So-net無料ブログ作成

ついにここまで [レイアウト]

こんばんは。
今日は久々の雨でした。
そして私の冬休みも今日で最後。
4日5日と休みを取ったので大型連休を満喫していました。

家族サービスの傍でレイアウトの建設も進みます。
ここのところずっとストラクチャー製作ばかりしていたのでレイアウトの本格的な作業も久しぶりとなります。

たっぷりある時間でこんなものを作りました。
64261DE2-0DCD-4B15-B7C6-2C37AA8EAD7C.jpeg
なにやら複雑な構造。
同じようなものを
AD254EB1-56EF-42C9-8C44-AF90B098ECF3.jpeg
もう一つ。

さて、なんでしょう。
想像つきますか?

答えは
0196E2AA-D205-41E1-848C-9A73A10C5B48.jpeg
これ!
前に作った鉄橋の土台でした。
見事に左右平行を実現しています。
我ながら見事な完成度(笑)
EF7487D9-575C-43AA-8A1E-A75ACE8A56C7.jpeg
コントロールセンターからはこのように見えます。
これをやりたくて7周ループを作ったわけです。
レイアウトの地面からは420mm、床からは870mmの高さ。
ここを駆け抜ける列車を下から見上げることになります。
23239211-8321-4921-8BC8-9FD49F3E60CE.jpeg
俯瞰するとこの迫力!

そうすると、やりたくなるのはこれ。
91FA0AA4-4C0A-4AD2-ABB6-88984FE16F88.jpeg
おおおっ、たまらん!
6EE0C097-7FCD-4ACE-8C26-AADC0A02759D.jpeg
土台の部分は橋の構造に合わせて斜面を作り込みます。
寸分違わぬ土台に満足です。

さて、今度はループ線から橋へと続く路盤を切り出します。
5EEBD452-7BFC-46B6-8B49-7A9F983B2102.jpeg
この部分です。
03CD01B0-93A4-4A4A-9BD9-67C4E78322DB.jpeg
現物合わせで寸法を取り切り出しました。
線路を置いて路盤と橋の高さを見ます。
955CCA00-B03D-4E15-BAE7-575441F31A14.jpeg
若干路盤の方が高いようです。
この橋は橋の奥のメンテナンスをやりやすいように脱着式にしたいと考えているので、路盤部分と橋部分のレールも切り離し出来るようにしたいと思います。
そうすると、完全な平坦が求められます。
328AF977-4F2E-4338-91BB-C0D220D47BBF.jpeg
こうして路盤の基礎を削ること数回。
F78678B5-0873-4671-A6ED-E36AC91CD646.jpeg
ほぼ平坦を確保しました。
9CFB981D-9B99-4EE2-8EE8-BB1557E6AF98.jpeg
線路を置いて中心線を罫書きます。
複線間隔は29mです。
FCB28845-DCFB-4416-9F42-265E7B5D91CB.jpeg
罫書きをループ線まで延長して、コルクシートを貼っていきたいところで時間切れ。

この続きはまた来週。
ついにここまできたなぁ。

ではまた!

nice!(8)  コメント(9) 

nice! 8

コメント 9

がおう☆

こんばんわです。
大型連休うらやましいです(笑)

来ましたね!
橋を組まれてから、これがどうなるのかと思いつつ、この壮大な位置に来るとは(゚д゚)!
ピッタリの基礎も相変わらずの凄さですが、何より下から眺めた橋・・・最高です。
これに情景が付いたら、どうなるんでしょう?
ここにテーブルおいて一杯と行きましょうか(笑)

Gutさん、本年もよろしくお願いいたします。

by がおう☆ (2018-01-09 18:17) 

JR浜松

こんばんは。

うぉ〜〜!!これは凄い☆
ど迫力で目立ちますね。素晴らしい橋梁ですねv(__)v

by JR浜松 (2018-01-09 19:59) 

Gut

がおう☆さん、コメントありがとうございます。
この橋のモデルとなった鉄橋も断崖絶壁にかけられているので、レイアウトでも是非それを再現してみようと思いました。
レイアウトは上から見下ろすのが普通ですが、この橋は下から見上げて楽しむことができるという効果もあります。
眺めて一杯やるのは線路が開通してからのお楽しみにとっておきます。
by Gut (2018-01-10 06:55) 

Gut

HUHさん、niceありがとうございます。
by Gut (2018-01-10 06:55) 

Gut

JR浜松さん、nice、コメントありがとうございます。
デザインも設置位置の高さも日本ではなかなか見られない迫力満点なものに仕上がりました。
シーナリーを作ればもっと目立つと思います。
そこを列車が駆け抜けたら、と思うとニヤけてしまいます(笑)
by Gut (2018-01-10 06:59) 

Gut

masato-marklinさん、トータンさん、あおたけさん、niceありがとうございます。
by Gut (2018-01-10 07:00) 

戸田

凄いなぁ! 一部でもこういうストラクチャーが固定されると、一挙にテンションが高まりますね?(^_^)

私が生まれて初めて買ったTMSにドイツの「REPA-Bahn」という大レイアウトが掲載されていて、その美しいアーチ橋に心奪われたものですが、この橋の景観はそれ以上になるような気がします。

路盤と橋との高低差をヤスリで調整しておられるようですが、路盤に貼るコルク厚は考慮されているのでしょうか? 写真を拝見したところ橋の上面には美しいモールドが施されているため、橋の上面にもコルク貼るのかなぁ?と少し疑問に思いました。

今年もよろしくお願いします。ご挨拶遅れてスミマセン(^_^;)。

by 戸田 (2018-01-11 15:58) 

Gut

戸田さん、コメントありがとうございます。
さすが、コルクの疑問はそのとおりまです。よく見ておられますね。
この部分のコルクシートはループ線から橋にかけて徐々に削っていこうと考えています。
なぜなら、登りから平坦になる過程で線路が弧を描き、ダブルデッカーの車両は線路に腹を擦ることになってしまいます。ですから弧を可能な限り緩やかにするための処置なんです。
ご期待どおりのシーンを表現できるよう頑張ります。
by Gut (2018-01-11 21:30) 

Gut

いっぷくさん、ネオ・アッキーさん、niceありがとうございます。
by Gut (2018-01-14 20:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。