So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ジョイント準備完了(半分) [レイアウト]

Guten morgen.
今月はユニトラックの加工ばかりやっています。
正直、飽きました。
でも、やらないと前に進めないので、無心で頑張っています。

それでもやっぱり飽きたので、たまには違う作業でもやってみます。
IMG_5920.JPG
この部分に路盤を設置することに。
IMG_5921.JPG
まずは路盤を置けるよう、梁を追加します。
梁と言える状態ではないですが、こんなもんで十分。
IMG_5924.JPG
奥も追加します。
穴あけをサボっていきなり木ネジをグリグリやったので、硬くて最後まで入らず、おまけにネジ山も潰れる始末。
それでも固定されたのでよしとしましょう。

IMG_5925.JPG
路盤を切り出して、スポッとはめて完成。
ちょっと穴が空いてますが、ここはトンネルないなのでそのままにします。

久しぶりに目に見える成果。
うーん、やっぱりこっちの方が楽しいかも(笑)

勢いがついたところで、ちまちま作業開始。
IMG_5938.JPG
フレキシブルレールが繋がるここに
IMG_5940.JPG
加工したユニトラットを設置して罫書き。
IMG_5941.JPG
ここをまたトリマーで掘削します。

IMG_5943.JPG
こんなにあります…、写ってない部分もあり、全部で24ヶ所。
IMG_5944.JPG
うまくはまるかな?
IMG_5945.JPG
バッチリ!

IMG_5946.JPG
全部バッチリ!

でもね、まだ半分です。
IMG_5948.JPG
反対側もやらねば…。

Danke schön. Tschüß!

ジョイント加工 [レイアウト]

Guten tag.
9月に入って更新が少なくなっています。
仕事が忙しいというのもありますが、アップできるような作業をしていないというのが理由です。

これまでコツコツとやっていたのは、ポイント故障時に交換を楽にするためのジョイント加工です。
image.jpeg
前に紹介したこの加工。
ジョイントをスライドさせてポイント前後のレールを外さなくてもポイントの交換を可能にしています。
ようやく駅右側の全ての箇所で加工が完了しました。

続いての作業は、ユニトラットとフレキシブルレールのジョイント部分の処理です。

image.jpeg
まずは、ユニトラットからレールを外します。

次に
image.jpeg
道床を短くカットして、ユニジョイナーをスライドさせる切り込みを作ります。
道床の長さは30mmです。
切り込みの反対側には枕木を4つ残しています。
ここがフレキシブルレールとの接続で大きな意味を持ちます。

その前に、ユニジョイナー用の切り込みですが、ホットナイフで少し小さめに切り取り、その後、ユニジョイナーを横に置きながらデザインナイフで少しずつ形を整えていきます。
ホットナイフでいきなりぴったり切り出すと、サイズが合わなくなってしまうので、面倒でも現物合わせで仕上げていきます。
image.jpeg
爪を切り取っとユニジョイナーをはめ込みます。
image.jpeg
そして、ユニトラックと接続。

ここで残した枕木4つの出番です。
image.jpeg
残った枕木の犬釘にフレキシブルレールを差し込み、ユニトラックと接続します。

これならジョイントだけで接続するよりはるかに安定した接続が実現できます。

特にカーブでは重要。
フレキシブルレールを曲げると、真っ直ぐに戻ろうとする弾性が生じます。
ジョイントだけで接続すると、この弾性がいたずらして、なめらかな接続を維持できなくなってしまうのです。
いわゆるカックン接続。
これは脱線を誘発します。

では、今回の加工でカーブをつくるとどうなるか。
image.jpeg
R300のカーブです。
道床を固定していないので、若干ずれてしまっていますが、接続部分の前後が犬釘で、固定されているので、カックン接続を避けることができます。
撮影は出来ませんでしたが、R200に曲げても、なお安定した接続を維持しました。

現在、この加工をせっせとしています。

Danke schön. Tschüß!

掘削 [レイアウト]

Guten tag.
せっせと作業を進めています。
現在取り組んでいるのは、ユニトラックの埋没作業。
何を言ってるのかわからないと思いますが、ベニヤを掘削して、そこにユニトラックを埋没させているのです。

今回のレイアウトはポイント以外はフレキシブルレールを使うので、高さ合わせをしなければいけません。
通常であれば、KATOのコルク道床を敷いてフレキシブルレールを敷設していきますが、コスト削減のためホームセンターで手に入るコルクシートを使うことにしました。
しかし、そのコルクシートは2mm厚しか手に入りませんでした。
それ以上の厚さのものはなかったのです。

そのため、レールの高さを合わせるためユニトラックを埋没させることに。

こんな兵器を使います。
image.jpeg
トリマーという電動工具。
image.jpeg
こうしてドリルでベニヤを掘削していきます。
ものすごい騒音とおが屑…。
作業が終わると耳鳴りとともに、全身おが屑まみれ。

そして出来たのがこれです。
image.jpeg
ポイント群を罫書きしてその部分を掘削しました。
結構時間がかかる作業です。

そして、電動ポイントのコードを
image.jpeg
えいやぁ!
image.jpeg
と、コネクターを切断します。
自作ポイントスイッチを使うので、こいつは邪魔なんです。

これを掘削したベニヤに設置していきます。

でもね、そう簡単にはいきません。
image.jpeg
こうして、全ての箇所で微調整が必要になります。

image.jpeg
上から見るとなんの変哲もありませんが、ちゃんと溝に埋まっています。

試しに、コルクシートを敷いて、フレキシブルレールを置いてみたところ。
image.jpeg
ん?
あれ?
マジか?
image.jpeg
高さが合ってないじゃないかっ!

なぜだ?
ユニトラックの厚みは約7mm。
2mmの溝を掘ったから5mmの高さになる。
フレキシブルレールの高さは約4mmでコルクシートの厚さは2mmってことは…、1mm合わないじゃないの…。

どうしてこんなことになったんでしょう?

一瞬、頭を抱えてしまいましたが、悩むことはありません。
コルクシートを1mmのものにすればいいんです。
楽勝です。

でも…、2mmのコルクシートを900mm×5000mmも買ってしまっています。

まぁ、いっか。

1mm部分を最小限にして、途中から2mmにしゃうとしましょう(笑)

1mmの誤差なら特に影響ないですから、たぶん。

Danke schön. Tschüß!

kibri7368 [ストラクチャー]

Guten tag.
夏休みシーズンも終わりが近づき、私もレイアウト製作がシーズンオフになりそうです。

これからは仕事と家族サービスの傍らで地道に製作活動をしていきたいと思います。
でもって、今日もしっかり作業したんですが、これが非常に手のかかる作業で、まだまだ発表できるレベルには達していません。

ですから、本日は6月からずっと取り組んできたストラクチャー製作の発表です。
image.jpeg
こいつを時間をかけて作っていました。
image.jpeg
パーツが多めなキット。
いつものように塗装から入ります。

image.jpeg
まずは壁から作りますが、ご覧のとおり窓が多いです。
窓が多いと窓枠、サッシ、ガラスという感じで作業量も多くなります。
image.jpeg
そして、kibriさんのストラクチャーは内子を自分で作らないといけない仕様。
壁に合わせてキットに同梱されてる黒紙を切って、窓部分に穴を開け、カーテン柄の紙を貼り付けていきます。
あれ?
黒紙が足りない…。

世話の焼けるストラクチャーです。
image.jpeg
足りない部分は文房具屋さんで買い足して作ります。
image.jpeg
壁を組んで、世話の焼ける内子を入れて、こんな感じ。

屋根を付けて、ディテールを作り込んで完成です。
image.jpeg
2軒がくっついたドイツ建築。
image.jpeg
裏側はこんな感じ。
このストラクチャー、城壁を利用した家屋なんです。
だから家屋の横に城壁が繋がります。
image.jpeg
こちらは毛糸屋さん。

image.jpeg
こちらは靴屋さん。

鉄道模型のストラクチャーに毛糸屋さんと靴屋さんがあるところは、さすが本場ドイツです。

image.jpeg
そして、今回は新たな試みをしてみました。
窓辺のお花はこれまで緑のフォーリッジに赤いスポンジを混ぜて表現していましたが、今回は緑のフォーリッジにエナメル塗料で赤をのせてみました。

思った以上に実感的!

しかも、楽(笑)

あー、長かった。
かなり手間暇かかるストラクチャーでした。
でも、同じシリーズのストラクチャーがまだ1個あるので、弱音を吐いている暇はないのです。

Danke schön. Tschüß!


脱獄 [レイアウト]

Guten  tag.
ちょいちょい夏休みをとってレイアウト製作をしているので、8月はブログ更新の速度が速いです。
もちろん、夏休みに向けてレイアウト製作のモチベーションを上げてきたという理由もあります。

今日の題名は「脱獄」
なんのこっちゃという感じですが、そのものズバリ脱獄なんです。

幼い頃から鉄道模型に憧れていた私は、確か中学生のときに簡単な固定式レイアウトを作りました。
お金がなくて、ただ単に線路を敷いて、駅を置いただけのものでした。
当時はTOMIXのファイントラック(茶色)を使っていましたが、道床付き線路は便利でいて不便なものでした。
なぜなら、道床付き線路は設置が簡単ではあっても、メーカーが設定した配置以外は成立しないというジレンマが存在するからです。
特にポイントとポイントの配置は完全にメーカーの設定に従わなければ成立しません。
さらに、限られたスペースに効率よくオーバルを設けると、システマチックで無機質なレイアウトが生まれることになります。
当時はそれで満足していたのですが、月日が流れて大人になった私は、そうした単調なレイアウトでは満たされなくなっていました。

もっと自由に線路を敷きたい!

そう思って新たなレイアウト(人生で3作目)では全面フレキシブルレールを使うことに決めました。

しかし、どうしてもポイントは手に入りやすい国内メーカーの道床付きを選択せざるを得ません。
そうするとメーカーの設定した範囲でしかポイント設置ができなくなります。

案の定、こうなりました。
image.jpeg
自由にポイントを繋ぐと、必ずこうして成立しなくなるのです。

メーカー設定という檻の中でしか生きてはいけない世界…、それじゃ、いや。

てことで、多くの先輩方が挑戦しているように、私もやってみました。

ここからが「脱獄」の内容です。
image.jpeg
さっきの画像の全体図です。
問題はクロスレール右上部分。

image.jpeg
右上が6mm長い。

image.jpeg
ルーターで切断!

image.jpeg
断面を整えて、合わせます。
うん、いい感じ。

image.jpeg
裏側も加工してユニジョイナーが入るようにします。

image.jpeg
ここで新兵器の登場!
ホットカッターです。
ハンダゴテの先にカッターが付いているもの。

image.jpeg
ユニジョイナーのスペースを切り出します。

image.jpeg
これがユニジョイナー。

でもって、
image.jpeg
爪を掻き切りました。

image.jpeg
こうして爪を掻き切ったユニジョイナーを入れて

image.jpeg
接続するポイントを持ってきて

image.jpeg
ユニジョイナーをスライド。

わざわざユニジョイナーをスライド式にした理由は、ポイントが故障した場合、取り外しが簡単にできるからです。
もちろんジョイントだけでも成立しますが、ユニジョイナーを使うことで接続部がカッチリ固定され、脱線や通電不良といったトラブルを避けられるので、あえて面倒な方法を選択しています。

image.jpeg
メーカー設定からの脱獄を完了!

さらに
image.jpeg
こいつを

image.jpeg
短縮。

その結果、メーカーさんが提供できない複雑な線路配置を実現できました。
image.jpeg
image.jpeg
全部で8ヶ所も掻き切り、規格外の長さの直線レールを2本作りましたが、これが結構簡単です。
便利な道具に助けられたのは間違いありませんが、思っていたよりハードルは低かったというのが私の感想です。

つまり、オススメってこと。

もちろん、保証はしません(笑)

Danke schön. Tschüß!


JAM [エピソード]

Guten tag.
今日、ついに行って来ました!
長年その存在は知っていたのですが、なかなか足を運ぶことができずにいた国際鉄道模型コンベンション。
ブログで交流させて頂いているJR浜松さんのお誘いで、行く決意をしたのです。
鉄道模型を本気で始めるきっかけとなった木こり鉄道さんが出展しているJAM。
残念なことにJR浜松さんは、都合がつかずお会いできませんでしたが、木こり鉄道さんとはずいぶんたくさんのお話しができました。
木こり鉄道さん、ありがとうございます!

私が虜になった木こり鉄道さんのレイアウトを心ゆくまで堪能してきましたので、紹介させていただきます。
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg
なんてこった!
模型がこんなに素晴らしいだなんて!

改めて、木こり鉄道さん、ありがとうございました。

私もレイアウト製作頑張ります!

Danke schön. Tschüß!

閃いた! [レイアウト]

Guten morgen.
もうすぐ夏休みかぁって思ってたのに、8月も中旬になってしまいました。
屋根裏の大工は日々レイアウトのアイディアを求めて通勤電車で頭をフル回転させています。
ですからあっという間に職場に着きます(笑)

中央駅へのアプローチとなるポイント群は、我が家のレイアウトでは見せ場の1つです。
image.jpeg
複々線から10番線まであるプラットホーム、そして貨物用引込線へと分岐を繰り返しながらアプローチする列車はきっと見ていて飽きないのだろうと楽しみです。

でも、実は気に入らない部分があるんです。

ここ
image.jpeg
この2つのポイントの位置と向きが気に入らないんです。
この先は右に15度カーブして島式のプラットホームに至ります。
image.jpeg
プラットホームを挟む感じで分岐しますので、当然線路間隔を広げなければならず、上画像のような導線をたどります。

おかしくないですか?
赤い導線。
なんかちょっと不自然なんですよ。

それに、結構キツイS字カーブなので、脱線のリスクも高いと思うんです。
それと、もっと下方向にずらせればホームの有効長も伸びるのになぁなんて考えたいました。

悩んでも悩んでも固定観念から抜け出せず、いい案が思いつきません。
そのうち「これでいいや」なんて風に妥協していました。

大工仕事の傍ら、このポイント群を見ていたとき

閃いた!

そう、見えてしまったんですね(笑)

通勤中じゃねーのかよっ!

とツッコミが聞こえてきそうですが、通勤中じゃないんです。
だいたい通勤中にフル回転しているオツムは空回りが多いです。

見えたのは
image.jpeg
こんなアイディア!

気に入らない分岐をここへ移動させれば、ホームの有効長も確保できるし、不自然なS字カーブも解消できてしまいます。

見た感じでは、より複雑になったようですが、場所が変わっただけでポイント操作に変更はありません。
それに、見た感じが複雑ってのはとてもいいことです。

image.jpeg
プラットホームへの導線も自然な感じになりそうですし、いっきに20センチ以上もホーム有効長を稼ぎ出しました。

これだけ長さを確保できれば、他の部分で線路を切り取らなくても成立しそうです。
ポイント交換などが必要になったときのことを考えると、いちいち改造せずに既製品をそのまま使えると楽なので、切り取りはできる限り避けたかったから一石二鳥ってやつです。

ただし、左分岐のポイント2個が右分岐のポイントに変わり、クロスレールも2個追加されたので、新たに買い足さなければいけません。
しかも2セット…。

比較しやすいようにBefore&Afterの画像を並べておきます。
image.jpeg 
image.jpeg
今回は全編鉄道模型のブログになった(笑)
Danke schön. Tschüß!

大工仕事4 [レイアウト]

Guten tag.
大工仕事というタイトルがいつまで続くのか、本人も謎に包まれています。

しかし、避けては通れない道です。

前回作ったコンパスでとりあえずループ用路盤を試作してみました。
image.jpeg
スペースの問題から円ではなく、歪んだ楕円でループを乗り切ることにしたのですが、ループの内側が思いのほか狭い。
中に入ってレールのメンテナンスなんかをやろうと思っているのですが、果たしてできるのでしょうか?
まぁ、ここまで来たらやるしかないんですけどね。
image.jpeg
路盤はぴったりではなく、両側とも5mmほど長めに作っています。
なぜなら、ループの試験線を作った時、ぴったりでは長さが足りないことがわかったからなんです。
勾配で標高を稼いだぶん、長さが足りなくなるというロジックです。

この路盤をベースにして、7周ぶんをこれから切り出さなくてはいけません。

でも、その前に、こんなものを切り出しました。
image.jpeg
左の2つは実家にあった9mmのベニヤを2枚貼り合わせて18mmにしてあります。
右の3つは12mmのベニヤを買ってきました。
厚さが2種類あるのにはちゃんと理由がありますが、その解説は後ほど。

この不思議なベニヤをどうするのか、もうおわかりですね。
image.jpeg
こんな風に設置します。

そして
image.jpeg
こうやって路盤を置いていきます。
そう、ループ線の土台なんです。
18mmの部分は路盤の接合部で、12mmの部分は単なる支えと言うわけです。

さて、ここからはまた別の作業です。
久々に鉄道模型っぽい内容です。
image.jpeg
中央駅へアプローチするポイント群の位置決めをします。
まだ線路の短縮工程が終わっていないので、だいたいの位置になりますが、概ねこんな感じでいってみましょう。
image.jpeg
反対側も同じように並べて
image.jpeg
両サイドの距離を測ってみます。
image.jpeg
メジャーを線路に見立てて、さてどうでしょう。
image.jpeg
じゃじゃーん!
ICE1の14両フル編成が収まる2200mmの距離を確保できるようです。
よかったのぅ。

それでも物足りなくて、いや、緻密な作業を実現するために
image.jpeg
実際にICE1を置いて長さの再確認。
image.jpeg
収まってるでしょ〜。
これでスムーズに作業に取りかかれそうです。

いやー、あっちへこっちへの記事になりましたが、こんな感じで大工仕事は進んでいます。

お次はどこをやっつけようかなぁ。

Danke schön. Tschüß!

大工仕事3 [レイアウト]

Guten tag.
ここ最近、これは本当に鉄道模型のブログなんだろうかという内容が続いています。
みんな、きっとあんまり興味ないんだろうなぁとか思いながらも更新しています。

ちゃんと進んでるんだぞぉ、てところをアピールするために。

今週は中央駅の路盤を切り出しました。
image.jpeg
こんな風にベニヤを載っけて、下に潜り込んで土台の寸法どうりに罫書きをします。

現物合わせが一番正確。

その結果
image.jpeg
こんなにぴったり
自分でも驚くほどいい出来栄えになりました。
image.jpeg
こにらは反対側からのお写真。
写真にするとコンパクトに見えてしまいますが、実際には長さ3m、幅50cmから90cmの路盤です。
伝わらないことは承知の上ですが、これを間近で見ると…、感慨深い(笑)
オレ、頑張ってる!と思います。

そして、今週は路盤の切り出しだけでなく、ループ線の下準備もこなしました。
ループ線の路盤を切り出すときに重宝するであろう罫書きです。

こんなものを作りました。
image.jpeg
コンパス的なやつです。
image.jpeg
見えにくいですが、しっかりと罫書きをすることができました。

この罫書きを目標にループ線の路盤を切り出していこうと思います。

Danke schön. Tschüß!

大工仕事2 [レイアウト]

Guten tag.
中央駅の土台が完成しました。
前回までで9割完成と思っていたので、残り1割なんて楽勝と思っていたのですが、残された部分は地下ヤードに続く分岐があるため、結構な手間がかかってしまい、苦戦を強いられました。

image.jpeg
青い矢じるしは本線の複々線を設置する部分です。
そして、赤い矢じるしは地下ヤード行きの単線となります。
この二重構造と勾配でかなり頭を悩ませましたが、一つ一つ丁寧にプランを立てたので、寸分違わぬ完成度を実現できたと思います。

image.jpeg
先ほどの写真の角度を変えたものです。
赤い矢じるしのヤード線が外側にはみ出すように伸びています。
実はこの右側は2階から屋根裏へ続く梯子があり、高低差は2500mm前後。
脱線して落下したらオシャカ間違いなしの危険ゾーンです。

image.jpeg
ちゃんと柵を設置してあげないといけませんね。

あー、見栄えのしない写真だけで勝手に盛り上がった今日このごろでした。

Danke schön. Tschüß!

前の10件 | -