So-net無料ブログ作成

Faller#232309 [ストラクチャー]

Guten tag.

なんか最近気分が乗らないんです。
ちっとも模型で遊んでないし、ブログの更新も今月は1回だけ…。
さらに今年に入ってからの入手アイテムもほとんどなしです。

別に冷めてしまったわけではないんですが、とにかく気分が乗らないんです。


でも、気分が乗ってるときのストラクチャー製作をご紹介します。
更新が月1ってのも寂しいので(笑)
P1020782.JPG
これが最後に作ったストラクチャーさんです。

P1020783.JPG
箱にはこのマークが入っています。
読んでわかるとおり、塗装済みのモデルという意味です。

Fallerにはこのように「塗装されてます」というシリーズがあるのですが、その塗装というと
P1020785.JPG
こんな感じでなんです。
塗装と言うより、ウェザリグと言った方が適切な代物。

では、製作の様子をご覧ください。
P1020784.JPG
パーツはこれくらいですから、標準的なストラクチャーですね。
P1020786.JPG
いつもの遮光とカーテンの表現に欠かせない「中身」です。

P1020787.JPG
透明なフィルム的材料を切り出して窓ガラスにします。

P1020788.JPG
こんな風にね。

P1020789.JPG
もうここまで出来てしまいました。
実際も塗装をしないので、かなり早く作業が進みます。

P1020790.JPG
あら、もう出来上がり(笑)

P1020791.JPG
裏側はこんなデザインです。

この塗装済みモデル、初めて出くわしたときには自分で塗装をしようと思いました。
でもせっかくウェザリングが施されているのに、それを使わないのはちょっともったいなくて、とりあえず塗装なしで完成させてみると、これが意外といいんです。

つまり、塗装しなくてもウェザリングで充分様になるってこと。
これまでの努力は??

まぁ気にしない気にしない。
塗るのも楽しいですから。

でもね、
P1020793.JPG
洗濯物までウェザリングされちゃってるんです(笑)

だんけしぇーん。ちゅーす!

Glacier-Express [客車]

Guten tag.

遅ればせながら私も氷河急行を納車したので紹介しておきます。
もうすでに多くの方がブログやホームページで紹介されているようですので、氷河急行に関する詳しい解説は割愛いたします。

P1020765.JPG
これが今回のモデル。
KATOから発売された世界初のNゲージモデルとのことですが、1/160スケールのヨーロッパ型を無視して1/150スケールでのモデル化。
いったいどうしてなんだよ、KATOさん??

P1020767.JPG
機関車は最新のGe4/4Ⅲです。
個人的にはⅡの方が好きだったりします。

P1020768.JPG
P1020769.JPG
塗装や表記の方はなかなかよく仕上がっていますが、屋根周りやパンタはちょっとお粗末な…。
でもって、足回りに使っているプラがこれまた安っぽい…。

P1020771.JPG
P1020772.JPG
一等客車です。
車体の白い部分はちょっと青みがかっており実車を忠実に再現しているようですが、少々青すぎな感も否めません。おそらく太陽光やシーナリーの中で見ると白く見えるんでしょうね。

P1020773.JPG
P1020775.JPG
続いて2等車です。
1等車同様車内にはシートとテーブルが再現されていますが、プラスチックそのままの赤と青…。
これだけ窓が大きくて車内が見えるとちょっと気になってしまいます。
そのうち塗装を施して、乗客を乗せてみたいですね。

P1020777.JPG
P1020778.JPG
パノラマバー車輌です。
これは編成のアクセントとなる重要な車輌。
ロゴやエンブレムも綺麗に印刷されていますね。

P1020779.JPG
で、多くの方が疑問に思っているのがこの連結間隔です…。
なんでもR150の急カーブを通過できるということですが、そこまでコンパクトさを求める必要があるんでしょうか??いや、百歩譲ってコンパクトさを求めたとして、この列車の最大のチャームポイントである連結部分のスイス国旗をこの様に分断してしまってはモデルの魅力が半減です。
いったいどうしてなんですか、KATOさん???

これもそのうち改良をしなければ、恥ずかしくてお披露目できません。

それでもやっぱり憧れの氷河急行なので、ちょっとリビングに展示しちゃおうと思い
P1020780.JPG
あれあれ、棚の長さが足りません。
引っかけて落下したら大変なことになりそうなので、大事をとって収納いたしました。

P1020781.JPG
氷河急行のカレンダーです。
やっぱり連結間隔はせまくないとね。

Danke schön. Tschüß!
タグ:氷河急行 KATO