So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョイント準備完了(半分) [レイアウト]

Guten morgen.
今月はユニトラックの加工ばかりやっています。
正直、飽きました。
でも、やらないと前に進めないので、無心で頑張っています。

それでもやっぱり飽きたので、たまには違う作業でもやってみます。
IMG_5920.JPG
この部分に路盤を設置することに。
IMG_5921.JPG
まずは路盤を置けるよう、梁を追加します。
梁と言える状態ではないですが、こんなもんで十分。
IMG_5924.JPG
奥も追加します。
穴あけをサボっていきなり木ネジをグリグリやったので、硬くて最後まで入らず、おまけにネジ山も潰れる始末。
それでも固定されたのでよしとしましょう。

IMG_5925.JPG
路盤を切り出して、スポッとはめて完成。
ちょっと穴が空いてますが、ここはトンネルないなのでそのままにします。

久しぶりに目に見える成果。
うーん、やっぱりこっちの方が楽しいかも(笑)

勢いがついたところで、ちまちま作業開始。
IMG_5938.JPG
フレキシブルレールが繋がるここに
IMG_5940.JPG
加工したユニトラットを設置して罫書き。
IMG_5941.JPG
ここをまたトリマーで掘削します。

IMG_5943.JPG
こんなにあります…、写ってない部分もあり、全部で24ヶ所。
IMG_5944.JPG
うまくはまるかな?
IMG_5945.JPG
バッチリ!

IMG_5946.JPG
全部バッチリ!

でもね、まだ半分です。
IMG_5948.JPG
反対側もやらねば…。

Danke schön. Tschüß!

nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 7

JR浜松

Gutさん、おはようございます。

う〜ん、良いですね☆
観ているだけで楽しい路線です。
精度良く制作されているのが伝わって来ます。
これは完成したら、本当に楽しいでしょうね♪
反対側も引き続き頑張って下さい(^^。
by JR浜松 (2016-10-01 06:39) 

Gut

JR浜松さん、nice、コメントありがとうございます。
私も線路の分岐パターンを目で追いながら、列車が複雑に行き交う姿を想像してしまいます。
ですから作業途中のロスタイムが多くて困ってます(笑)
線路だけでも早く開通させて、運転できるよう頑張ります。
by Gut (2016-10-01 10:22) 

トータン

いやこれまた大変な作業をこなしていますね~ 昔だったら私も出来たかな? いや、やはり出来ないです・・・・・・これってフレキノ先端を突っ込む予定ですか? だとしたら最近私もやりだしたことでしたが時既に遅し、殆ど敷設完了してしまったもので このような作業はほんの一寸の部分のみしか存在しません おかげでカックン接続部分が多いです(^^;
by トータン (2016-10-02 15:38) 

Gut

トータンさん、nice、コメントありがとうございます。
そうです、フレキを突っ込んでカックン接続を解消するんです。
それと、ポイント交換を簡単にするため、ユニジョイナーを可動式にしています。
いまは大変ですが、レイアウトの保守を考えるといまやっておきたいことなので、妥協せず頑張りますよ!
by Gut (2016-10-03 07:07) 

enpoko

お疲れ様です。
自作のレイアウトって想像していた以上に
細かい作業なんですね・・・。
でも、工程の段階もとても綺麗なお仕事されていて
なんだかよくわからないけど、
これだけでもなかなかの造形美ですよ(笑)

by enpoko (2016-10-12 23:34) 

Gut

ネオ・アッキーさん、yamさん、らしゅえいむさん、ねじまき鳥さん、niceありがとうございます。
by Gut (2016-10-16 00:50) 

Gut

enpokoさん、nice、コメントありがとうございます。
自作レイアウトは確かに大変ですが、作り方次第でずいぶん作業も違ってきます。
日本ではシステム化された道床付きレールを使ったフラットトップ(一枚板の上に線路を敷くタイプ)がメジャーで、それならこんな作業は一切必要ありません。
しかし、私は欲張りなので、メーカーが提供するレイアウトパターンでは満足できず、こうして遠回りをしてでも独自の世界を作っています。
それによってどれだけ違うものができるかは、完成した姿を見比べたらわかると思いますよ。
10年後を楽しみにしてて下さいね(笑)
by Gut (2016-10-16 01:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: