんなで事故が起きたら大変です。でも信号もポイントも全てコンピュータ制御だから大丈夫という設定ですよ。

まぁ、これが現実なら確実にクビですけどね(笑)

信号所内には燃え上がる2人だけですが、操作盤なども設置しておきます。
AE37BF73-E448-4570-9BD5-292FA64E41BD.jpeg
操作盤の塗装は面倒だからいいや(笑)

で、屋根を被せて仕上げパーツを取り付け。
1DEB4F56-813E-48CC-946F-988AD3B5D7FA.jpeg
完成です。
照明が青白くなってるところがなんとなくイメージと違うけど
919046AB-B9B3-4540-A915-2E2E5FA39AE9.jpeg
暗くすればそれほど悪くない。
CC462A09-D21E-4AAE-BF5D-0CC7CE86FFF4.jpeg
特にこのシーンの演出としては、あり(笑)

しかし、ドイツの鉄道模型って奥が深いですね。
このセクシーシーン以外にもたくさんの人間模様を演出できる製品がそろっています。
私がヨーロッパ型を選んだ理由はそこにあるのです。
鉄オタの自己満だけではなく、ユーモア溢れる人の営みがドイツ鉄道模型の醍醐味ってやつですね。

しかし、この信号所の外見と中で行われてることのギャップが面白い感じに仕上がりました。
細部を覗き込む楽しみってやつですね。

ではまた!

nice!(9)  コメント(12) 

トラスのアーチ橋 [ストラクチャー]

おはようございます。
日曜日にこの記事を書いていたら、突然画像をアップロードできなくなりました。
そして記事の下書きも保存できず、消去です。

メンテナンス作業に入ってサービスを停止したそうです。

さて、本題。
レイアウト製作が進むにつれて、線路周りのストラクチャー製作も必要になってきます。
今回紹介するのはこれ。
58E90948-2D66-4E75-B87C-252631B1F5D6.jpeg
トラスのアーチ橋です。
これを2つ購入しました。だいぶ前に。
8FC0058C-5990-4A12-8EB5-6C1998927FF8.jpeg
この鉄橋キットは単線と複線の両方に対応しています。
我が家ではもちろん複線として組んでいきます。
しかし、複線にするためには、デッキ部分を買い足さないといけないのです。
E7A20541-91D7-4EE9-B24B-F19007399CA0.jpeg
この部分。
これだけのキットでも2000円以上します。
74BC0173-1284-4BD6-BD6F-E4EB4EB36371.jpeg
こうして並べて複線にするわけですが、新たにキットを買い足さなくても加工すれば大丈夫そうです。
8B32E292-F273-4FAC-86E9-6570C51B1FEF.jpeg
バラしました。

ここから本格的に組み上げます。
4E9A9104-36DB-497E-A01C-F314F5B0E8FD.jpeg
まずはトラス部分が完成。
A87D8A61-ACFE-4240-BAED-AFA761B59B6B.jpeg
そこに、バラしたデッキの通路部分を乗せます。
1343CD8B-B4D9-4C46-A693-DCF7DD85F56B.jpeg
タミヤの三角棒を接着して
8643388E-6AAF-4DBF-8011-28FE3F481C73.jpeg
同じくタミヤの角棒でデッキを再現。
コツコツ作業が続きます。
0ADF3F18-AD68-4325-9A77-85035E85AFE6.jpeg
1つ完成
3C68E107-64EE-4163-BB6A-E08B3C7A9815.jpeg
2つ完成

今度は塗装します。
B5BFC9B6-8636-4905-8D84-B37835EB17D7.jpeg
塗料はタミヤのエナメル塗料を愛用していたのですが、今回は水性アクリル塗料を試してみることにしました。
フタを開けると、なんか懐かしい臭いがします。
そう、これは小学生の頃にガンプラを塗装した時の臭い。
臭いで当時の記憶が蘇ります。
塗膜面にホコリや気泡が入ってお気に入りのフルアーマーガンダムが台無しに。

現在に戻ります。
C4578469-FC52-43BB-9869-417665C5CA9B.jpeg
1つ完成
水性アクリル塗料はお手軽ですが、塗料がシャバシャバしているので塗りムラが出やすく、気泡も入りやすいですね。
これは塗装するキットを選ばないと、台無しになりそうです。
B8DE248F-A99C-4634-BE89-218EDBC42BF3.jpeg
もう一つのキットも塗装を頑張っています。

ではまた。

nice!(7)  コメント(9) 

Bietschtal Bridge [ストラクチャー]

こんばんは。
JAMに行ってきましたので、JAMネタと思いきや、今夜はストラクチャー紹介です。

IMG_7353.JPG
FALLER 222580 Bietschtal Bridgeです。

この橋はベルンレッチュベルクシンプロン鉄道(bls)というスイス最大の私鉄にある橋をモデル化したもの。
IMG_7354.JPG
箱の裏側には実物の写真も紹介されています。
IMG_7901.JPG
どっかのサイトから拝借してきました(笑)
すごいところに架かってますよね。
これぞスイスです。

本物は緩やかなカーブを描いていますが、モデルは直線です。
サイズも2/3ぐらいにデフォルメされているようです。

ではモデルの実物を
IMG_7895.JPG
真横から。
長さは約600mmあります。
IMG_7896.JPG
トラス橋の両サイドは、このようにアーチ橋になっているんです。
一粒で二度美味しい的な(笑)
IMG_7897.JPG
このトラスぶりがいいですよね。
ちなみに、恐ろしいほどカッチリ組むことができます。
見た目よりかなり堅牢な出来です。
IMG_7898.JPG
橋にはちゃんとメンテナンス用の通路がトラス内とサイドに再現されています。
この面を手前にするか、奥にするか、悩みどころ。
IMG_7899.JPG
斜めからの姿です。
堂々としたたたずまいがいいですね。
IMG_7900.JPG
上からの姿です。
結構幅があります。
実物どおり複線対応となっています。

この橋をどこにもっていくか。

やっぱりループ線を登り420mm標高を上げたところに設置したいと思います。

この堂々とした橋の姿を最大限活かせるように情景を作り込まないといけませんね。

ではまた。

nice!(9)  コメント(12) 

もくもくと [ストラクチャー]

おはようございます。
城壁を延長すべく、もくもくとkibriを作っています。
IMG_7367.JPG
これを作れば自宅に持ち帰った城壁キットは最後。

見てのとおり、とても単純なキットなので製作模様は電飾作業をお伝えします。
IMG_7371.JPG
これは小塔の部分です。
内子を作って遮光する方法はとても時間がかかるので、構造にもよりますが最近は内側をブラックで塗装してしまいます。
パーツの繋ぎ目は接着剤を流し込んで隙間を塞ぎ、その上からたっぷりの塗料を塗ってやります。
このまま、LEDの土台を組み込んで終わりにしようかと思ってましたが、よく考えると上に光が漏れそうです。
IMG_7372.JPG
そこで、厚紙を切り出して蓋をすることにしました。
IMG_7374.JPG
蓋をしたら、隙間を埋めてダメ押しの塗料でさらに遮光。
IMG_7376.JPG
砲弾型LEDは直接厚紙に木工ボンドで接着です。
IMG_7377.JPG
飲みながらの作業だとハンダが汚いですね(笑)
まあ、見えるところではないからいいや。
IMG_7375.JPG
こちらは塔の本体です。
中には強烈なLEDの光が降り注ぎます。
中が抜けていると、足元から光が漏れてしまうので、途中で遮光しました。
IMG_7378.JPG
点灯実験。
遮光は成功したようですね。
IMG_7379.JPG
ずいぶん長くなりました。

まだ屋根裏に何個か未製作の城壁があったと思いますが、城壁はいったん停止。
飽きるとモチベーションが下がるので、別のストラクチャーを作ることにします。

ではまた!

あれこれ [ストラクチャー]

こんばんは。
最近は平日の夜も製作意欲を燃やしています。
なぜなら、ちんたらしてるとストラクチャーの製作が間に合わないからです。

中央駅がある街は旧市街と新市街からなりますが、旧市街は中世の城壁に囲まれている設定です。
その城壁を固めないと旧市街も新市街も固まりません。

IMG_7339.JPG
いきなりこんな画像からで申し訳ないです。
これは、城門の塔にLEDを仕込んでいるところ。
前にも似たようなストラクチャー製作記事をアップしているので、途中経過は割愛したわけですが、いきなりこれはないですね(笑)
IMG_7332.JPG
LED設置部のアップです。
1608チップLEDを瞬間接着剤で固定しているところですが、押さえつけないと瞬時に固まりません。
固まるまでずっとこの状態をキープです。
IMG_7340.JPG
ここは塔の上。
砲弾型LEDに先ほどのチップLEDの配線を繋げます。

ここでトラブル。
2つのLEDとCRDを接続して電源に繋ぐも、光らず…。
そりゃないよー、ということで、よーく考えてみました。
あ、チップLEDのプラスと砲弾型LEDのプラスを繋げてるじゃないの(汗)
チップLEDのプラス側端子に繋いだエナメル線がわからなくならないよう、こっちがプラス、こっちがプラスって念じていたら、砲弾型LEDのプラス側に繋いでしまったというオチです。

繋ぎなおして
IMG_7343.JPG
無事点灯。
LEDが破損してなくてよかった、ほっ。
IMG_7344.JPG
城門の中もいい雰囲気。

完成したので、すでに製作済みの城壁と繋げてみました。
IMG_7345.JPG
小さな塔の左右の城壁と手前の城門が今回作ったところ。
奥は前に作ったところです。
IMG_7346.JPG
反対側からも撮影。

ここで、屋根裏へ。
IMG_7355.JPG
IMG_7356.JPG
週末はループ線の路盤切り出し作業です。
これで全ての路盤が準備できました。
IMG_7361.JPG
ひとまず1周目の路盤を固定して
IMG_7362.JPG
せっせとコルク道床を接着しました。
狭いループ線の内側に入って、ボンド塗って、コルク貼って、汗拭いて…。
思ったよりループ線の内側は広かったけど、大変な作業です。

脱着式路盤は外してコルク道床を貼ることにしました。
IMG_7363.JPG
楽。
今度からコルク道床を貼ってから路盤を固定しよう。

と、ここでまた城壁へ。
IMG_7366.JPG
手前の城壁を追加製作。
どんどん長くなっていきます。
ここの城壁は元々屋根がありません。
崩れ落ちたのか、最初からないのかわかりませんが、個人的には屋根があった方が好きだなぁ。

この画像の城壁は全てkibriのストラクチャーですが、屋根裏には製作済みのfallerの城壁も600mmほどあります。
そして、まだ未製作の城壁もあります。

全部作れば長さは足りるかな?

それを確かめるために、せっせと作っています。

ではまた!

ローテンブルクの城門 完成 [ストラクチャー]

Guten tag.
もう師走になりました。
早い、早すぎる。
10年でレイアウトは完成するんだろうか、持っているストラクチャーを全て作ることはできるんだろうか。
ふと、そんな心配をしてしまいます。

先日紹介したストラクチャー製作の続きです。

前回は室内灯に使う砲弾型LEDに木工ボンドを塗って光を拡散させるところまでいきました。
今回はもう一手間。
IMG_6383.JPG
乾いたボンドの上からクリアーオレンジを塗布して電球色にしてみました。
欧米の照明は日本のように明るくないので、白色のままだと雰囲気が壊れます。
電球色のLEDもありますが、こうして自分で色をつけられるので白色しか持っていません。

いい感じの色合いです。

次はこれ
IMG_6349.JPG
1608サイズのチップLED!
1.6mm×0.8mmしかありません。
本当にこれが光るのかってほど小さいLEDです。
こいつにポリウレタン線をハンダ付けします。
IMG_6365.JPG
ちょいとハンダを盛りすぎな気もしますが、初めてにしては上出来と自分を褒めてみました。

本当に光るの?
IMG_6366.JPG
おおっ、感激!

これをどこに付けるかというと
IMG_6367.JPG
この暗くて不気味な門の中を照らします。
IMG_6368.JPG
穴あけと遮光の黒塗り。
IMG_6369.JPG
穴に木工ボンドを塗りこみレンズとします。
IMG_6380.JPG
裏から木工ボンドを丸く盛り上げて塗布し、光の拡散を狙います。
IMG_6381.JPG
乾いたらボンドをクリアーオレンジで塗装。
IMG_6390.JPG
その上にチップLEDをエポキシ接着剤で固定しました。
全部で3つ取付け直列で繋ぎます。

続いて
IMG_6384.JPG
砲弾型をプラ板に固定。
IMG_6388.JPG
パーツにも固定。
IMG_6386.JPG
IMG_6392.JPG
こうしてチップLEDとは別系統で直列に繋ぎます。

ふぅ、手がかかる。
これが面倒でずっと放置してしまいました。
IMG_6402.JPG
いきなり完成です!
キットとしては簡単なんです。
照明さえ入らなければ1日で完成できるぐらい簡単なストラクチャー。
今回は太陽光の下で本物の空をバックにパチリ。
いいじゃ〜ん(笑)

では、苦労した?面倒だった?照明はどうな風に仕上がったかご覧ください。
IMG_6429.JPG
ちゃんと門の中がそれっぽく照らされてるでしょ?
肉眼ではもっと雰囲気出てます。

IMG_6427.JPG
頑張ってよかったと思う瞬間ですね。
こいつを眺めながら、1杯やってるおっさんです(笑)

そうそう、レイアウトの方もちゃんと進めていますよ。
そちらも結構手こずっていたのですが、ようやく形になってきました。
乞うご期待!て程でもないかな…。

Danke schön. Tschüß!

ローテンブルクの城壁 [ストラクチャー]

Guten tag.
かれこれ2ヶ月半前から作っているストラクチャーがあります。
まだ完成はしてないけど、ここらで製作記でも。

IMG_5850.JPG
kibriのストラクチャーです。
このストラクチャーはドイツのロマンチック街道を代表する街、ローテンブルクに実際にある城門と城壁です。
私も新婚旅行でこの門をくぐりました。
懐かしいなぁ。

ローテンブルクという街は、中世の面影をそのまま残した、まさにおとぎの世界。
わが家のレイアウトでもそれを再現したいと思っています。

IMG_5849.JPG
塔と壁なわりにパーツは多めです。
まずは塗装していきます。

IMG_5851.JPG
石積み部分、パッケージ写真では黄土色になっており、パーツも黄土色でできています。
でも、私が見たローテンブルクの城壁はもっとグレーが濃かったように思います。

そこで、ジャーマングレーに塗ったあと、ライトグレーでドライブラシ。
IMG_5852.JPG
かんな感じに仕上がりました。

そして、お次は内子の製作です。
IMG_6342.JPG
塔の部分。
IMG_6343.JPG
綺麗に収まりました。

内子を入れるのは、電飾をしたいから。
内子がないと、光がプラスチックの壁から透けてしまい、残念な感じになってしまいます。
もちろん、内子だけでなく必要な部分には裏から黒を塗装して遮光します。
IMG_6346.JPG
続いて、電飾の製作。

その前に、ストラクチャーの照明としては不向きなLEDの特性を改善してみようと思います。
IMG_6338.JPG
お馴染みの砲弾型LEDです。
ご覧のとおり、横から見ると大して光っていません。
しかし、下から見ると
IMG_6339.JPG
目が痛いほど輝いています。

ストラクチャー内部に入れる照明は光が全方向に向いているのが好ましいので、LEDはストラクチャー向きとは言えません。

これを改善します。
IMG_6341.JPG
木工ボンドで全体を包み、光の拡散を狙います。
IMG_6345.JPG
ボンド乾燥後に点灯した状態。
全体的にふわっとした光になりました。
これならいける!

今回はここまで。
現在ここまで出来上がっています。
image.jpg

Danke schön. Tschüß!

線路の敷設準備 その2 [ストラクチャー]

Guten tag.
今日は作業してからの家族サービスでした。
寒かったですね。
東京は明日の朝さらに冷えこむようです。
要注意ですね。

さて、昨日は3番線から6番線までの2面4線の線路配置を決めました。
今日は7番、8番線から。
IMG_6102.JPG
こうなりました。
左側の8番線はうねりが出ています。
なぜなら、KATOファインじゃなくて、ユニトラックから両側に広がるようカーブレールの道床を使ってフレキとの接続部分を設置したからです。
右側はいいとして、左側は直線でよかったみたい…。
で、見直し。
IMG_6105.JPG
まだちょっと微調整が必要になりそうですが、とりあえずストレート道床で接続しました。
IMG_6106.JPG
こんな感じで。

では、9番線、10番線、そして1番線、2番線と敷設していきます。
で、ホームも置いていきました。
IMG_6113.JPG
IMG_6107.JPG
いいんじゃないですか?
かなりいいんじゃないかと思います。

俯瞰はこんな感じ。
IMG_6114.JPG
どうでしょう?
1から6番線まではメインルート、7から10番線まではアルペンルートとなります。
ですから6番と7番の間はちょっと広めに間隔をとって駅係員の専用通路、または荷物積み込み用のサービスプラットホームにします。

ここで、懸案事項が発生しました。
10番線と貨物線の間が異常に離れています。
わかりますか?
1番左のホームのさらに左横です。

この空間、ちょっと離れすぎです。
留置線でも追加したらいいのかなぁって思ってます。
それとも、木を植えたり、鉄道施設を設置するのもありなのかなぁとか思いますが、さてどうしましょう。
この1週間の課題としましょう。

それと、貨物線のさらに左側、つまり一番左側の部分、貨物の引込み線を予定していますが、1線にするかポイントを設置して2線にするか悩み中。
まだ作ってないけど貨物用の倉庫とホームもあるので、それをどう演出するかが問題です。

こうして実際に線路を敷設してみると、いろいろ考えなきゃいけない部分が出てきますね。
それだけで、今回の作業は成功と言えます。
ご意見あればぜひお願いしますね!

最後に今回の作業を別の角度から。
IMG_6117.JPG
IMG_6123.JPG
う〜ん、たまらん!
中央駅って感じ!

Danke schön. Tschüß!

線路の敷設準備 [ストラクチャー]

Guten tag.
今日は子供を公園に連れて行ってからの作業です。
時間がなかなか取れませんが、それでも少しだけ進めます。

駅部分のコルクシートを敷き終わり、いよいよ線路の敷設準備に入ります。
IMG_6081.JPG
若干フレキシブルレールの方が低いようですが、問題ないレベル。
このままいきましょう。
IMG_6082.JPG
ホーム幅や複線間隔に合わせるため、ポイントの分岐幅から調整が必要になります。
まずは基準となるラインを決定しました。
このラインは直線で敷設します。
IMG_6083.JPG
続いてホーム幅に合わせてフレキシブルレールを敷設。
ここで実際に車両を使ってテストをします。
IMG_6088.JPG
IMG_6087.JPG
いい感じ。
ホームと車両は程よい間隔です。
IMG_6089.JPG
次にホームの高さを確認します。
車両のステップを見る限り、ちょっと低い気もしますが、これでも十分いけそう。
でも、あと1mmほどかさ上げするとベストかも。
これは今後の検討課題ですね。
IMG_6091.JPG
さらにレールを敷設します。
IMG_6090.JPG
いいですねぇ。
実感がわいてきました。
IMG_6092.JPG
真上からみるとこんな配置です。
今日はここまで。

Danke schön. Tschüß!

前の10件 | - ストラクチャー ブログトップ