So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

OBB Rh1044 [機関車]

こんばんは。
猛暑酷暑が連日で頭がおかしくなりそうです。

こんな陽気ですから、やはり屋根裏部屋もそんな感じで、昼間は常に30度を超えています。
そうなると、やる気に影響するんですね。

いくら大好きな趣味と言っても、ムリをすると嫌になってしまうのでムリはしません。
妥協だって前向きな決断だと思います。

はかどらない作業を解説しても仕方ありません。
今日はオーストリアの機関車を紹介することにしました。

オーストリアの機関車と言えば、現在はRh1116、Rh1216といった通称タウルスが主流となっています。
しかし、今日紹介するRh1044だって、まだまだ第一線で活躍する主力機関車なんです。
IMG_7611.JPG
この機関車は1970年代から1990年代まで製造され、オーストリアの貨客両用機関車として活躍してきました。
私が入手したのは赤白塗装にOBBロゴの入った最新版。
メーカーはFleischmannです。
Rocoから引き継いだ金型で継続生産されたもの。
丸い窓が趣を感じさせますね。
IMG_7612.JPG
お顔立ちもなかなかレトロ。
ワイパーが少々大げさな気がします。
IMG_7615.JPG
おきまりの斜め。
どうでしょう?
フロントの出っ張りが独特ですよね。
こうした個性がコレクションを華やかにしてくれています。
IMG_7616.JPG
最後は屋根周り。
やはり古い金型なのでもう一声な感じは否めませんが、全体的にはバランスのとれたいい製品です。
それと、最近のFleischmannは架線集電対応パンタグラフを廃止して、より現物に似せた小さなパンタグラフを装備して販売。

架線を設置する私としては、せめてパンタの幅を広くして、パンタが架線から離れないようにして頂きたいのであります

しばらく屋根裏は下火になりますが、応援よろしくお願い致します。

ではまた!

配線作業 [レイアウト]

こんばんは。
東京はもうすっかり夏の装いです。
梅雨はあけたんじゃないかってぐらい天気はいいし暑いです。

IMG_7572.JPG
これ、先日やった配線作業。
なんかすごく無駄な感じがしますね。

反省を踏まえて
IMG_7573.JPG
最低限の配線とします。
IMG_7574.JPG
フィーダーはちょこんとハンダ付け。
最低限、最低限。
IMG_7577.JPG
配線し終わった線路を路盤に固定。
IMG_7578.JPG
ここは中央部です。
配線がこんなに?ってほど改良されました。
IMG_7581.JPG
これ、脱着式線路へ給電するフィーダー線です。
もっとコンパクトにならんものかね?
IMG_7579.JPG
前回も紹介した高容量ホッパー車です。
20輌まではなんとでもなりそうですが30輌は重いなぁ?
でもグイグイ登ってくれました。

この調子でループ線を完成させてしまおう。

ではまた!

フィーダー [レイアウト]

こんにちは。
夏の有給休暇消化ノルマ達成のために急遽休みとなりました。
そうなると、屋根裏に行くしかありません。

今日は脱着式線路へ給電するフィーダー線を何とかしてみたいと思います。
なお、脱着式線路はこんな具合です。
IMG_7549.JPG
すでに線路の裏にフィーダー線をハンダ付けしてありますが、線路を取り外すときにフィーダーも取り外さなければいけません。
また、線路の接続部もジョイナーなしとしています。
IMG_7548.JPG
ここがジョイナーなしの接続部。
線路をネジにハンダ付けして完全固定しています。
右側は前回の工事。
線路をカーブさせたら、線路を固定したネジもわずかに回転。
思っていたラインになりませんでした。
左側は反省を活かしてネジ2つ。
これなら本当に完全固定です。

本題のフィーダー線。
本線用フィーダーは未だ路盤の下に垂れ下がった状態なので、コマンドステーションまで土台のベニヤを辿って行くことに。
IMG_7535.JPG
そのための穴を開けたところ。
コマンドステーションは画像右下方向ですが、ここから補助フィーダーを左に分岐させる作戦です。
IMG_7536.JPG
まずは分岐する本線フィーダーを2線分引っ張ってきます。
IMG_7537.JPG
途中でわかならくならないよう、ナンバリング。
IMG_7538.JPG
分岐される部分のビニールを剥離しました。
ニッパーとカッターで地道に作業。
これを1発でやる名前を忘れた工具がありますが、高価なんですよね…。
IMG_7540.JPG
分岐させるフィーダーを絡ませて
IMG_7541.JPG
ハンダ付け
IMG_7542.JPG
熱収縮チューブで絶縁して完了です。

続いて、フィーダー線の固定をしてしまいます。
IMG_7543.JPG
ホットボンドの出番。
IMG_7547.JPG
IMG_7545.JPG
IMG_7546.JPG
どんな場所でもあっという間に接着できて、しかも頑丈です。

最後に、電気的に独立してしまう脱着式線路のフィーダー接続。
IMG_7551.JPG
4連ピンソケットにそれぞれハンダ付けして熱収縮チューブで絶縁。
しかし、奥の線路のフィーダー線が長くて邪魔ですね。
本当は適当な長さに切ってから繋げる予定だったのですが、すっかり忘れてた。
IMG_7552.JPG
そこで、短縮してみました。
余計な仕事…。

そして、ピンソケットを
IMG_7553.JPG
ホットボンドで路盤に固定しました。
画像はピンヘッダを刺したところ。
次はこのピンヘッダに分岐して持ってきたフィーダー線を繋げます。

ではまた!

増えすぎた夜行列車 [客車]

こんばんは。
先日久しぶりにCityNightLineを増備したという記事をアップしましたが、その後、やっぱり欲しいなぁと思う車輌に想いを馳せていたところ、オークションにお手頃価格で出品されていたのでポチッてしまいました。

その数、7輌。
L.S.Modelsが7輌というのがどれだけ頭おかしいかは知る人ぞ知るところでしょう。
言い訳する訳じゃないですけど、お手頃価格だったんですよ。
5輌はね…。

そんなわけで、前から所有していた寝台車と今回増備した寝台車で夜行列車が3編成組めることになりました。
IMG_7491.JPG
右はCityNightLine新色
真ん中はCityNightLine旧色
左は各国混成のAutoZugとして運行予定
ちなみに、これらをごちゃ混ぜにするのも楽しみの一つです。
実際ごちゃ混ぜで運行されてるので、いわゆるウソ電にはならないはずです。

では車輌のラインナップを紹介。
IMG_7493.JPG
こちらはDB CityNightLineとして運行予定の編成です。
上から
ドイツ鉄道 CityNightLine Bvcmz(簡易寝台車)
ドイツ鉄道 CityNightLine Bvcmbz(車椅子対応簡易寝台車)
ドイツ鉄道 CityNightLine WLABm(1、2等個室寝台車)
ドイツ鉄道 NachtZug WLABm(1、2等個室寝台車)
ドイツ鉄道 CityNightLine Bvcmbz(車椅子対応簡易寝台車)
ドイツ鉄道 CityNightLine BDcm(荷物室付)
ドイツ鉄道 AutoZug Bvcmz(簡易寝台車)
ドイツ鉄道 CityNightLine Bpm(座席車)
ドイツ鉄道 CityNightLine Bpm(座席車)
CityNightLineというのは、元々ドイツ鉄道とスイス鉄道が出資して設立した夜行列車運営会社ですが、途中ドイツ鉄道が運営することになり、CityNightLineという名称だけが残りました。

IMG_7492.JPG
こちらは本家?CityNightLineとして運行予定の編成です。
上から
チェコ鉄道 WLABmz(1、2等個室寝台車)
CityNightLine Bvcmz(簡易寝台車)
CityNightLine Bvcmz(簡易寝台車)
CityNightLine Bvcmbz(車椅子対応簡易寝台車)
CityNightLine WRm(食堂車)
CityNightLine WLABm(1、2等個室寝台車)
CityNightLine Bvcmbz(車椅子対応簡易寝台車)
CityNightLine WLBm(2等個室寝台車)
CityNightLine WLABm(1、2等個室寝台車)
チェコ鉄道の車輌は本来のCityNightLine車輌ではありませんが、色も同じでデザインも素敵なので、こちらのクラシック編成に組み込むことにしました。
Men on the moonのロゴがシビれます。

IMG_7494.JPG
こちらはAutoZugとして運行予定です。
実在はしませんが、似たような編成は見たことがあります。
上から
ロシア鉄道 WLABmee(1、2等個室寝台車)
ロシア鉄道 WLABmee(1、2等個室寝台車)
ドイツ鉄道 AutoZug Bvcmbz(車椅子対応簡易寝台車)
ドイツ鉄道 NachtZug WLABm(1、2等個室寝台車)
ドイツ鉄道 NachtZug DWLBm(荷物室付2等個室寝台車)
スロバキア鉄道 WLABmee(1、2等個室寝台車)
オーストリア鉄道 WLABmz(1、2等個室寝台車)
オーストリア鉄道 WLABmz(1、2等個室寝台車)
この編成に車運車を連結する予定です。
ロシア車輌はロシア国旗をイメージしていますが、現在は新塗装になっています。

ここまでくると、さすがに満足です。
でも、先日L.S.Modelsからnightjet車輌発売のアナウンスがされました。
それ買って夜行列車は打止めにしないとなぁ。

ではまた!

1周目 [レイアウト]

こんばんは。
今日は息子の幼稚園の発表会で休みを取ったのですが、息子は熱をだして幼稚園をお休み。
午前中は家事をして、お昼ご飯を作って、嫁ポイントを稼ぎ、午後はレイアウト製作。
妻の理解を得るための戦術というやつです。

前回トラブルが発生した架線を改良してみました。
IMG_7441.JPG
ここが左右にずれます。
IMG_7442.JPG
こんな風に。

そこで
IMG_7443.JPG
ずれを小さくするためにクリップ部分をタイトに整形しなおし。
ラジオペンチでグッとしただけです。

さらに、
IMG_7430.JPG
このつなぎ目の段差を解消したいと思います。
IMG_7457.JPG
リューターで研磨してみました。
これで段差によるストレスは解消されましたね。
この2つの改良でパンタの通過性は格段に良くなりました。
トラブル解決です。

続いて、ループ線の線路を敷設して行きます。
IMG_7432.JPG
ここはすでに設置済みの線路。
カックン接続を避けるため、あらかじめレールを曲げています。
IMG_7434.JPG
TOMIXのジョイントでレールをつなぎました。
いい塩梅になったと思います。

IMG_7437.JPG
1周ぐるっと回って、ここは脱着式路盤との接続部分です。
路盤と一緒に線路も分割されるため、ジョイントなしでレールをつなぎたいと思っています。
そうなると、線路の端っこがずれないように工夫が必要になってきます。
まずは線路を敷く部分に印を付けます。
IMG_7438.JPG
その印にこいつをねじ込みます。
真鍮ネジです。
IMG_7440.JPG
こんな感じ。
IMG_7446.JPG
枕木からの高さに合うようネジを微調整。
IMG_7447.JPG
ネジにハンダを盛ります。
真鍮ネジを採用したのはハンダの食い付きがいいから。
IMG_7450.JPG
フレキシブルレールをネジにハンダ付け。
これでずれることはありません。
IMG_7455.JPG
上下線ともハンダで固定しました。
IMG_7456.JPG
あとは、この中間部分を埋めるだけです。
IMG_7458.JPG
ループ1周目の線路を敷設完了。

では、走行テスト開始です。
ここは2.7‰の登り勾配。
IMG_7459.JPG
ずっしり重いL.S.Models5輌は難なく通過。
IMG_7460.JPG
高容量ホッパー車30輌編成もグイグイ登っていきました。

これで無事にループ1周目が完成。
次は脱着式路盤に線路を敷設するのですが、給電する仕組みも脱着可能にしなければいけないので時間がかかりそうです。

ではまた!

遅々と [レイアウト]

こんばんは。
妹と姪っ子がサンディエゴから帰ってきました。
そのためレイアウト製作の時間が取れません。
それでも、少ない時間を使って作業を進めています。
IMG_7381.JPG
ここは、ループ線の取り外しできる路盤です。
路盤を取り外すには、架線も取り外さなければいけません。
IMG_7382.JPG
そのため、架線はこうしてぶら下がってるだけ。
IMG_7384.JPG
パンタのテストをしています。
とりあえず、うまく走るようです。
IMG_7385.JPG
取り外すときはこんな感じになります。
とは言っても、取り外す機会はあまりないのかなぁ。
IMG_7417.JPG
次に、取り外し可能な路盤への架線固定作業をしました。
IMG_7418.JPG
こんな風にハンダ付け。
IMG_7423.JPG
奥の架線はヒートンに巻き付いていますが、手前はハンダで固定しているだけ。
巻きつける作業が大変だったので横着しました。
IMG_7431.JPG
ここでトラブル発生です。
取り外し式架線は固定されてきないので、パンタに押し上げられて位置がズレてしまいます。
そうすると、こんな風にパンタが引っかかってしまいます。

どーしよー。

ハンダで固定すると外せません。
ゴム系接着剤をちょん付けしたらうまくいくかな?

ではまた!


CNL増備 [客車]

こんにちは。
昨年末で運営を終了してしまったヨーロッパの国際夜行列車CityNightLine。
いつかこれに乗ってヨーロッパ旅行を楽しみたいと考えていたのに無念です。
そんな中、運行終了というタイミングだからなのか、L.S.ModelsというメーカーがCNLの再販をアナウンスしました。
前回の発売は、約5年前。
どういう販売経路なのかはわかりませんが、HobbyTrainというメーカーからL.S.ModelsのCNL7輌と専用機関車のセットが発売されました。
この時は、すでにオークションで集めた7輌を所有していたので、さらに7輌増備するのも気が引けましたし、車種のラインナップにもそれほど惹かれなかったので、高い出費をする気になれず見送り。

そして、待望の再販です。
今回の販売は3輌セットが数種類。
私が選んだのはこれ。
IMG_7388.JPG
IMG_7389.JPG
カノープスセットです。
CNLには運行路線によって、カノープス、シリウス、ペガサスなどの名称がつけられています。
ちなみに5年前の発売は、たしかオーロラセット。
行く先々の国で、その国の寝台車や座席車を増結するのが特徴です。
IMG_7392.JPG
今回の目玉はこのチェコ鉄道のシャワー付き個室寝台車。
北斗七星と車輌ごとにチェコの世界遺産が描かれています。
IMG_7395.JPG
台車も床下機器もL.S.Modelsらしい造り込み。
IMG_7396.JPG
このセットに入っている車輌に描かれているのは、世界遺産クロムニェジーシュ宮殿です。
IMG_7411.JPG
これだそうですが、私も初めて見ました。
WIKから拝借(笑)
IMG_7397.JPG
黄色いドアが編成にアクセントを付けてくれます。
ちなみに「CD」はチェコ鉄道のロゴ。
IMG_7401.JPG
続いて、新色の自転車置場付き簡易寝台車。
IMG_7402.JPG
自転車マークに大きなドアが魅力の一つ。
IMG_7403.JPG
窓の中をよく見てください。
寝台、はしごは全て別パーツで塗装済み。
これがL.S.Modelsというメーカーです。
IMG_7398.JPG
最後は、新色の簡易寝台。
これは番号違いですでに所有しているので、別にいらない?わけでもない(笑)
IMG_7400.JPG
窓の中をよく見てください。
こちらは通路側ですがトイレのドアノブ、コンパートメントドアの冊子、壁、全てが造り込まれています。
おそるべし、L.S.Models。

ちなみに、私が好きなのは旧色。
IMG_7405.JPG
IMG_7406.JPG
チェコ車輌と同じ色ですが、このロゴがやっぱり好きなんだなぁ。

てことで、CNLが10輌編成に増備されました。
IMG_7390.JPG
機関車を入れると全長1700mmにもなります。
IMG_7391.JPG
乗りたかったなぁ。

ではまた!

もくもくと [ストラクチャー]

おはようございます。
城壁を延長すべく、もくもくとkibriを作っています。
IMG_7367.JPG
これを作れば自宅に持ち帰った城壁キットは最後。

見てのとおり、とても単純なキットなので製作模様は電飾作業をお伝えします。
IMG_7371.JPG
これは小塔の部分です。
内子を作って遮光する方法はとても時間がかかるので、構造にもよりますが最近は内側をブラックで塗装してしまいます。
パーツの繋ぎ目は接着剤を流し込んで隙間を塞ぎ、その上からたっぷりの塗料を塗ってやります。
このまま、LEDの土台を組み込んで終わりにしようかと思ってましたが、よく考えると上に光が漏れそうです。
IMG_7372.JPG
そこで、厚紙を切り出して蓋をすることにしました。
IMG_7374.JPG
蓋をしたら、隙間を埋めてダメ押しの塗料でさらに遮光。
IMG_7376.JPG
砲弾型LEDは直接厚紙に木工ボンドで接着です。
IMG_7377.JPG
飲みながらの作業だとハンダが汚いですね(笑)
まあ、見えるところではないからいいや。
IMG_7375.JPG
こちらは塔の本体です。
中には強烈なLEDの光が降り注ぎます。
中が抜けていると、足元から光が漏れてしまうので、途中で遮光しました。
IMG_7378.JPG
点灯実験。
遮光は成功したようですね。
IMG_7379.JPG
ずいぶん長くなりました。

まだ屋根裏に何個か未製作の城壁があったと思いますが、城壁はいったん停止。
飽きるとモチベーションが下がるので、別のストラクチャーを作ることにします。

ではまた!

あれこれ [ストラクチャー]

こんばんは。
最近は平日の夜も製作意欲を燃やしています。
なぜなら、ちんたらしてるとストラクチャーの製作が間に合わないからです。

中央駅がある街は旧市街と新市街からなりますが、旧市街は中世の城壁に囲まれている設定です。
その城壁を固めないと旧市街も新市街も固まりません。

IMG_7339.JPG
いきなりこんな画像からで申し訳ないです。
これは、城門の塔にLEDを仕込んでいるところ。
前にも似たようなストラクチャー製作記事をアップしているので、途中経過は割愛したわけですが、いきなりこれはないですね(笑)
IMG_7332.JPG
LED設置部のアップです。
1608チップLEDを瞬間接着剤で固定しているところですが、押さえつけないと瞬時に固まりません。
固まるまでずっとこの状態をキープです。
IMG_7340.JPG
ここは塔の上。
砲弾型LEDに先ほどのチップLEDの配線を繋げます。

ここでトラブル。
2つのLEDとCRDを接続して電源に繋ぐも、光らず…。
そりゃないよー、ということで、よーく考えてみました。
あ、チップLEDのプラスと砲弾型LEDのプラスを繋げてるじゃないの(汗)
チップLEDのプラス側端子に繋いだエナメル線がわからなくならないよう、こっちがプラス、こっちがプラスって念じていたら、砲弾型LEDのプラス側に繋いでしまったというオチです。

繋ぎなおして
IMG_7343.JPG
無事点灯。
LEDが破損してなくてよかった、ほっ。
IMG_7344.JPG
城門の中もいい雰囲気。

完成したので、すでに製作済みの城壁と繋げてみました。
IMG_7345.JPG
小さな塔の左右の城壁と手前の城門が今回作ったところ。
奥は前に作ったところです。
IMG_7346.JPG
反対側からも撮影。

ここで、屋根裏へ。
IMG_7355.JPG
IMG_7356.JPG
週末はループ線の路盤切り出し作業です。
これで全ての路盤が準備できました。
IMG_7361.JPG
ひとまず1周目の路盤を固定して
IMG_7362.JPG
せっせとコルク道床を接着しました。
狭いループ線の内側に入って、ボンド塗って、コルク貼って、汗拭いて…。
思ったよりループ線の内側は広かったけど、大変な作業です。

脱着式路盤は外してコルク道床を貼ることにしました。
IMG_7363.JPG
楽。
今度からコルク道床を貼ってから路盤を固定しよう。

と、ここでまた城壁へ。
IMG_7366.JPG
手前の城壁を追加製作。
どんどん長くなっていきます。
ここの城壁は元々屋根がありません。
崩れ落ちたのか、最初からないのかわかりませんが、個人的には屋根があった方が好きだなぁ。

この画像の城壁は全てkibriのストラクチャーですが、屋根裏には製作済みのfallerの城壁も600mmほどあります。
そして、まだ未製作の城壁もあります。

全部作れば長さは足りるかな?

それを確かめるために、せっせと作っています。

ではまた!

ループ線 [レイアウト]

こんばんは。
まさにレイアウトの山場へさしかかっています。
7周して420mmの標高を稼ぐループ線。
先週の続きで柱の切り出しから。
IMG_7319.JPG
ちょうどいいサイズのベニヤがなかったので、2つのパーツを繋げることにしました。
IMG_7320.JPG
ボンドで接着。
思いのほかがっちり繋がってます。

ループ線の路盤を支える柱は全部で8つ。
IMG_7321.JPG
未設置の柱を定位置に並べて位置を微調整しています。
床から垂直に立たせるのが難しかったです。
IMG_7322.JPG
上から見るとこんな配置になっています。
この中に自分が入れるように設計したのですが、すごく狭い。
太らないようにしなくてはいけませんね(笑)


IMG_7333.JPG
さて、赤マルのところは修正が必要になりました。
この壁が邪魔で奥の線路が見えないし、届かないので、余分な部分を切り取ります。
IMG_7334.JPG
スペースを確保しました。
これでメンテナンスが少しはやり易くなったはずです。

続いて、柱と土台の接点になる部分を切り取る作業に取りかかります。
IMG_7336.JPG
ここは若干削って梁の角度に合わせました。
IMG_7338.JPG
こちらは切り取り。
IMG_7337.JPG
ここは、茶色の書込みのように梁を設置するので斜めにカット。

こうした調整を全て終えて、柱を床にネジ留め。

IMG_7335.JPG
柱の一つはあえて足を作らず、こうしてスペースを確保し、ここから潜ってループの中に入る予定です。
太らないことも大切ですが、柔軟体操もしておかなくてはいけませんね。
今さらですが、色々と制約が多いレイアウトです。
こんなんで大丈夫なのかなぁ?

さぁ、柱ができたので気持ちを切り替えて、路盤をどんどん切り出しますよ。
なんと言っても7周分ですから気合いが必要です。
IMG_7327.JPG
今日はとりあえずここまで完了。
先日切り出したものと、今日切り出したもので半分を切り出しました。

難関のループ線ももう一息です。

ではまた!

前の10件 | -