So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ローテンブルクの城門 完成 [ストラクチャー]

Guten tag.
もう師走になりました。
早い、早すぎる。
10年でレイアウトは完成するんだろうか、持っているストラクチャーを全て作ることはできるんだろうか。
ふと、そんな心配をしてしまいます。

先日紹介したストラクチャー製作の続きです。

前回は室内灯に使う砲弾型LEDに木工ボンドを塗って光を拡散させるところまでいきました。
今回はもう一手間。
IMG_6383.JPG
乾いたボンドの上からクリアーオレンジを塗布して電球色にしてみました。
欧米の照明は日本のように明るくないので、白色のままだと雰囲気が壊れます。
電球色のLEDもありますが、こうして自分で色をつけられるので白色しか持っていません。

いい感じの色合いです。

次はこれ
IMG_6349.JPG
1608サイズのチップLED!
1.6mm×0.8mmしかありません。
本当にこれが光るのかってほど小さいLEDです。
こいつにポリウレタン線をハンダ付けします。
IMG_6365.JPG
ちょいとハンダを盛りすぎな気もしますが、初めてにしては上出来と自分を褒めてみました。

本当に光るの?
IMG_6366.JPG
おおっ、感激!

これをどこに付けるかというと
IMG_6367.JPG
この暗くて不気味な門の中を照らします。
IMG_6368.JPG
穴あけと遮光の黒塗り。
IMG_6369.JPG
穴に木工ボンドを塗りこみレンズとします。
IMG_6380.JPG
裏から木工ボンドを丸く盛り上げて塗布し、光の拡散を狙います。
IMG_6381.JPG
乾いたらボンドをクリアーオレンジで塗装。
IMG_6390.JPG
その上にチップLEDをエポキシ接着剤で固定しました。
全部で3つ取付け直列で繋ぎます。

続いて
IMG_6384.JPG
砲弾型をプラ板に固定。
IMG_6388.JPG
パーツにも固定。
IMG_6386.JPG
IMG_6392.JPG
こうしてチップLEDとは別系統で直列に繋ぎます。

ふぅ、手がかかる。
これが面倒でずっと放置してしまいました。
IMG_6402.JPG
いきなり完成です!
キットとしては簡単なんです。
照明さえ入らなければ1日で完成できるぐらい簡単なストラクチャー。
今回は太陽光の下で本物の空をバックにパチリ。
いいじゃ〜ん(笑)

では、苦労した?面倒だった?照明はどうな風に仕上がったかご覧ください。
IMG_6429.JPG
ちゃんと門の中がそれっぽく照らされてるでしょ?
肉眼ではもっと雰囲気出てます。

IMG_6427.JPG
頑張ってよかったと思う瞬間ですね。
こいつを眺めながら、1杯やってるおっさんです(笑)

そうそう、レイアウトの方もちゃんと進めていますよ。
そちらも結構手こずっていたのですが、ようやく形になってきました。
乞うご期待!て程でもないかな…。

Danke schön. Tschüß!

ローテンブルクの城壁 [ストラクチャー]

Guten tag.
かれこれ2ヶ月半前から作っているストラクチャーがあります。
まだ完成はしてないけど、ここらで製作記でも。

IMG_5850.JPG
kibriのストラクチャーです。
このストラクチャーはドイツのロマンチック街道を代表する街、ローテンブルクに実際にある城門と城壁です。
私も新婚旅行でこの門をくぐりました。
懐かしいなぁ。

ローテンブルクという街は、中世の面影をそのまま残した、まさにおとぎの世界。
わが家のレイアウトでもそれを再現したいと思っています。

IMG_5849.JPG
塔と壁なわりにパーツは多めです。
まずは塗装していきます。

IMG_5851.JPG
石積み部分、パッケージ写真では黄土色になっており、パーツも黄土色でできています。
でも、私が見たローテンブルクの城壁はもっとグレーが濃かったように思います。

そこで、ジャーマングレーに塗ったあと、ライトグレーでドライブラシ。
IMG_5852.JPG
かんな感じに仕上がりました。

そして、お次は内子の製作です。
IMG_6342.JPG
塔の部分。
IMG_6343.JPG
綺麗に収まりました。

内子を入れるのは、電飾をしたいから。
内子がないと、光がプラスチックの壁から透けてしまい、残念な感じになってしまいます。
もちろん、内子だけでなく必要な部分には裏から黒を塗装して遮光します。
IMG_6346.JPG
続いて、電飾の製作。

その前に、ストラクチャーの照明としては不向きなLEDの特性を改善してみようと思います。
IMG_6338.JPG
お馴染みの砲弾型LEDです。
ご覧のとおり、横から見ると大して光っていません。
しかし、下から見ると
IMG_6339.JPG
目が痛いほど輝いています。

ストラクチャー内部に入れる照明は光が全方向に向いているのが好ましいので、LEDはストラクチャー向きとは言えません。

これを改善します。
IMG_6341.JPG
木工ボンドで全体を包み、光の拡散を狙います。
IMG_6345.JPG
ボンド乾燥後に点灯した状態。
全体的にふわっとした光になりました。
これならいける!

今回はここまで。
現在ここまで出来上がっています。
image.jpg

Danke schön. Tschüß!

ただの鉄道模型じゃないんだってば [フィギュア]

Guten tag.
私が製作中のレイアウトは、誰が見ても鉄道模型というジャンルになると思います。
しかし、私の想いはちょっと違います。
嫁から言わせると違わないそうですが、違うんです。
何が違うって?
普通、鉄道模型レイアウトと言えば、その大部分が鉄道関連のジオラマになります。
これでもかってほどレールが敷いてあります。
私はそれじゃあ楽しくないのです。
ヨーロッパ型を選んだのは、鉄道以外の模型が充実しているから。
だって、私が製作したいのは、鉄道模型でもあり、街並みでもあり、大自然でもあるから。
そして鉄道に興味がない人にも楽しんでもらいたいのです。

え?違わない?
違うんですってば!(怒)

そんな想いで、ずいぶん前から考えていたことを実行に移しました。

IMG_6290.JPG
さて、誰にしようかな。

IMG_6291.JPG
ちょっとガタイがいい気もするけど、こいつに決まり。

IMG_6294.JPG
スボンの色はこれぐらいかな?

うん、これぐらいだな。

IMG_6295.JPG
バルト海の漁師って感じになってしまった。
やっぱりゴツい感じが仇になったか。

IMG_6296.JPG
毛糸の帽子のてっぺんにある丸いやつを付けてみる。
右側にある白いゴミみたいなのを頭に付けて、赤く塗ります。

IMG_6297.JPG
お、ちょっと、らしくなってきたかな。

IMG_6298.JPG
では、ランナーを延ばして彼のアイテムを作りましょう。
ステッキ!

IMG_6299.JPG
どうだ!

んー、やはり彼にはメガネをかけて貰わないといけないなぁ。
やれるのか?
赤縞模様も本当は5本なのに4本しか描けなかったってのに…。

しかし、やるしかないだろう。
これじゃ、彼とは言えないもん。

IMG_6300.JPG
ウケる(笑)
ちょっと上すぎたか?

でも、もう限界。

風に靡く前髪も挑戦したけど、ダメだったし。

IMG_6302.JPG
ほら、こうすると彼以外の誰でもないでしょ?

IMG_6303.JPG
アップはムリ!
特に正面(笑)

さて、レイアウト完成のあかつきには、彼をどこかに配置して、探してもらいましょう!

Danke schön. Tschüß!

フレキシブルレール設置 [レイアウト]

Guten tag.
先日、妻がアナフィラキシーショック?いわゆる食品アレルギーになり救急車で運ばれて1泊2日で入院、元気に戻ってきましたが、週末は風邪でダウン。
散々です。
もちろん、妻が。

おかげで私は育児がメインとなりました。

それでも両親に子供たちをみてもらい、少ない時間で前進です。

IMG_6170.JPG
まずは、ポイント以外の道床を路盤に接着。
IMG_6171.JPG
こんな感じで、ペタッ。

IMG_6230.JPG
続いてフレキシブルレールを敷設していきます。
さて、問題はジョイントです。
フレキシブルレールの接続は簡易なジョイントだけだと非常に弱いです。
カックン接続になるし、通電もイマイチ。

いろいろ考えましたが、今回はこんなやり方にチャレンジ。
IMG_6231.JPG
ユニジョイナーの爪をスッパリ切り取ります。
IMG_6232.JPG
そんでもって、縁取り。

ここで新兵器の登場です。
IMG_6233.JPG
こいつをルーターに取り付けて、穴を掘り作業。
IMG_6235.JPG
慣れるまでは手こずりましたが、コツを掴めばなんてことはありません。
大事なのは深さよりも幅。
IMG_6236.JPG
そう、こんなやり方です。
ユニジョイナーが溝にぴったりはまって線路の横ぶれを防ぐんです。
IMG_6237.JPG
100均で買ってきた接着剤を路盤に塗って
IMG_6240.JPG
敷設。
もちろんピン留もしています。
KATOの専用ピンは長すぎて路盤を貫通してしまうので、ホームセンターで買ってきた6mmのピン。
接着もしてるので6mmでも十分でした。
IMG_6241.JPG
接続はこんな感じになりました。
しっかり固定されています。

今回は1番線から3番線の一部のみの作業となりましたが、これから先は試行錯誤せずサクサク作業が進みそうです。

Danke schön. Tschüß!

線路の敷設準備 その3 [レイアウト]

Guten tag.
前回までは線路敷設の当たりをつけて、実際の配置を観察しました。

懸案事項であったアルペンルートと貨物線の間の間隔は、そのまま空間利用することにしました。
当初は留置線を設置するつもりでいましたが、全面線路ばかりになってしまって、返って面白みに欠けてしまうと思ったからです。
空間をどう使うか次第で線路脇の表情が大きく変わってしまうので、じっくり考えていきましょう。

さて、今回は罫書き作業です。
IMG_6127.JPG
線路に沿って、ガタガタガタガターと縁取りしていきます。
もう敷いてあるのに罫書きをする理由は、まだ固定しないからです。
もっとカッチリ位置を決めて、路盤に線路を接着するからです。
IMG_6135.JPG
ガタガタ罫書きのあと、線路を外して金尺でしっかり計測しながら仕上げの罫書きをしました。
IMG_6136.JPG
計測しながらだと、こんなにずれていたことがわかります。
横着しなくてよかった。
ずれるとホームの設置ができませんからね。

続いて前回とは反対側に線路を敷きました。
こちら側は大きくカーブしています。
IMG_6137.JPG
駅の途中にカーブがあるとホームの設置が難しくなるのですが、深みが出るというか、見た感じが楽しい駅になるんです。
IMG_6138.JPG
俯瞰にするとそれほど急カーブではありません。
1番線はちょっときついかもせれませんけど。

さて、その1番線
IMG_6139.JPG
車体が接触しないかテストが必要。
IMG_6140.JPG
クリアですね。
でも、だめ押しで
IMG_6141.JPG
角を落としておきました。

次はいよいよ敷設作業かな。

Danke schön. Tschüß!

線路の敷設準備 その2 [ストラクチャー]

Guten tag.
今日は作業してからの家族サービスでした。
寒かったですね。
東京は明日の朝さらに冷えこむようです。
要注意ですね。

さて、昨日は3番線から6番線までの2面4線の線路配置を決めました。
今日は7番、8番線から。
IMG_6102.JPG
こうなりました。
左側の8番線はうねりが出ています。
なぜなら、KATOファインじゃなくて、ユニトラックから両側に広がるようカーブレールの道床を使ってフレキとの接続部分を設置したからです。
右側はいいとして、左側は直線でよかったみたい…。
で、見直し。
IMG_6105.JPG
まだちょっと微調整が必要になりそうですが、とりあえずストレート道床で接続しました。
IMG_6106.JPG
こんな感じで。

では、9番線、10番線、そして1番線、2番線と敷設していきます。
で、ホームも置いていきました。
IMG_6113.JPG
IMG_6107.JPG
いいんじゃないですか?
かなりいいんじゃないかと思います。

俯瞰はこんな感じ。
IMG_6114.JPG
どうでしょう?
1から6番線まではメインルート、7から10番線まではアルペンルートとなります。
ですから6番と7番の間はちょっと広めに間隔をとって駅係員の専用通路、または荷物積み込み用のサービスプラットホームにします。

ここで、懸案事項が発生しました。
10番線と貨物線の間が異常に離れています。
わかりますか?
1番左のホームのさらに左横です。

この空間、ちょっと離れすぎです。
留置線でも追加したらいいのかなぁって思ってます。
それとも、木を植えたり、鉄道施設を設置するのもありなのかなぁとか思いますが、さてどうしましょう。
この1週間の課題としましょう。

それと、貨物線のさらに左側、つまり一番左側の部分、貨物の引込み線を予定していますが、1線にするかポイントを設置して2線にするか悩み中。
まだ作ってないけど貨物用の倉庫とホームもあるので、それをどう演出するかが問題です。

こうして実際に線路を敷設してみると、いろいろ考えなきゃいけない部分が出てきますね。
それだけで、今回の作業は成功と言えます。
ご意見あればぜひお願いしますね!

最後に今回の作業を別の角度から。
IMG_6117.JPG
IMG_6123.JPG
う〜ん、たまらん!
中央駅って感じ!

Danke schön. Tschüß!

線路の敷設準備 [ストラクチャー]

Guten tag.
今日は子供を公園に連れて行ってからの作業です。
時間がなかなか取れませんが、それでも少しだけ進めます。

駅部分のコルクシートを敷き終わり、いよいよ線路の敷設準備に入ります。
IMG_6081.JPG
若干フレキシブルレールの方が低いようですが、問題ないレベル。
このままいきましょう。
IMG_6082.JPG
ホーム幅や複線間隔に合わせるため、ポイントの分岐幅から調整が必要になります。
まずは基準となるラインを決定しました。
このラインは直線で敷設します。
IMG_6083.JPG
続いてホーム幅に合わせてフレキシブルレールを敷設。
ここで実際に車両を使ってテストをします。
IMG_6088.JPG
IMG_6087.JPG
いい感じ。
ホームと車両は程よい間隔です。
IMG_6089.JPG
次にホームの高さを確認します。
車両のステップを見る限り、ちょっと低い気もしますが、これでも十分いけそう。
でも、あと1mmほどかさ上げするとベストかも。
これは今後の検討課題ですね。
IMG_6091.JPG
さらにレールを敷設します。
IMG_6090.JPG
いいですねぇ。
実感がわいてきました。
IMG_6092.JPG
真上からみるとこんな配置です。
今日はここまで。

Danke schön. Tschüß!

橋と線路 [ストラクチャー]

Guten tag.
2日連続の投稿です。

レイアウトを作る上では、製作者のこだわりはとても重要になります。

どのようにレイアウトのハイライトを設けるか、それは製作者にとってとても大事なこと。

今までレイアウトプランが決まっていなかったので、どうしても橋が決まらずにいましたが、ようやくプランも決まってどこにどんな橋を架けるかも決まってきました。

採用したのはこれです。
IMG_6077.JPG
Fallarのトラスアーチ橋。
ずっと前からこの橋はレイアウトのハイライトとして考えていました。
プランが決まって採用も決定です。
そして、この橋と並行して設置しようと思うのはこれ。
IMG_6059.JPG
TOMIXの560mm鉄橋です。
こんな感じで届きました。
IMG_6058.JPG
あと2つ入る感じ。
なんかもったいないきがします。

そして、
IMG_6064.JPG
フレキシブルレールも50本到着。

Danke schön. Tschüß!

コルクの地面 [レイアウト]

Guten tag.
突然ですが、このブログで使っているGut(グート)という名前、実はわが家の愛犬の名前なんです。
なぜ今さら?と私も思いますが、いつか紹介しておかなくては、と思いつつ今日まで来てしまいましたので、ここらでそろそろ的な感じです。
IMG_6067.JPG
彼がGutくん。
ボーダーコリーの男の子、8歳です。
ボーダーコリーは中型犬に分類されますが、彼は成長著しくラブラドールレトリバーの女の子ぐらいあります。
体長140cm、体重25キロ…。
立ち上がると妻の顔を舐めることができます。

私は学生のころからボーダーコリーに憧れていて、結婚したら飼いたいなぁと思っていました。
妻も犬が大好きだっので、入籍当日、何気なくペットショップに行ってみると、そこには憧れのボーダーコリーが!
妻と一晩悩んだすえ、迎えに行きました。
それがGutです。
そして私のハンドルネームに(笑)

さて、本題へ。
前々回に紹介したポイント埋め込み作業のもう片方ができあがり、現在は駅部分にコルクシートを敷き詰める作業をしています。
IMG_6052.JPG
作業中はこんな風に散らかり放題。
使っているコルクシートは厚さ1mmのシールタイプ。
木工ボンドで貼り付けることも考えましたが、これだけの面積にボンドを塗るのは結構やっかいですし、ベニヤ板がボンドの水分を含んで剃ってしまうので、シールタイプにしました。

しかし、これだけ広い面に貼り付けるとなると、それはそれで難しいんです。
IMG_6053.JPG
わかりますか?
こんな風に歪みが出て膨らむ部分が…。
これを放置すると線路を敷いたあと、思わぬイタズラをされてしまうかもしれません。
IMG_6054.JPG
ですから、こんな風に切り込みを入れて、余分な部分をミリ単位で切り取って調整します。
IMG_6055.JPG
どうでしょう?
調整した部分わかりますか?
金尺は平らになったことをわかりやすくするために置いています。
こんな調整を何か所もやりました(汗)
IMG_6056.JPG
続いて、ユニトラックとの接点です。
入り組んだ形状なのでかなり手間がかかります。
IMG_6057.JPG
こんな風にシートを画鋲で留めて、ユニトラット部分を罫書いてカットしていきます。
IMG_6062.JPG
完成です。
IMG_6063.JPG
反対側も同じ要領で作業して完成しました。

罫書いたわりにピッタリじゃないので継ぎはぎだらけ(笑)
まぁ、このコルクシートはバラストに隠れてしまうので雑でもいいんです。

次は、駅部分にフレキシブルレールを敷いていく予定です。

Danke schön. Tschüß!

ジャンク品のEaos [貨車]

Guten tag.
朝晩はすっかり涼しくなってきましたね。
私は昨日38度の熱を出しました…。
それでも作業しちゃう(笑)

今日はレイアウト製作ではなく、先日手に入れた貨物車の紹介です。

入手したのはもう1ヶ月ほど前のこと、仕事でアキバに行ったついでにちょっと寄り道したポポンデッタでみつけちゃいました。
IMG_5989.JPG
FleischmannのNスケール30周年記念的なEaosセットです。
ドイツ、オランダ、オーストリア、スイスのEaosが入ってます。
為替相場で比較的円が有利な現在でも、Eaosの単品は2400円前後するので、おそらくこのセットは発売当初かなりのお値段だったに違いありません。
そんな高価なものが、中古コーナーに2000円で鎮座していました。
1つ500円ってことです。
ヨーロッパ型は中古でも半額以下になることはありません。
モノによっては定価並、下手すりゃ定価以上します。

安すぎる。
何かおかしい。

むむむ、やっぱり。
4両中2両のバッファーが1ヶ所ありません。
まぁ、それぐらいのジャンクなら買いだが…、一応店員さんに確認してみたところ、
バッファー欠損の1両はさらに台車を固定する爪が折れているとのこと…。

むむむむむ、それは致命傷じゃないですか。

しかし、3両は生きている。
Eaos3両で2000円は買いだ。
しかも、その気になれば瀕死の1両も蘇生できるかもしれない。

お会計!

さて、こちらがジャンク扱いのEaosです。
IMG_6006.JPG
DBAG(ドイツ)のEaosはバッファー1つ欠損。

IMG_6007.JPG
OeBB(オーストリア)のEaosはバッファー1つ欠損と
IMG_6008.JPG
台車がぽろりな爪折れ。

治してみましょう。

IMG_5995.JPG
本来爪は2つあるようですが、ご覧のとおり1つしか残っていません。
欠けた方をなんとかするか、全部作り直すか…。
いろんな角度から考えます。
軸受け部分の中心にカプラー稼動に必要な溝があるので、欠けた方だけ作り直してくっつけるにも接着面がかなり小さくなってしまいそうですね。
じゃ、全部作り直します。

軸の素材は余り物のこれ
IMG_6009.JPG
サイズと弾力のあるプラスチックが決め手です。
こいつをカットして、ヤスリで削って、こんなものを作りました。
IMG_5999.JPG
加工中、ピンッてどっかに飛んでって、床に這いつくばって探して、またピンッて飛んでって…。
頑張って作りました。
IMG_6002.JPG
そして、残っていたもう片方の爪を切り取って、断面を磨いてなめらかにします。
IMG_6003.JPG
でもって、溝に入り込まないように瞬間接着剤でくっつけます。
固まるまでぎゅーっと押さえつけ。
IMG_6004.JPG
台車をはめるときは緊張の瞬間です。
カチッとなった瞬間、接着がとれちゃうんじゃないかって。

うまくいきましたよ!

台車は滑らかに動きます。
程よい遊びもあります。

生き返りました!
わーい、これで1両500円だ(笑)

欠損のバッファーはそのうち時間を見つけて作りましょう。

IMG_6005.JPG
これで我が家にEaos4両が追加され、全部で11両になりました。

Danke schön. Tschüß!

前の10件 | -