So-net無料ブログ作成

SBB Re6/6 [機関車]

Guten morgen.
先々週と先週は家族サービスや仕事でほとんど時間がとれず、屋根裏での作業はあまりはかどっていません。

そこで去年オークションで購入した機関車でも紹介してみます。

スイス鉄道のRe6/6形機関車です。

この機関車は、貨物のアルプス越えを主な任務とするよう開発されたようです。
スイスからイタリアに抜けるゴッタルドルートに存在する26パーミルの登り勾配でもストレスなく運用することや、6.5パーミル登り勾配で1600tを牽引し140km/h、既存のRe4/4形機関車との重連総括制御など、おおくの課題をクリアして40年前から生産されています。
まぁ、とにかくタフなおっさんてことです。

さて、モデルの方を見てみましょう。
image.jpeg
Hobbytrain製です。
ケースからもわかるとおりかなり古いもののようです。
Re6/6はスイスを代表する人気の機関車なのに、私の知る限り、Nスケールでこれを製品化しているのはHobbytrainのみ。
しかも、Hobbytrainにしてはお値段高め。


image.jpeg
今回入手したのは開発当時のモデル。
当時は全て緑色でしたが、1980年代から順次赤に塗り替えがされています。
ただ、スイスというお国はおおらかなのか、適当なのか、未だに塗り替えられず、緑のまま活躍しているものがあります。

image.jpeg
お顔はこんな感じ。
レトロな雰囲気でとても好きです。
エンブレムは前面、側面ともシールを切り出して貼るタイプなので、少々いびつになっています。
形はいいとして、経年で剥がれてどっかいってしまうことを恐れています(笑)
ヘッドライトは開発当時の丸形で、これも現在は四角に交換されているのですが、やっぱり交換が済んでない機体が存在するそうです。

image.jpeg
古いせいかパンダの金属パーツが腐食してしまっています…。
屋根上の表現はなかなかのもの。

台車の裏にはKATOのシールが。
image.jpeg
車輪を見る限り、走行歴はほとんどない綺麗な状態なので、デッドストックだったものかもしれません。
ただ、まだ走行テストをしていないので、走るかどうか。
たぶん走るでしょう。
走らなくても、バラしてモーター抜いて、重連用もしくは後補機用として利用が可能です。

実は前にも紹介しましたが、赤で四角ライトのRe6/6も持っています。
型式もRe620にかわっています。
image.jpeg
image.jpeg
細部のパーツは違いますが、基本は全く同じです。
色が違うとずいぶん印象が変わりますね。
どちらもかっこいい!

image.jpeg
相方のRe4/4も一緒にパチリ。

こうなると、相方の方ももう1機欲しいですねぇ。
SOBという私鉄所属機はあるのですが、ここはやはりSBB Cargo所属のCargo塗装あたりが…。
ただ、高い。
最近の発売されたTGV Lyria10両編成にお釣りがくるお値段です(汗)

レイアウト製作に向けて、そろそろ大量のポイントやフレキシブルレールを買わなくてはいけないので、無理ですね(涙)

Danke schön. Tschüß!

着工 [レイアウト]

Guten tag.
ついにこの時がやってきた。
野望を胸に秘めて9年。
永い永い妄想の果てに、ついに現実の物へと生まれ出そうとしている。
これまで集めたストラチャーは100を超え、車輌は200を超えただろうか。
出番を待つ木々は300を超えている。
街の営みを彩る小さな人々も、おそらく400人を下らないだろう。
200を超える自動車たちも活躍の瞬間を待っている。
馬も牛も羊も熊も鹿も鳥たちも、そして恐竜も?命を吹き込まれるその瞬間に向けて最後の歩みを踏みしめている。

と、いうことで、屋根裏の工事が始まりました。

工事に先立ち材料を確保
image.jpeg
線路の下に敷くコルクシート。
2mm厚、900mm幅を5m。
KATOのオフィシャルコルク道床は線路1本分約800mmで200円、ホームセンターで買ったこれは3150円。
どっちがいいかは人それぞれ。

image.jpeg
レイアウトの基礎に使う合板。
厚さ12mm。
これをそれぞれの幅でカットします。

慎重に切って直線は維持できましたが、どうしても板に対して垂直にノコが入っていませんでした。
自分的には垂直なのに、切り終わってみるとやや斜め…。

それを見た父が言いました。
「丸ノコで切れば綺麗に切れるよ」
そりゃそうだろ。

え?
あるの?

父曰わく、「貸してあげようか」

早く言わんかいっ!

image.jpeg
文明の力ですなぁ。
綺麗に切れました。

父曰わく「ホームセンターで10カットまで無料でやってくれるよ」

…。
早く言わんかいっ!

で、今日はこの部分。
image.jpeg

image.jpeg
ここです。
image.jpeg
記念すべき最初の工程は基礎の合板を支える部分。
image.jpeg
基礎の合板を設置。
メンテナンス用通路に続く部分です。

この後、メンテナンス用通路をと思いましたが、その前に奥にある角の部分を最初にやった方がよさそうだったので、プラン変更。

image.jpeg
図面はある程度しっかり書いたつもりですが、やはり現物あわせで詳細を変更することになりました。

今日はここまで。
楽しくて楽しくて時間が過ぎるの忘れてしまいます。
作っている間、私の頭にはこんなBGMが、
「きっときっとできるよねっ♪すごいものをつくうっちゃおっ♪つくるうって楽しいなぁ♪」
そう、清水建設のCMソング!

この曲、好きなんです(笑)

来週も時間を確保するぞぉ??

Danke schon. Tschus!

確定か? [レイアウト]

Guten tag.
悩んでいます。
いや、悩んでいました。
先日発表したレイアウトプラン、メンテナンスの問題とか、レイアウトとしての魅力とか、ポイントの配置とか、費用対効果とか。

散々悩んで少し疲れたので、この週末はレイアウトのことは忘れて息子と上野の恐竜博へ。

image.jpeg
image.jpeg
ティラノサウルスとスピノサウルスの標本。
初めて本物を見ました。
ロマンだわぁ。
息子は恐竜だけでなく電車にたくさん乗って喜んでくれました。
image.jpeg

で、悩んだ結果は、
image.jpeg
これ、以前アップしたプラン。

アルペンルートがもの足りなくて
image.jpeg
かなり大幅に拡張。
ループで一気に登るプランから、スイスのゴッタルド峠みたいに行ったり来たりしながら標高を稼ぐ見せ場を演出しました。
そして線路の複線間隔や駅のホーム部分も忠実に再現。

そして
image.jpeg
2‰で高さ設定を書込み。
最大高低差は420mmとなりました。
当初の予定では450mmでしたので建築限界に少し余裕がうまれ、中央左側のループの位置をさらに左へとずらすことが可能に。
ちなみに、川を2本作って、その部分を着脱式とし、メンテナンス用の通路とします。
image.jpeg
100mm左に移動。

これで完成かと思いましたが、一つ引っかかるところがあります。
ローカルラインです。

設定としては単線なのですが、ご覧のとおり単線と言える部分はほとんどなく、単線の魅力は全く出ていないのです。
ここで散々悩んで、
image.jpeg
ローカルライン、さようなら。
ただ、ホームだけは残しました。
で、地下ヤードへの引込み線の位置も変更。

これで確定!
になるのかなぁ…。
いい加減キリがない。
確定しましょう。
早く着工しましょう。

image.jpeg
これは土台の図面です。
なんて複雑なんだ!

オープントップなので、この上に路盤をジェットコースターのように設置していきます。
穴があいたように見える部分はメンテナンス用スペース。

もうやるっきゃないっ?

Danke schon. Tschus!