So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ループ線詰め作業 [レイアウト]

おはようございます。
週末と言うのはあっという間に終わりますね。
週休3日は欲しいなぁと思う今日この頃です。

今回はループ線の最上段から鉄橋に繋がる線路の敷設をやりました。
まずは先週途中で終わった路盤から手を付けます。
6A881974-69E6-4B1B-88FE-8AE2045701A7.jpeg
コルクシートをボンドで貼り付け乾燥待ち。

乾燥したら一部をヤスリで削り、鉄橋との接続部へ向かってコルクシートを徐々に薄くしていきます。
8E101726-BF3D-485B-9C0D-321AE10257EE.jpeg
この路盤はループ線の最後の登り勾配に当たる部分で、鉄橋からは平行になります。
鉄橋手前で緩和した勾配になるように設置はしますが、どうしても最後は「へ」の字になってしまいます。
まして、鉄橋との接続部は線路も接続部になるため「へ」の字は避けられません。
そのままだとダブルデッカーのような床が低い車両は腹を擦ってしまうことになります。
そこで、このようにコルクシートで勾配をさらに緩和することにしたのです。
73449980-3D83-4A8A-95D9-C211E97D55E3.jpeg
手前は削ったもの、奥は削ってないもの。
この画像ではわかりにくいですが、現物もよく見ないとわかりにくいです。
それぐらい微妙な調整をしないと後で泣くことに、、、
C45824A5-41A8-4D09-8DFD-4F98BFAD9DAA.jpeg
末端がちょいと汚いですが、こんな感じ。

続いてフレキシブルレールにフィーダー線をハンダ付けしました。
53C9D9B7-419E-4C37-B767-484C8B04373F.jpeg
ループ線最上段まで引き伸ばしたフィーダー線をそのままハンダ付けする予定でしたが、ループ内での作業は大変なので、後から繋ぐ作戦に変更です。
70E1C2FC-EC8A-44CA-9EDB-2B761E236AB8.jpeg
ハンダでガッチリ繋げて熱収縮ゴムでコーティング。
7BA13156-B88D-4AA0-8841-C2F6B54F67E0.jpeg
フィーダー線は無駄なく綺麗に仕上がりました。
03011788-67A4-4032-90E6-7BB16BE2EBB0.jpeg
ラストの部分の線路は慎重に仕上げたいと思います。
橋部分との線路の接続にはKATOのジョイントを使う予定ですし、直線部分なので左右のズレは心配ありません。
しかし、勾配から平行になる部分なので上下のズレが気になります。
であれば、ハンダで固定するのみです。
2DFF1DB9-7585-404D-B997-9F59DE9D022A.jpeg
ジョイントを収める場所を確保できる位置に真鍮ネジを設置し、ここに線路を直接ハンダ付けしてしまいます。
00819F03-24E1-4E4F-9718-80B1A6314BD4.jpeg
まずはゴム系接着剤でレールを固定します。
末端部分が浮き上がらないよう枕木を差し込んでピンで押さえつけ。
この状態でハンダを流し込みます。

あぁ、ここで時間切れ、、、
またしても中途半端なところで終了。
こんな些細な作業も結構時間かかるんですよね。

ではまた。

nice!(8)  コメント(6) 

ついにここまで [レイアウト]

こんばんは。
今日は久々の雨でした。
そして私の冬休みも今日で最後。
4日5日と休みを取ったので大型連休を満喫していました。

家族サービスの傍でレイアウトの建設も進みます。
ここのところずっとストラクチャー製作ばかりしていたのでレイアウトの本格的な作業も久しぶりとなります。

たっぷりある時間でこんなものを作りました。
64261DE2-0DCD-4B15-B7C6-2C37AA8EAD7C.jpeg
なにやら複雑な構造。
同じようなものを
AD254EB1-56EF-42C9-8C44-AF90B098ECF3.jpeg
もう一つ。

さて、なんでしょう。
想像つきますか?

答えは
0196E2AA-D205-41E1-848C-9A73A10C5B48.jpeg
これ!
前に作った鉄橋の土台でした。
見事に左右平行を実現しています。
我ながら見事な完成度(笑)
EF7487D9-575C-43AA-8A1E-A75ACE8A56C7.jpeg
コントロールセンターからはこのように見えます。
これをやりたくて7周ループを作ったわけです。
レイアウトの地面からは420mm、床からは870mmの高さ。
ここを駆け抜ける列車を下から見上げることになります。
23239211-8321-4921-8BC8-9FD49F3E60CE.jpeg
俯瞰するとこの迫力!

そうすると、やりたくなるのはこれ。
91FA0AA4-4C0A-4AD2-ABB6-88984FE16F88.jpeg
おおおっ、たまらん!
6EE0C097-7FCD-4ACE-8C26-AADC0A02759D.jpeg
土台の部分は橋の構造に合わせて斜面を作り込みます。
寸分違わぬ土台に満足です。

さて、今度はループ線から橋へと続く路盤を切り出します。
5EEBD452-7BFC-46B6-8B49-7A9F983B2102.jpeg
この部分です。
03CD01B0-93A4-4A4A-9BD9-67C4E78322DB.jpeg
現物合わせで寸法を取り切り出しました。
線路を置いて路盤と橋の高さを見ます。
955CCA00-B03D-4E15-BAE7-575441F31A14.jpeg
若干路盤の方が高いようです。
この橋は橋の奥のメンテナンスをやりやすいように脱着式にしたいと考えているので、路盤部分と橋部分のレールも切り離し出来るようにしたいと思います。
そうすると、完全な平坦が求められます。
328AF977-4F2E-4338-91BB-C0D220D47BBF.jpeg
こうして路盤の基礎を削ること数回。
F78678B5-0873-4671-A6ED-E36AC91CD646.jpeg
ほぼ平坦を確保しました。
9CFB981D-9B99-4EE2-8EE8-BB1557E6AF98.jpeg
線路を置いて中心線を罫書きます。
複線間隔は29mです。
FCB28845-DCFB-4416-9F42-265E7B5D91CB.jpeg
罫書きをループ線まで延長して、コルクシートを貼っていきたいところで時間切れ。

この続きはまた来週。
ついにここまできたなぁ。

ではまた!

nice!(7)  コメント(9) 

謹賀新年 [ストラクチャー]

あけましておめでとうございます。
年末からコツコツと作っていたストラクチャーがようやく完成しました。
5F9B96E7-649C-4AEB-9416-68DC061F3B22.jpeg
Fallerの信号所です。
これで信号所は3つ目となります。
0E3BE71B-8860-4019-BF9C-3A7CCF6943A5.jpeg
パーツはこんな感じ。
完成品の見た目よりパーツが多いようですが、多ければ多いほど完成度は高くなると思っています。

あちらのキットは基本塗装済みと言うか、その色のプラスチックを使っているので、塗装の必要はありません。
しかし、これは箱の写真のように完成させるにはパーツの塗装が不可欠です。

例えば
332A84ED-849E-44B9-BDFE-8B8867A73F9B.jpeg
オレンジが薄すぎます。
1293FE26-4193-4E3F-AA5D-94B9FDE2CA50.jpeg
屋根瓦もちょっとイメージと違う。
72026AB1-63DB-462F-B380-67D1ECDD7860.jpeg
手すりに至っては全く違う色。

さらに、
9E49FFBD-9017-4D29-892C-4C1BCF1D7DF0.jpeg
箱絵にない煙突が説明書にはある。

まずは塗装から。
FA61F359-8AA7-4B79-8842-E3B5C1AE7E07.jpeg
今回は通常塗装に加えて、壁の遮光塗装も施しました。
右のパーツがそれです。

さて、組んでいきたいと思います。
C79E83A9-D9C2-4566-BF23-A8FCE8935182.jpeg
四方の壁を組んだら、このように輪ゴムで固定し、裏から流し込み溶剤を流し込むとガッチリ隙間なく固定できます。
37DC09D0-85C9-41DD-A64B-5FFE51986C56.jpeg
ポイント切り替え用のレバーをズラリと並べました。
ん?信号所?ポイント切替所?
鉄オタでない私には正確な名称がわかりません。
707A6BA6-1A45-4031-9E6A-A0DA18D988EA.jpeg
壁を設置するとだいぶ形が見えてきます。

ここで追加加工。
E942C2A3-3A21-4503-99BB-1B6B816B9F56.jpeg
部屋の四隅に天井を支える柱を設置し、作業台や階段の手すりなんかを追加。
さらに作業員も配置しました。
前回の信号所とは違い、こちらは真面目に仕事をしている設定です。
67D34F61-8100-4E29-9434-EA4EAF635A32.jpeg
ここで、電飾の準備。
1608サイズのLEDですが、正直ここまで小さい必要はないんです。
ハンダ付けの練習のために60個も購入してしまったので仕方なく使っていますが、そろそろ大きめのチップLEDを購入しようかと思っています。
A4C1092A-BEA5-4FE1-82E5-E4F1710022D0.jpeg
一発クリアで無事点灯。

これをプラ板から切り出した天井板に接着します。
57DB901A-5FB9-4881-ACF1-C7B86B59B24C.jpeg
プラ板に穴をあけ、室内側に木工ボンドを垂らして乾燥させます。
そしたら屋根側からクリアーオレンジを塗装し、配線済みLEDを瞬接でくっつけます。
この時、接着材でLED全体を覆うと後々の遮光やハンダの剥離防止に役立ちます。
C75DA8B0-4CD7-4D7F-B7C0-2631DEA9BAC5.jpeg
ブラックで遮光塗装。

65045054-9FD6-4EEF-8263-09C513795919.jpeg
屋根と細かなパーツを取り付け完成です。
箱絵のイメージに近づいたと思います。

それでは電飾開始。
4826504D-85B1-4CE5-AFFE-CA81351001C8.jpeg
今回は柔らかな光の照明となりました。
EAC3511B-B816-4D57-AA83-0A8871BCEA52.jpeg
これは下から光源を撮影したもの。
LEDの強烈な光も、木工ボンドでコーティングすることによって柔らかい光にすることができます。
DFA72410-B117-46A0-90E2-C36DAA71881D.jpeg
こうやって中を覗き込んだときに見えるディテールが大好きなんです。

こいつを眺めながら一杯やってブログの更新です(笑)

では、今年もよろしくお願いいたします。

nice!(5)  コメント(11) 

信号所のイメージ [レイアウト]

こんばんは。
せっせと作ったストラクチャーの配置イメージでもやってみようと屋根裏へ。
92DD76C7-92FA-4507-A753-A303ED984A5D.jpeg
この信号所をレイアウトのどこに設置するか試してみました。
7415FFCE-5551-4F6D-8972-0851BF9106E5.jpeg
ここはちょうど信号所の足が収まるので、車輌の通過に干渉しないかチェックします。
42D18BE3-9855-4D0B-8989-C07014BB3224.jpeg
ここはちょっとギリギリですが、なんとかクリア。
21E1BC26-A281-4435-BC65-382D34F5EFB0.jpeg
こっちは楽々クリア。
410150C3-52E4-4A6E-B673-FFFD86FE48D7.jpeg
ここも余裕でクリア。
BE62B117-5141-4003-98D8-65EBEA4ADFE8.jpeg
こんな感じでいいかなぁ。

と、思ったけど、この位置より奥というのもありです。
937E26D6-96EA-4D2A-AAB6-2371DCCB3A7F.jpeg
ここならホームとかぶることもないし、列車との間隔も余裕があります。

いずれにしても、改造なしでレイアウトに使えることを確認。
よかったよかった。

今年も残すところわずかとなりました。
今年1年nice、コメント下さった皆さま、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

では、良いお年を!

nice!(6)  コメント(9) 

DB Regio [客車]

こんにちは。
年末はやはり何かと忙しくここ数週間は模型いじりもできない状態。

そんな私にもささやかなクリスマスプレゼントが届きました。
888A3456-49C5-4FEC-A4CD-2454D8DCF8DC.jpeg
ドイツ鉄道近郊列車のレギオナルエクスプレス(RE)とレギオナルバーン(RB)の増結車です。

レギオナルエクスプレスは既に4輌編成を所有していましたが、多くの場合5輌編成で運行されています。
そのため、1輌増備するために7年以上も安く手に入れるチャンスを伺っていたのです。
ヤフオクで発見し定価の半額での入手です。

8F702324-CAA0-4814-85A6-4D2E299101EF.jpeg
手に入れたのはFleischmannの2等車。
車体には紺色の広告が施されています。
6D90A9FF-BAF4-4A90-BFF3-7F2A5F680DB5.jpeg
2階のシートはボディに付いていました。
車内灯が1階まで届くよう通路部分は空洞になっています。
D3316E72-0753-4573-9E1C-95B53034C0D4.jpeg
行先表示はカッセル中央駅。
既に所有している車輌はシュトゥットガルト行とミュンスター行とカッセル行。
どうせ見えないので気にしません(笑)
8C9221E0-1CF1-42DD-AD14-51A4C94771DF.jpeg
これで念願の5輌編成となりました。
牽引機はRE専用のBR146形機関車です。

続いてはレギオナルバーンの増結車。
D802BA95-3E89-415B-A245-625F5701543B.jpeg
こちらは既に3輌編成を所有しており、いずれは5輌編成を目指しています。
手に入れたのはBrawaの2等車です。
6C46C909-6D39-4E1E-BAB7-8F5B34D7E533.jpeg
床下機器にまで印刷が施されておりディテールが凄い。
465951D3-C3DB-47F3-8EA2-F18DBB05921F.jpeg
妻部を見るとテールライトの下に穴がありました。
もしやと思って確認したところ。
4DA38CDB-852F-4E02-A7CB-15A2880966DE.jpeg
おお、やはりありましたね。
後付けパーツ。
気が向いたら付けてあげましょう。
忘れると思いますが(笑)
00B36DB7-761F-4928-984F-642A7B93ED0E.jpeg
これで4輌編成となりました。
一番後ろの車輌だけ、赤が鮮やかなのは、これだけArnoldのものだからです。
ちょっと目立ちますね。
牽引機はBR143形機関車。
レギオの定番機関車ですね。
B6959955-ED3F-4EA3-9B9B-CCBCA13B8555.jpeg
非電化区間ではこのようにBR218形機関車が担当します。
わが家のレイアウトは全て電化区間ですが、ディーゼルだって活躍します。
5A15737F-3E04-4623-A484-DE4D52594F53.jpeg
せっかくなのでDB Regio所属列車を並べて記念撮影です。
奥から
レギオナルエクスプレス
レギオナルバーン(新型)
レギオナルバーン(旧型)
ペンドリーノ
タレント
です。

この赤い列車が並ぶ様はTheドイツ鉄道という感じがします。
この中に白地に赤いラインのインターシティやインターシティエクスプレスが混ざると大都市の中央駅を演出できます。
さらにスイス鉄道やオーストリア鉄道、フランス鉄道の列車が混ざると国際的な中央駅となります。

今ではその全てを所有するに至りましたが、ここまで集めるのに10年かかったなぁ。

ではまた!

nice!(6)  コメント(9) 

機関庫 [ストラクチャー]

こんにちは。
12月に入り、すっかり寒くなって布団から出るのが辛いです。
レイアウトで使う線路周りのストラクチャーをせっせと作っていますが、作らなければいけないものが山ほどあります。

今回作ったのは機関庫。
D7AD0529-B5F4-4F72-98D3-3DC8FA43364F.jpeg
値札のとおり半額で購入しました。
これはどこで買ったんだっけなぁ。
吉祥寺のユザワヤだったか、イクスピアリの天賞堂だったか、とにかくまだ鉄道模型を始めたばかりでヨーロッパモデルのストラクチャーがどこで手に入るのかわからないころだったはず。
あのころは、選んで買うというより、見つけたら買う的な感じでした。
しかも20世紀からの売残りのようで外箱はヨレヨレ。
そんなわけで半額に値下がりしていたんですね。
西ドイツ製となっていますから、1980年代に生産された年代物です。

94C200FC-DA83-4005-AFE7-501B8173C61E.jpeg
中身は思っていたよりしっかりしています。
パーツが反ったり、欠品があったりするのかなぁと予想していましたが、完璧な状態でした。

では、製作へ。
787C3CCF-1425-4DEF-89E5-FDBAF1E15194.jpeg
外壁と床、そして赤い矢印の先にある謎の部品を取り付けました。
62C57BA5-1B74-42CF-BAC0-9C85BEAF0DDE.jpeg
謎の部品の先は扉につながります。

もうお判りですね。
0B52CCCB-2DE2-47D0-8958-B7FC3AA7B734.jpeg
機関車が入庫すると
54D0E2ED-AAE6-4235-9BB9-6CBDCC277FE2.jpeg
自動で扉が閉まります。
C038DA2F-68C0-405F-9BF2-15AE5B46EB07.jpeg
ただし、結構な力が必要です。
Nのモーターでは閉められないかもしれませんが、まぁいいでしょう。
E9810662-FC15-4918-B835-F59BF3077E35.jpeg
ということで、完成です。
屋根の飾りとレンガ造りがいかにもヨーロッパ的。
製品も年代物ですが、デザインも年代物ですね。

ちなみに屋根は脱着式となっています。
A8D9206C-9E25-48DF-9214-2916C9A7B0ED.jpeg
そのため
CE55FFD2-923E-43D2-B4CE-29CE0965EADD.jpeg
このような雨樋も
D384B52D-AF24-491C-AD8C-8B9701C7889C.jpeg
取り外せるよう、接着していません。

ではまた。

nice!(6)  コメント(8) 

貨物用駅 [ストラクチャー]

こんばんは。
12月ですね。
歳をとると時間が経つのが早いと言いますが、本当に早いなぁと感じます。
やりたいこと、やらなきゃいけないこと、たくさんあるのでバランスよく1つずつ実現していこうと思います。

今回は貨物用駅の製作です。
わが家のメインとなる中央駅の脇に、ささやかなスペースがあります。
そこを貨物用のスペースとして使いたいと思っています。
A40B40FF-2DF9-4C83-8810-CC91424FE584.jpeg
こちらは貨物用駅の倉庫。
古いタイプですが味があっていい雰囲気。
レイアウトに使うには最適なストラクチャーだと思います。
29C63347-520A-4004-B639-BD04020A4EC8.jpeg
パーツは多くもなく少なくもない中級クラスですかね。
今回も塗装から始めました。

途中の製作過程はこれといって特別なこともしていないので、いつもどおり割愛します。

C8AFBDB1-3B80-4392-8CBB-5BF2A22EC987.jpeg
完成です。
4A7F9426-08B8-4D60-9436-AAFEC41A4449.jpeg
倉庫の扉はこうして開閉可能な優れもの。
4F5644F9-2D69-41AB-B675-63569F213871.jpeg
反対側は扉の配置が違います。


877C1CF1-1D65-45AF-8391-C8136B7CC1E1.jpeg
作業員目線の画像をパチリとやりました。
細かい造形が臨場感を醸し出してくれています。
将来的にはフィギュアと荷物を配置していきたいと思っています。

続いて貨物用ホームの製作。
6207135E-9F9B-4550-ADF6-F423A924B555.jpeg
同じキットを2つ使います。
箱の写真が歴史を感じさせる1品です。
おそらくこよ写真が撮影されたのは私が生まれる前のことだと思います。
すごいロングセラーってわけです。

ホームの屋根はかなり前に塗料を調合したものを使いたいと思うのですが、久々に出してきてみるとこのあり様でした。
1946FE71-5BB3-45F0-8A34-98478BD0218B.jpeg
溶剤をたっぷり入れて満遍なく撹拌し、新たにフラットブラックとフラットホワイト数滴を入れて再調合。
A4EBDD34-2EFE-462A-A696-0B9C461B7302.jpeg
1つの箱にこれだけのパーツが収められています。
これを2個塗装して組んでいきます。
44EFAA0C-2302-44F9-9EEC-9449C05CBF92.jpeg
せっせと同じものを6個作りましたが、これは何でしょうか。
ホームの上に設置するのでしが、貨物用ホームなのでキヨスクではありません。
倉庫にしては小さすぎるし、トイレとしては数が多すぎです。
はて、何だろうか。
E3AB8B3D-962E-40CE-A175-E24AD316A57C.jpeg
これがホームのキットの1つ。
こいつを6個作るのですが、単調すぎてちっとも面白くありません。
ホームの高さは旅客用ホームと比べてかなり高いです。
ヨーロッパでは人の乗り降りより貨物の積み降ろしの方が利便性を追求しているのでしょうか。
862796FA-539B-4B3D-9C20-D3B5DFF4EBCA.jpeg
はじめに作った倉庫と並べて真上からパチリ。
結構長いなぁ。
わが家のささやかな貨物用スペースに治るのだろうか。

そんなわけで実験開始。
05C54C3B-784A-4012-85C5-E28E66392DBE.jpeg
貨物用ホームは貨物線の脇に設置してみることにしました。
長さはぴったり。
なんとか導入できそうです。
21AC5B66-7624-436C-8732-F83ADF42B4A6.jpeg
ところで、このクレーンたちはどこに設置しましょうかね。
場所はありますが、これではちょっとスペースが小さすぎです。
うーん、困った困った。
4DEF76C9-9AC7-4758-BA97-02315D66E19F.jpeg
なんせ、ここにも貨物用の倉庫がこれだけあるものですから。
そのうちいいアイディアが浮かぶかなぁ。

ではまた。

nice!(7)  コメント(9) 

最高到達点 [レイアウト]

おはようございます。
しばらくストラクチャー製作に傾注していましたが、たまには屋根裏もやっています。
ようやく投稿できる程度の成果が現れたのでここらで1つ。

今回は完成したループ線のさらに上に新規レーティッシュラインを追加する工程です。
8A618B93-9D27-45B3-AAF9-AC135CA01F6C.jpeg
20763FBF-3E87-43AE-BD16-9BC56C8947C7.jpeg
8BF10144-5DAE-4550-8E7D-125DE7ED195B.jpeg
8DB756BE-C5DD-4FC3-8A31-7916BBDE6973.jpeg
ループ線の路盤を支えるこの4枚のベニヤにレーティッシュラインの路盤をとおす穴を開けます。
うっすらと罫書きしてある部分です。

しかし、このまま穴を開ける作業をすると大量のおが屑でループ線が大変なことになりかねません。
5170F9A3-EA49-490F-8D66-188EA3438BBB.jpeg
そこで、画像のようにビニールでおが屑対策。
5E4CF284-E47A-4BD4-8628-B096C2615D58.jpeg
こんな感じにおが屑からループ線を守ります。

この狭い空間での穴あけ作業はなかなか難易度が高いです。
0D1FAE6D-C23F-4DD6-9F72-2D67B45862BA.jpeg
無事に4ヶ所の穴あけに成功しました。

ここは完成すると当レイアウトの最高到達点484mmとなります。
床面からはなんと934mm。

さて、路盤の形をどうやって決めようか。
追加した部分なだけに穴を開けた位置は精密とは言えません。

現物合わせで厚紙から型を作ってみることにしました。
C7395B40-80AD-4258-ABE4-335AFA46F581.jpeg
切ったり繋げたり、試行錯誤しながらも型の切り抜きに成功。
これを元に路盤を切り出し。
E9A8CB2D-E954-4F6E-9076-0EF7C7C61B11.jpeg
簡単に路盤を設置できたように見えますが、何度も微調整を繰り返した結果です。
カーブのラインはやや微妙ですが、トンネル内なので合格点としています。

次は右半分の路盤を作って線路を敷かなければいけません。

勢いで追加したレーティッシュラインですが、予想どおり工事の遅延に拍車がかかっています。

ではまた!

nice!(7)  コメント(7) 

コンテナクレーン [ストラクチャー]

こんばんは。
クレーンシリーズが続きます。
前回紹介したクレーンと一緒に購入したのはコンテナ用クレーンのこれ。
7B64371D-78A6-43A4-B2C1-9B9586B43292.jpeg
フォルマー製品です。
コンテナ貨車からコンテナトラックに積み換える、あるいはその逆のシーンが演出できます。
積荷の上げ下ろしシーンは鉄道模型ユーザーにとって大切な場面ですから、きっと役に立ってくれるはずです。

さぁ作ってみましょう。
5AB9A032-18B5-4253-9A4E-F887F521A6F1.jpeg
完成。
途中経過はアップするほどでもないので割愛です。
注目はここ。
FDFA0590-7F89-4BCD-A033-EFED7D011EE2.jpeg
足の部分の警戒色。
製品のとおりに作ると、ここには黄色と黒のゼブラ柄が印刷された紙を貼ることになります。
しかし、紙の貼り付けは経年劣化で剥がれてしまうし、私にとってヨーロッパの警戒色は赤白ゼブラなのです。
そこで塗装で赤白ゼブラを表現してみました。
イメージどおりで満足です。
62812235-5A01-4DFF-8B61-1D8993035247.jpeg
アームには重量制限が記載されています。
さすがにこれは製品に入っていたプリント紙を貼付しました。
35,000kgまでいけるようです。

ところが、このキットには肝心のコンテナが入っていません。

これじゃあ何のクレーンかわからないので、別にコンテナを準備しなければいけません。

まぁ、そんなこともあろうかと、かなり前に買ってあるあいつを持ってこよう。
878B6CE5-AE7E-49B9-8A67-9A3A2B878002.jpeg
え?
中身がない、、、

ではまた!

nice!(6)  コメント(5) 

クレーン [ストラクチャー]

こんばんは。
今週は貨物用のクレーンを紹介します。
5DFD3AF6-B270-4DB8-B6E4-6FA19B94C530.jpeg
フォルマーのこれ。
もう何年前になるでしょうか。
天賞堂で見つけて即買いです。

貨物列車が大好きな私は、当然、貨物列車が映えるシーンも好きです。
そしたらこの手のクレーンは絶対に必要となります。
日本でも保線用の機材が置いてある引込線などで見ることができると思いますが、ヨーロッパも同じなんですね。

さて、いつもどおり塗装して組んでみました。
4DAEAC82-8737-4F08-AA88-A6352B96E0A5.jpeg
あっという間に完成。
ご覧のとおり大して複雑なものではありません。
しかし、全てが繊細なパーツで構成されており、接着部も線ではなく、ほとんどが点です。
けっして簡単なキットとは言えないかもしれませんが、丁寧に組み上げれば難しいものでもありません。

いいですね。
この鉄骨丸出しな感じが。
42317243-65AD-4682-8D38-307477B4FB12.jpeg
クレーン部には操作用のボックスが付いています。
レールにぶら下がって左右を行ったり来たり。
レール部分は稼動部なのでタミヤのフラットアルミを塗って表現しました。
おそらくグリスの影響もあってサビはほとんどないのかなぁと思います。

71E486A4-B033-4BAA-BAE1-767DE1A27518.jpeg
こちらはクレーンの足元。
こちらもレールの上を前後に行ったり来たり。
枕木とレール側面はブラックで下塗りしてブラウンでウェザリング、上面はやはりサビが車輪で磨かれているのでフラットアルミで仕上げました。

2A82C0FF-A5E7-47D8-98CE-4CC00F65EFEA.jpeg
鉄骨に梯子がかかって足場があります。
お気に入りの部分。

ちなみに
2F1855F0-32F8-45B0-8447-C2650D080757.jpeg
操作用ボックスは可動式です。
この位置から作業員はボックスに乗り込むわけですね。

さて、ここでサビや汚れを入れて仕上げといきたいところですが、とにかく鉄骨が細かいので表現が難しいんです。
ついついやりすぎてしまいそうなので、しばらく様子を見てからにしたいと思います。
レイアウトに置いて雰囲気を見てからってのもありですね。

ではまた!

nice!(7)  コメント(11) 
前の10件 | -