So-net無料ブログ作成
検索選択

掘削 [レイアウト]

Guten tag.
せっせと作業を進めています。
現在取り組んでいるのは、ユニトラックの埋没作業。
何を言ってるのかわからないと思いますが、ベニヤを掘削して、そこにユニトラックを埋没させているのです。

今回のレイアウトはポイント以外はフレキシブルレールを使うので、高さ合わせをしなければいけません。
通常であれば、KATOのコルク道床を敷いてフレキシブルレールを敷設していきますが、コスト削減のためホームセンターで手に入るコルクシートを使うことにしました。
しかし、そのコルクシートは2mm厚しか手に入りませんでした。
それ以上の厚さのものはなかったのです。

そのため、レールの高さを合わせるためユニトラックを埋没させることに。

こんな兵器を使います。
image.jpeg
トリマーという電動工具。
image.jpeg
こうしてドリルでベニヤを掘削していきます。
ものすごい騒音とおが屑…。
作業が終わると耳鳴りとともに、全身おが屑まみれ。

そして出来たのがこれです。
image.jpeg
ポイント群を罫書きしてその部分を掘削しました。
結構時間がかかる作業です。

そして、電動ポイントのコードを
image.jpeg
えいやぁ!
image.jpeg
と、コネクターを切断します。
自作ポイントスイッチを使うので、こいつは邪魔なんです。

これを掘削したベニヤに設置していきます。

でもね、そう簡単にはいきません。
image.jpeg
こうして、全ての箇所で微調整が必要になります。

image.jpeg
上から見るとなんの変哲もありませんが、ちゃんと溝に埋まっています。

試しに、コルクシートを敷いて、フレキシブルレールを置いてみたところ。
image.jpeg
ん?
あれ?
マジか?
image.jpeg
高さが合ってないじゃないかっ!

なぜだ?
ユニトラックの厚みは約7mm。
2mmの溝を掘ったから5mmの高さになる。
フレキシブルレールの高さは約4mmでコルクシートの厚さは2mmってことは…、1mm合わないじゃないの…。

どうしてこんなことになったんでしょう?

一瞬、頭を抱えてしまいましたが、悩むことはありません。
コルクシートを1mmのものにすればいいんです。
楽勝です。

でも…、2mmのコルクシートを900mm×5000mmも買ってしまっています。

まぁ、いっか。

1mm部分を最小限にして、途中から2mmにしゃうとしましょう(笑)

1mmの誤差なら特に影響ないですから、たぶん。

Danke schön. Tschüß!

nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 4

トータン

凄い道具ですね~ こんなの有ったら最高ですね でも、1mmの誤差 ん~ん、私なら1mmのボール紙にポイントを乗せて輪郭をけがいて切り抜いてそれをベニヤに埋め込んでその上にポイントを乗せるってインチキをしてしまいます 1mmのボール紙が無かったらどこにでも有りそうな0・5mmくらいのボール紙を2枚貼り合わせて切断して誤魔化してしまいます いつもそんな誤魔化し方やっているから 出来上がるレイアウトは汚いのでしょうね~(^^;
by トータン (2016-09-05 20:50) 

Gut

あおたけさん、niceありがとうございます。
by Gut (2016-09-05 21:55) 

Gut

トータンさん、nice、コメントありがとうございます。
それ、私も考えました(笑)
でも新たに切り出す作業が面倒なのと、せっかく掘った溝を使いたくて、コルクシートで調節することにしました。
by Gut (2016-09-05 21:58) 

Gut

JR浜松さん、いっぷくさん、enpokoさん、ネオ・アッキーさん、ねじまき鳥さん、niceありがとうございます。
by Gut (2016-09-19 15:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0