So-net無料ブログ作成
検索選択

大工仕事3 [レイアウト]

Guten tag.
ここ最近、これは本当に鉄道模型のブログなんだろうかという内容が続いています。
みんな、きっとあんまり興味ないんだろうなぁとか思いながらも更新しています。

ちゃんと進んでるんだぞぉ、てところをアピールするために。

今週は中央駅の路盤を切り出しました。
image.jpeg
こんな風にベニヤを載っけて、下に潜り込んで土台の寸法どうりに罫書きをします。

現物合わせが一番正確。

その結果
image.jpeg
こんなにぴったり
自分でも驚くほどいい出来栄えになりました。
image.jpeg
こにらは反対側からのお写真。
写真にするとコンパクトに見えてしまいますが、実際には長さ3m、幅50cmから90cmの路盤です。
伝わらないことは承知の上ですが、これを間近で見ると…、感慨深い(笑)
オレ、頑張ってる!と思います。

そして、今週は路盤の切り出しだけでなく、ループ線の下準備もこなしました。
ループ線の路盤を切り出すときに重宝するであろう罫書きです。

こんなものを作りました。
image.jpeg
コンパス的なやつです。
image.jpeg
見えにくいですが、しっかりと罫書きをすることができました。

この罫書きを目標にループ線の路盤を切り出していこうと思います。

Danke schön. Tschüß!

大工仕事2 [レイアウト]

Guten tag.
中央駅の土台が完成しました。
前回までで9割完成と思っていたので、残り1割なんて楽勝と思っていたのですが、残された部分は地下ヤードに続く分岐があるため、結構な手間がかかってしまい、苦戦を強いられました。

image.jpeg
青い矢じるしは本線の複々線を設置する部分です。
そして、赤い矢じるしは地下ヤード行きの単線となります。
この二重構造と勾配でかなり頭を悩ませましたが、一つ一つ丁寧にプランを立てたので、寸分違わぬ完成度を実現できたと思います。

image.jpeg
先ほどの写真の角度を変えたものです。
赤い矢じるしのヤード線が外側にはみ出すように伸びています。
実はこの右側は2階から屋根裏へ続く梯子があり、高低差は2500mm前後。
脱線して落下したらオシャカ間違いなしの危険ゾーンです。

image.jpeg
ちゃんと柵を設置してあげないといけませんね。

あー、見栄えのしない写真だけで勝手に盛り上がった今日このごろでした。

Danke schön. Tschüß!

屋根裏中央駅 [レイアウト]

Guten tag.
中央駅の土台が9割がた完成したので、そろそろ実際の線路配置を決めようと思い、ポイントを、大量に購入してきました。
4500mmの長さを誇る新レイアウトは、距離に余裕があるので、より実感的な分岐が再現できるKATO6番ポイントで決めました。
脱線が多発する4番を避けたというのもありますが…。
とりあえず、妄想ではこうなります。
image.jpeg
ホーム有効長は概ね2500mmほど。

で、中央駅と地下ヤードへの分岐に必要なポイントを数えてみると…。

左右のポイント、合わせて31個もありました…。
ヤードは別でですよ(汗)

ポイント1個のお値段はそれほど高価ではありませんが、31個となるとさすがに躊躇してしまうお値段に。
でもね、子供のころからの夢を叶えるんだし、どーせ買うんだから、と買ってしまいました。

そして、仮組を。
image.jpeg
先ほどの図面では上の方になります。
途中線路がない部分もありますが、こんな感じです。
ホームは10番線まで、右側2線は貨物用の通過線です。
こんな風に組んでみたところ、分岐の端から端まで900mm強もありました。

てことは、駅の両端部分だけで1800mmもあるってことに。
残りは2700mmだけど、大丈夫?
だって、分岐の外側にはカーブがあるでしょ。
R350mmとしても両サイドで700mm必要になるわけで、残りは2000mmだけ。
むむむ、予想より500mmも足りない。

ICE1の14両フル編成だと、少なく見積もっても2200mmは必要なので200mmほど足りないようです。

さて、どーしたもんか?
image.jpeg
とりあえず、矢印部分の隙間を埋めます。


image.jpeg
ここを12.5mm切断すれば成立しそうです。

続いて
image.jpeg
ここを15mm短縮。

さらに
image.jpeg
こことここを35mm切り取ります。

この短縮は場所によっては両サイドで可能なので、7.8番線は-15-35-35となり85mmの短縮、5.6.9.10番線は-35-35で70mmの短縮ができます。

さらにさらに
image.jpeg
ここを35mm切り取ると、3.4.5.6.7.8.9.10番線が全て70mm短縮されます。

つまり、最大で155mmもホーム有効長を捻出できることになります。
それでも足りない50mmは、両サイドのカーブをより急カーブにすることで補えば何とかなりそうです。

うーん、一筋縄ではいきませんのぉ。
うまくいけばいいけど。

Danke schön. Tschüß!

大工仕事 [レイアウト]

Guten tag.
レイアウト製作に着工してからもうすぐ1ヶ月がたちますが、ようやく新しい報告ができるようになりました。

あれから毎週末、コツコツと屋根裏に通って作業をしましたが、家族サービスの傍らだったり、試行錯誤しながらだったりで記事として発表できる状態ではありませんでした。

現在取り組んでいるのは、駅部分の土台です。
image.jpeg
図面ではこの部分。

まずはメンナンス用通路から設置しました。
image.jpeg
通路の幅は300mmですが、これがなかなか難しい。
image.jpeg
手前側の幅が足りません。
そこで、
image.jpeg
こうして微調整をします。

image.jpeg
なんとか300mm弱を確保。
ここまでが先々週です。

こんなものを作りました。
image.jpeg
1人で作業をしているので、こうした道具が必要になります。
image.jpeg
こうして使います。
固定のためのネジ穴を開けるのに重宝します。
image.jpeg
ここまでが先週末。

そして今週末は、
image.jpeg
ここまでできました。

image.jpeg
ここに路盤を置いて中央駅ができます。
梁は図面とメジャーで大体の長さを見積もって切り出します。
そして現物合わせで正確な長さに調整します。
そのため、屋根裏と外を行ったり来たり。
屋根裏でノコを使うとおがくずが飛散してしまうので切断は駐車場。

高い気温と運動で汗だくです。

でも形になってきました。

Danke schön. Tschüß!

TGV [客車]

Guten tag.
事故が発生しました。

皆さんもそうだと思いますが、私も常にオークションに目を光らせています。

気になるものは、入札するかしないかに関わらず、ウォッチリストに入れて眺めています。

破格の値段で出品されると、この値段までならお買い得だなぁって金額で入札しますが、大抵は落札できません。

そこまで欲しいわけではなく、あくまで安く手に入るならって感覚なので、決めた額以上の入札はしません。

そして、先日もそうでした。
激安で出品されていたので、取り敢えずこの額ならって入札しておいて、あとはほったらかし。

「おめでとうございます!あなたが落札しました。」

…、は?
マジで?
半分冷やかしのつもりで入札したのに、落としちゃった??
ポイント買うお金なくなっちゃうじゃん(汗)

事故の結果はこれ。
image.jpeg
TGV Lyriaです。
5月ころKATOから発売された新商品。
多くの方がブログで紹介していて、かっこいいなぁ、と思いながらも今回はスルーと決めていたのです。
City Shuttle買ったばっかだし。

なのに、ねぇ…。

まぁ、これも縁なのかな(笑)
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
部屋の照明が暖色系なので少々黄ばんでますが、ホワイトとシルバーがメインのすっきりしたデザインです。

よく見ると
image.jpeg
あらー、ボディのいたるところにいろんな模様が描かれてる。
ドアも赤一色じゃないのね。
おしゃれジャーン!
思ってたよりかっこいいジャーン!

Lyriaはフランス国鉄とスイス連邦鉄道が出資して設立した鉄道会社の名称で、両国を結ぶLyriaというTGVで直通運転しています。
それが今回モデル化されたわけです。
image.jpeg
image.jpeg
SBBとSNCFのロゴが並んで描かれているとこなんか萌えます。

まだ紹介なかったのですが、実はあと2つTGVがあります。
image.jpeg
Duplexと
image.jpeg
Thalysです。

TGVが3編成になってしまいました。

image.jpeg
image.jpeg

Danke schön. Tschüß!