So-net無料ブログ作成

Container Wagon [貨車]

Guten tag.

今日はコンテナ車を紹介します。

今まで私が所有しているコンテナ車のラインナップは、Minitrixが9両、Fleischmannの連接コンテナ車が10個20両、Hobbytrainの連接コンテナ車が2個4両です。

こうして列記してみるとかなりの数になりますね(笑)

しかし、コンテナ車の魅力は長編成だけでなく、積荷つまりコンテナのバリエーションにもあります。
さらにヨーロッパでは、車両もさまざまで日本のように単調でないところも私の好きなところです。

そんなこんなで、また増やしてしまいました。

P1030016.JPG
長いのと短いの。

P1030019.JPG
まずは短いの。
コンテナを降ろした状態はまるでプラレールのようです(笑)
今ではヨーロッパでもほとんど見ることがない短軸のコンテナ車、ローカル線で使うもよし、長編成のアクセントにするもよしです。

P1030021.JPG
所属はDB Cargo
車体の赤はちょっとプラスチック感が強いですね。
いつかウェザリングしてやります。

P1030022.JPG
車体と一体の車軸ですが、本物も車体と同じ赤なのかな?
かなりおもちゃっぽいです。
ここも要塗装ですね。

P1030023.JPG
積荷のコンテナはドイツポスト。
日本の郵便局は赤でおなじみですが、ドイツでは黄色が郵便局のカラー。
街中のポストも当然黄色。

P1030024.JPG
裏はこんなです。
中央に並んだ穴に車体から突き出した部分をはめ込んで固定します。

お次は長いやつ。
P1030025.JPG
同じ赤い車体の所謂コキ車です。

P1030026.JPG
やっぱり台車はボディーと別がいいな。
全体的に締まったイメージになります。

P1030027.JPG
こちらもDB Cargoに所属。
黄色いハンドルがアクセントになっていて好印象です。

P1030028.JPG
この上からみた姿、結構好きなんです(笑)
グーグルマップの航空写真とかでコンテナヤードを見ると、こういうのがずらーーーーっと並んでいて萌えます。

P1030029.JPG
積荷のコンテナは先ほどのドイツポストとこのDHL。
ここ数年日本でもよく見かけるようになりました。


続いて
P1030030.JPG
シンプルなカラーリングと積荷の2両セット。

P1030031.JPG
こちらはSBB Cargoに所属するコンテナ車。
ドイツの赤から見るとずいぶん地味ですが、SBB Cargoの赤いマークと青いロゴのおかげでとてもオシャレ、両サイドの黄色いフックもまた素敵です。

P1030033.JPG
積荷までシンプル(笑)
このコンテナは日本では見たことありませんね。

P1030034.JPG
この部分も好き♡

ラストは
P1030035.JPG
色鮮やかなこの2両セットです。

P1030037.JPG
最初に紹介したDB Cargoと同じ車体ですが、こちらはRAILIONの所属です。
前にも書きましたが、私のようなおバカさんは、こういうちょっとした違いがたまらんのです。
読んでいただけている方で共感して下さる方も多いのでは??

P1030038.JPG
積荷のコンテナはエメラルドグリーンと紺色の2種類。
見たことあるコンテナです。

こうして6両のコンテナ車が増備され、所有数は39輌に…。
ピギーバックもコンテナ編成に入れると、43輌となります。

ん…?!
そういえば、昔オークションで古い型のコンテナ車をたくさん落札した記憶が…。

まぁ、貨車なんてそんなもんですよね。
これからもコンテナ車は増え続けると思います。

Danke schön. Tschüß!