So-net無料ブログ作成
検索選択
ストラクチャー ブログトップ
前の10件 | -

ローテンブルクの城門 完成 [ストラクチャー]

Guten tag.
もう師走になりました。
早い、早すぎる。
10年でレイアウトは完成するんだろうか、持っているストラクチャーを全て作ることはできるんだろうか。
ふと、そんな心配をしてしまいます。

先日紹介したストラクチャー製作の続きです。

前回は室内灯に使う砲弾型LEDに木工ボンドを塗って光を拡散させるところまでいきました。
今回はもう一手間。
IMG_6383.JPG
乾いたボンドの上からクリアーオレンジを塗布して電球色にしてみました。
欧米の照明は日本のように明るくないので、白色のままだと雰囲気が壊れます。
電球色のLEDもありますが、こうして自分で色をつけられるので白色しか持っていません。

いい感じの色合いです。

次はこれ
IMG_6349.JPG
1608サイズのチップLED!
1.6mm×0.8mmしかありません。
本当にこれが光るのかってほど小さいLEDです。
こいつにポリウレタン線をハンダ付けします。
IMG_6365.JPG
ちょいとハンダを盛りすぎな気もしますが、初めてにしては上出来と自分を褒めてみました。

本当に光るの?
IMG_6366.JPG
おおっ、感激!

これをどこに付けるかというと
IMG_6367.JPG
この暗くて不気味な門の中を照らします。
IMG_6368.JPG
穴あけと遮光の黒塗り。
IMG_6369.JPG
穴に木工ボンドを塗りこみレンズとします。
IMG_6380.JPG
裏から木工ボンドを丸く盛り上げて塗布し、光の拡散を狙います。
IMG_6381.JPG
乾いたらボンドをクリアーオレンジで塗装。
IMG_6390.JPG
その上にチップLEDをエポキシ接着剤で固定しました。
全部で3つ取付け直列で繋ぎます。

続いて
IMG_6384.JPG
砲弾型をプラ板に固定。
IMG_6388.JPG
パーツにも固定。
IMG_6386.JPG
IMG_6392.JPG
こうしてチップLEDとは別系統で直列に繋ぎます。

ふぅ、手がかかる。
これが面倒でずっと放置してしまいました。
IMG_6402.JPG
いきなり完成です!
キットとしては簡単なんです。
照明さえ入らなければ1日で完成できるぐらい簡単なストラクチャー。
今回は太陽光の下で本物の空をバックにパチリ。
いいじゃ〜ん(笑)

では、苦労した?面倒だった?照明はどうな風に仕上がったかご覧ください。
IMG_6429.JPG
ちゃんと門の中がそれっぽく照らされてるでしょ?
肉眼ではもっと雰囲気出てます。

IMG_6427.JPG
頑張ってよかったと思う瞬間ですね。
こいつを眺めながら、1杯やってるおっさんです(笑)

そうそう、レイアウトの方もちゃんと進めていますよ。
そちらも結構手こずっていたのですが、ようやく形になってきました。
乞うご期待!て程でもないかな…。

Danke schön. Tschüß!

ローテンブルクの城壁 [ストラクチャー]

Guten tag.
かれこれ2ヶ月半前から作っているストラクチャーがあります。
まだ完成はしてないけど、ここらで製作記でも。

IMG_5850.JPG
kibriのストラクチャーです。
このストラクチャーはドイツのロマンチック街道を代表する街、ローテンブルクに実際にある城門と城壁です。
私も新婚旅行でこの門をくぐりました。
懐かしいなぁ。

ローテンブルクという街は、中世の面影をそのまま残した、まさにおとぎの世界。
わが家のレイアウトでもそれを再現したいと思っています。

IMG_5849.JPG
塔と壁なわりにパーツは多めです。
まずは塗装していきます。

IMG_5851.JPG
石積み部分、パッケージ写真では黄土色になっており、パーツも黄土色でできています。
でも、私が見たローテンブルクの城壁はもっとグレーが濃かったように思います。

そこで、ジャーマングレーに塗ったあと、ライトグレーでドライブラシ。
IMG_5852.JPG
かんな感じに仕上がりました。

そして、お次は内子の製作です。
IMG_6342.JPG
塔の部分。
IMG_6343.JPG
綺麗に収まりました。

内子を入れるのは、電飾をしたいから。
内子がないと、光がプラスチックの壁から透けてしまい、残念な感じになってしまいます。
もちろん、内子だけでなく必要な部分には裏から黒を塗装して遮光します。
IMG_6346.JPG
続いて、電飾の製作。

その前に、ストラクチャーの照明としては不向きなLEDの特性を改善してみようと思います。
IMG_6338.JPG
お馴染みの砲弾型LEDです。
ご覧のとおり、横から見ると大して光っていません。
しかし、下から見ると
IMG_6339.JPG
目が痛いほど輝いています。

ストラクチャー内部に入れる照明は光が全方向に向いているのが好ましいので、LEDはストラクチャー向きとは言えません。

これを改善します。
IMG_6341.JPG
木工ボンドで全体を包み、光の拡散を狙います。
IMG_6345.JPG
ボンド乾燥後に点灯した状態。
全体的にふわっとした光になりました。
これならいける!

今回はここまで。
現在ここまで出来上がっています。
image.jpg

Danke schön. Tschüß!

線路の敷設準備 その2 [ストラクチャー]

Guten tag.
今日は作業してからの家族サービスでした。
寒かったですね。
東京は明日の朝さらに冷えこむようです。
要注意ですね。

さて、昨日は3番線から6番線までの2面4線の線路配置を決めました。
今日は7番、8番線から。
IMG_6102.JPG
こうなりました。
左側の8番線はうねりが出ています。
なぜなら、KATOファインじゃなくて、ユニトラックから両側に広がるようカーブレールの道床を使ってフレキとの接続部分を設置したからです。
右側はいいとして、左側は直線でよかったみたい…。
で、見直し。
IMG_6105.JPG
まだちょっと微調整が必要になりそうですが、とりあえずストレート道床で接続しました。
IMG_6106.JPG
こんな感じで。

では、9番線、10番線、そして1番線、2番線と敷設していきます。
で、ホームも置いていきました。
IMG_6113.JPG
IMG_6107.JPG
いいんじゃないですか?
かなりいいんじゃないかと思います。

俯瞰はこんな感じ。
IMG_6114.JPG
どうでしょう?
1から6番線まではメインルート、7から10番線まではアルペンルートとなります。
ですから6番と7番の間はちょっと広めに間隔をとって駅係員の専用通路、または荷物積み込み用のサービスプラットホームにします。

ここで、懸案事項が発生しました。
10番線と貨物線の間が異常に離れています。
わかりますか?
1番左のホームのさらに左横です。

この空間、ちょっと離れすぎです。
留置線でも追加したらいいのかなぁって思ってます。
それとも、木を植えたり、鉄道施設を設置するのもありなのかなぁとか思いますが、さてどうしましょう。
この1週間の課題としましょう。

それと、貨物線のさらに左側、つまり一番左側の部分、貨物の引込み線を予定していますが、1線にするかポイントを設置して2線にするか悩み中。
まだ作ってないけど貨物用の倉庫とホームもあるので、それをどう演出するかが問題です。

こうして実際に線路を敷設してみると、いろいろ考えなきゃいけない部分が出てきますね。
それだけで、今回の作業は成功と言えます。
ご意見あればぜひお願いしますね!

最後に今回の作業を別の角度から。
IMG_6117.JPG
IMG_6123.JPG
う〜ん、たまらん!
中央駅って感じ!

Danke schön. Tschüß!

線路の敷設準備 [ストラクチャー]

Guten tag.
今日は子供を公園に連れて行ってからの作業です。
時間がなかなか取れませんが、それでも少しだけ進めます。

駅部分のコルクシートを敷き終わり、いよいよ線路の敷設準備に入ります。
IMG_6081.JPG
若干フレキシブルレールの方が低いようですが、問題ないレベル。
このままいきましょう。
IMG_6082.JPG
ホーム幅や複線間隔に合わせるため、ポイントの分岐幅から調整が必要になります。
まずは基準となるラインを決定しました。
このラインは直線で敷設します。
IMG_6083.JPG
続いてホーム幅に合わせてフレキシブルレールを敷設。
ここで実際に車両を使ってテストをします。
IMG_6088.JPG
IMG_6087.JPG
いい感じ。
ホームと車両は程よい間隔です。
IMG_6089.JPG
次にホームの高さを確認します。
車両のステップを見る限り、ちょっと低い気もしますが、これでも十分いけそう。
でも、あと1mmほどかさ上げするとベストかも。
これは今後の検討課題ですね。
IMG_6091.JPG
さらにレールを敷設します。
IMG_6090.JPG
いいですねぇ。
実感がわいてきました。
IMG_6092.JPG
真上からみるとこんな配置です。
今日はここまで。

Danke schön. Tschüß!

橋と線路 [ストラクチャー]

Guten tag.
2日連続の投稿です。

レイアウトを作る上では、製作者のこだわりはとても重要になります。

どのようにレイアウトのハイライトを設けるか、それは製作者にとってとても大事なこと。

今までレイアウトプランが決まっていなかったので、どうしても橋が決まらずにいましたが、ようやくプランも決まってどこにどんな橋を架けるかも決まってきました。

採用したのはこれです。
IMG_6077.JPG
Fallarのトラスアーチ橋。
ずっと前からこの橋はレイアウトのハイライトとして考えていました。
プランが決まって採用も決定です。
そして、この橋と並行して設置しようと思うのはこれ。
IMG_6059.JPG
TOMIXの560mm鉄橋です。
こんな感じで届きました。
IMG_6058.JPG
あと2つ入る感じ。
なんかもったいないきがします。

そして、
IMG_6064.JPG
フレキシブルレールも50本到着。

Danke schön. Tschüß!

kibri7368 [ストラクチャー]

Guten tag.
夏休みシーズンも終わりが近づき、私もレイアウト製作がシーズンオフになりそうです。

これからは仕事と家族サービスの傍らで地道に製作活動をしていきたいと思います。
でもって、今日もしっかり作業したんですが、これが非常に手のかかる作業で、まだまだ発表できるレベルには達していません。

ですから、本日は6月からずっと取り組んできたストラクチャー製作の発表です。
image.jpeg
こいつを時間をかけて作っていました。
image.jpeg
パーツが多めなキット。
いつものように塗装から入ります。

image.jpeg
まずは壁から作りますが、ご覧のとおり窓が多いです。
窓が多いと窓枠、サッシ、ガラスという感じで作業量も多くなります。
image.jpeg
そして、kibriさんのストラクチャーは内子を自分で作らないといけない仕様。
壁に合わせてキットに同梱されてる黒紙を切って、窓部分に穴を開け、カーテン柄の紙を貼り付けていきます。
あれ?
黒紙が足りない…。

世話の焼けるストラクチャーです。
image.jpeg
足りない部分は文房具屋さんで買い足して作ります。
image.jpeg
壁を組んで、世話の焼ける内子を入れて、こんな感じ。

屋根を付けて、ディテールを作り込んで完成です。
image.jpeg
2軒がくっついたドイツ建築。
image.jpeg
裏側はこんな感じ。
このストラクチャー、城壁を利用した家屋なんです。
だから家屋の横に城壁が繋がります。
image.jpeg
こちらは毛糸屋さん。

image.jpeg
こちらは靴屋さん。

鉄道模型のストラクチャーに毛糸屋さんと靴屋さんがあるところは、さすが本場ドイツです。

image.jpeg
そして、今回は新たな試みをしてみました。
窓辺のお花はこれまで緑のフォーリッジに赤いスポンジを混ぜて表現していましたが、今回は緑のフォーリッジにエナメル塗料で赤をのせてみました。

思った以上に実感的!

しかも、楽(笑)

あー、長かった。
かなり手間暇かかるストラクチャーでした。
でも、同じシリーズのストラクチャーがまだ1個あるので、弱音を吐いている暇はないのです。

Danke schön. Tschüß!


ギルドハウス(kibri) [ストラクチャー]

Guten tag.

年末にレイアウト製作開始などと宣言しましたが、予算の都合でほとんど進んでいません。

で、買いだめしてあるストラクチャー製作の記事が続きます。

まぁ、これもレイアウト製作の一部ってことで(笑)

今回はこれ
image.jpeg
ドイツから直輸入して5年ものの一つです。
中身は
image.jpeg
パーツ少なめ。

塗装して、組んでいきましたが、今回も問題が…。
image.jpeg
これは外箱のお写真ですが、パーツと壁面の間の隙間が結構目立ちます。

私はモデラーさんが製作するような完璧な仕上がりは目指していないものの、これはさすがに気になります。
image.jpeg
裏からパテで埋めておきました。
image.jpeg
ほら、よくなったでしょ?
え?
よくわからない?
でしょうね。
自己満の世界ですから。
実際、埋めても埋めなくても大差なかったし…(涙)

続いて
image.jpeg
遮光のためのこれ、なんて言えばいいんでしょ?
うーん、思いつかないけど、これです。

kibriさんのこれはfallerさんやvollmerさんと違って完全なる手作りです。
寸法測って、切り出して、カーテン貼って…、そりゃもう大変です。
でもね、電飾するためには頑張らなきゃいけないんです。

image.jpeg
こうして、モデルの中にこれを入れて
image.jpeg
屋根の中に入れるこれをさらに作って入れて

image.jpeg
image.jpeg
ほーら、出来上がり。

今回はあらかじめ電飾を組み込まなくていいモデルだったので、夜景モードはありません。

そのかわり、
image.jpeg
かるーく並べて、自動車と馬車で演出してみました。
インテリアとしてもオサレです。

しかし、これを発見した息子がミニカーに興味を持ってしまったので、ヤラれる前に撤去しなくては…。

Danke schön. Tschüß!

ミヒェルシュタット市庁舎(完成) [ストラクチャー]

Guten tag.

年度末の3連休はいかがお過ごしですか?
私は火曜を休みにして4連休真っ最中です。

で、ずっと取り組んでいるミヒェルシュタット市庁舎のストラクチャー製作を。

image.jpeg
前回LEDを2つ追加すると言ってたとおり、追加しました。
見てのとおり、すっごく雑な感じです。
初めての半田ごて作業をウィスキー飲みながらやったってのもありますが、もともと適当な性格なので、こんなもんです(笑)
どーせ見えないところだし。

image.jpeg
電飾作業の後は遮光のためキットに付属の黒色折紙的な紙で内側を覆い被せました?
天窓の部分はしっかりくり抜き。

image.jpeg
屋根を取り付けて完成です。

あっさり完成したように見えますが、ここまで来るのに意外と苦戦を強いられました。
だって、パーツがカチッとはまらないんだもん。
かつての海外プラモデルそのままの大雑把なキットだったので、あっちを削り、こっちを削りで大変でした。
久々に工作したなぁって感じです。

image.jpeg
image.jpeg
なんだかんだで、ずいぶん時間がかかりましたが、無事完成です。

image.jpeg
LEDを点灯するとこんな感じ。
明るすぎるかもしれませんが、ミニチュアは少し大げさな方がしっくりくるので、これでいいのです。

たぶん

Danke schön. Tschüß!

ミヒェルシュタット市庁舎 その2 [ストラクチャー]

Guten tag.

さて、少し時間があいてしまいましたが、忙しいなりに作業も進んでおります。
とりあえず、くり抜いたティンバーフレームとパーツを塗装して、仮組みを行いました。
image.jpeg
こんな感じ。
ここから電飾作業をどう進めるか考えなくてはいけないのですが、その前に遮光をしなければいけません。
image.jpeg
キットに付属しているのはこの黒い折り紙みたいな紙とカーテン模様が印刷された紙です。
カーテンは切りとって窓の内側に貼るだけですが、遮光用の黒い紙は自分で寸法を測って切り出さなければいけません。
image.jpeg
こんなものを作り
image.jpeg
こんな感じに仕上がりました。

そして、これ
image.jpeg
シールで表現するティンバーフレームを0.5ミリ厚のプラ板にしたので、出窓がピタッとおさまりません。

重なってしまう部分を
image.jpeg
こんな風に切りとって
image.jpeg
カッチリおさめました。

続いて母屋の遮光作業をして、光ファイバーを組み込んだLEDを設置してみました。
image.jpeg
ただ、これでは少々暗いので、LEDを直列にして2個追加しようと思ってます。

今日はここまで!

Danke schön. Tschüß!

ミヒェルシュタット市庁舎 [ストラクチャー]

Guten tag.

ギャーーーーーーーー!
やってしまったぁーーっ(涙)

先日、スーパーの狭い駐車場で、フェンスギリギリまで寄せたら、フェンスの基礎がありえないほどデカくてバンパーをゴリっと…。
基礎は高さがないためセンサーも反応せず…。
image.jpeg
あー、やだぁ、さいてー。

image.jpeg
よく見ないとわからないけど、心のキズはかなり深いです。
フキゲンワーゲンです。

さて、気持ちを切り替えて本題へ。

今回はミヒェルシュタットの市庁舎を作ります。
image.jpeg
こちらは実物のお写真です。
私的にはこれでもかってほど中世ドイツの建築って感じがします。
これをモデル化したのはkibriさんです。
image.jpeg
こちらがパッケージ。
そして中身はこれ。
image.jpeg
image.jpeg
何これ…。
まさかのティンバーフレームがシール…。
おいおいおいおい、そんなの許されるのかい?
私的にはバンパーのキズより許せませんよ。

あ、すいません。
強がりました…、バンパーのキズはやっぱりイタイ(涙)

気を取り直して。
image.jpeg
そう、プラ版に貼り付けて
image.jpeg
全部くり抜いてやりました。
いやー、時間かかった。
でも満足です。
これでスタート地点に立てました。
だって、あんなに素敵なストラクチャーなのに、ティンバーフレームがシールじゃあんまりだもの。

で、塗装してさっそく製作開始。
と思ったのもつかの間、このストラクチャー、1階部分がほぼ空洞なので、あらかじめ電飾を設置しておかないと光りません。
室内灯にはLEDを入れたいのですが、既製品は大量に購入すると結構値がはります。
できれば自作したい。

そこで
image.jpeg
どろぼうひげさんの「電飾しましょ!」を妻からのバレンタインにリクエスト(笑)
でもって
image.jpeg
買ってきました。
こちらはお小遣いで。
単にLEDを入れるだけなら基盤やPICは必要ありませんが、せっかくだから色々やってみることにしました。

うまく出来るといいんですがねぇ。

今日はここまで!

Danke schön. Tschüß!

前の10件 | - ストラクチャー ブログトップ