So-net無料ブログ作成

ショーケース [エピソード]

Guten tag.

鉄道模型をやる人なら、1度は欲しいと思うのが車輌展示用ケース。
私もそうです。

で、作ることに。

実のところ、この計画は2年も前にスタートしていました。

下の子が産まれて妻が里帰りしているとき、長さ240センチのショーケースを作るべく、木材を調達して切り出し、塗装して組むだけの状態に。
しかし、壁への固定方法が強度的に大丈夫なのかどうか、思案しているうちにお蔵入りしたのです。

この度、お蔵から引っ張り出してきました。

本来、廊下の壁に設置するはずでしたが、邪魔になるという妻の反対と強度の関係から、場所を玄関に変更しました。
image.jpeg
靴箱の上に載せて天井ぴったりのサイズなので、設置強度に問題はありません。
ただ、長さが半分の120センチにってしまいました。

展示板は80センチを3枚並べて240センチにするつもりで切り出していましたが、120センチに合わせるため、60センチを2枚並べることにしました。
板を束ねて20センチ切断。
image.jpeg
ちょいと長さが…。
image.jpeg
微調整。
image.jpeg
ぴったり!
接合は木工ボンドです。
意外と頑丈に繋がります。
image.jpeg
罫書きに合わせて、ボンドで接着していきます。
image.jpeg
ボンドだけでは不安なので、両サイドと裏から釘も打っています。
そして、塗装を施して、20段のショーケースが完成。

image.jpeg
ジャジャジャーン!
120センチしかないので機関車と客車で7輌が限界のケースですが、これだけあると迫力があります。
そんじょそこらのショップより品揃え豊富な状態(笑)
ICEやTGV、ラインゴルトなど、まだまだ展示したい車輌はあるのですが、収まらないので順次展示を変えていくしかありません。

あとは埃対策、地震対策のため、蓋をしなければいけないですが、アクリル板だとお値段が…、塩ビ板だと強度が…。
さて、どーしたもんか。

Danke schön. Tschüß!